000610 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゆるく生きたっていいじゃない

2021.07.26
XML
カテゴリ:





昨今、なかなか自由に旅行へ行きづらい
世の中になってしまいましたね_(._.)_
 








今回は
まん延防止等重点措置 と 緊急事態宣言の
僅かな合間を縫って
4月の上旬にちょっと遅めの初詣へ行った時のお話
 

 
ココアとタンパク質たっぷりトルティーヤをお供に
AM7:50頃の新幹線で連れと一緒に東京から長野へ
 
今回の旅は出発の2日前に急遽決まった
日帰り弾丸ツアー!!

ノープランな上に売り場各所なども全く確認せず
【長野】 と 【行きの新幹線の時間】 だけを決め
後の事は新幹線の中で決めようぜ!と
ノリで駆け出した感じでした
 

 
意見を出し合って決まった目的地は
【戸隠神社】 と 【善光寺】
 

 
▼【戸隠神社】とは
「天岩戸」に纏わる物語をご存じでしょうか?
古事記・日本書紀の中に書かれている日本神話で
太陽神である天照大御神が、弟神「須佐之男命」の悪行に怒り
入り口を天岩戸で塞いだ洞窟の中に隠れてしまったことで
世の中が暗闇になってしいまい、困った神々がなんとか
天照大御神を洞窟から出そうとするお話なのですが
 
このお話で登場する「天岩戸」が飛来してできたのが
戸隠山であり、戸隠神社はその戸隠山に建つ
宝光社・火之御子社・中社・奥社・九頭龍社の
五社から成り立つ神社の総称です
 
各所には「天岩戸」の物語に登場する神様が祭られており
宝光社の天表春命は中社の御子神
舞を踊って天照の気を引いた天鈿女命が火之御子社の御祭神
神事の作戦を考えた天八意思兼命が中社の御祭神
蓋になっていた天岩戸を動かした天手力雄命が奥社の御祭神
そして、九頭龍社には奥社の以前からあったとされる
地主神・九頭龍大神が祀られています
 
五社すべての参拝を行うと多くのご利益を授かれるとか・・
 
 

実は、2年前くらいに宮崎県の天岩戸神社を
参拝したことがあったので
リサーチしている最中に戸隠山の由来を
めっちゃテンション上がった!!
 
【天岩戸神社】とは
天照大御神様のお隠れになられた洞窟を御神体として
御祀りしており、天岩戸神話の舞台となった場所。
 
 
 
▼【善光寺】とは
「遠くとも一度は参れ善光寺」
という言葉で有名な善光寺
 
一度でも善光寺へお参りに行くと極楽往生が約束される
と古くから信じられているそうです
 
宗派に拘らずどの宗派にも属さない
男女の区別なく万物がお参りができると言う
仏教史上でも非常に珍しい寺院です
 
そんな善光寺の本尊は
日本最古と伝わる一光三尊阿弥陀如来で
絶対秘仏なのだそう
 
「秘仏」って凄いですよね
なんかすごく強そうだし
見ちゃいけないなんてとても気になる。笑
 
 


話しは戻って
連れも私もお酒が大好きなので
長野ではレンタカーではなくバス移動を予定
調べてびっくり・・・

長野駅~戸隠神社へのバスのフリーパスは
存在するものの、奥社まで行くバスは1系統のみ
そして1時間に1本

うーん。
 

新幹線を降りてバスが来るまでの時間
およそ10分(フリーパス購入含む)
 



アラサー必死のガチダッシュ
 



ノープランの醍醐味ですね♪
無事にフリーパスをGETしてバス停に着いた
ところでタイミング良くバスも到着
 
戸隠神社は五社巡りが有名ですが、今回は時間の関係で
奥社・九頭龍社・中社・宝光社の4社を巡ることに
 

まずは奥社を目指します












最終更新日  2021.10.07 17:22:39
コメント(0) | コメントを書く
[旅] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

X

© Rakuten Group, Inc.