276416 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

  自宅で最新心理療法を体験しよう!

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List

Archives

2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03

Category

2006.08.10
XML

電車に乗れない(パニック障害)を改善する

電話で緊張する人は


人気blogランキング

「情報は絞り込みがポイント!」クリックお願いします!

横浜は、台風一過、青空が広がっています。今日も暑くなりそうです!

外で仕事している皆さんは、たいへんなことでしょう。

私も外回りの営業をしていたときは、

それは、たいへんでした。

汗が噴く出して、歩いているだけでも、ワイシャツがぐっしょりになります。

おまけにネクタイまでしてたんですから・・・。

外でお仕事されている皆さん、

熱中症にならないよう水分補給など十分気をつけて頑張ってください。



ある高級食料品店で、ジャムの販売の実験をしました。

いろいろ珍しいジャムを揃えて試食コーナーを作り、

ジャムの種類をAは6種類とBは24種類の2パターンにして、

選択肢が変化することで、

販売量=売上がどう変わるのかを調べた実験です。

あなたは、Aの6種類とBの24種類では、

どちらが、どれくらい多く売れたと思いますか?



Bの方が種類で4倍だけど、4倍は売れないだろうから、2倍ぐらいかな?

或いは、お客さんは同じ人数なんだから、買う量は変わらないと思うので、同じ?

いえいえ、いろんな種類があれば、1個じゃなく、2個買っていく人もいるでしょうから、1.5倍?

などなど、いろいろ推測を楽しめます。



ところが、実験結果は、大方の予想とは逆の結果が出たのです。

ジャムが6種類だったAパターンは、試食コーナーに立ち寄ったお客さんの30%がジャムを買いました。

それに対して、24種類だったBパターンでは、たった3%のお客さんしか買わなかったのです。

何と、6種類の方が、24種類の10倍も売れたのです。

なぜでしょう??



この現象を説明する仮説があります。

それは、

ジャムを買うかどうかを判断するのは瞬間的に判断するからです。

人は直感的にこのジャムが欲しいと思う。

選択肢が多過ぎると、

無意識の処理能力を超えて麻痺してしまう。

瞬時の判断を下せるのは、情報量が少ないからです。

というものです。



これと、全く同じではありませんが、

小売業では、「単品管理」ということをよく言います。

一つひとつの商品を数量管理して、

売れる品目に絞り込んで、売り場に置いたほうが、

よく売れるというものです。



売れる商品・売れない商品の(多くの品数の)中から、

自分の買いたい商品を探して買うよりも、

売れ筋に絞った少ない品揃えの中から、探して買うほうがいい、

という考え方です。

そして、多くの場合、その方が実際にも売れています。



情報は多ければ良いというものではなく、

真に有効な情報に絞り込んで収集することが大切なんだと思います。



NLPのセミナー、企業研修、1対1のコーチング、

お問合せは、tn008940@muj.biglobe.ne.jp (長岡)までお問合せください。

人気blogランキング

「情報は絞り込みがポイント!」クリックお願いします!







Last updated  2010.07.21 20:47:32
[カリブレーション(非言語の情報収集)] カテゴリの最新記事

Calendar

Favorite Blog

小規模事業者・中小… coachなべちゃんさん

成功知能指数SIQコー… サイモン0545さん
Polarisハー… asa-yayoさん
★姫先生のだいありー★ gokusenさん
ラッキー☆ダイアリー Lucky☆ーmamaさん

Comments

Hagrid@ アナライザーだった  TEST.JPサイトでタイプ分類テストの結果…
ながちゃん6158@ Re[1]:誉める、承認する、の効果・効用?(07/18) mayumi☆さん お久しぶりです。 そして、…
mayumi☆@ Re:誉める、承認する、の効果・効用?(07/18) ながちゃんお久しぶりです。 褒めること…

Headline News


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.