000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

山本球の『球音日記』

PR

全1071件 (1071件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2009.06.11
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
お久しぶりです!

もう、二ヶ月も放置してしまいましたが、皆さんいかがお過ごしですか?

僕の方は相変わらずです。

さて、今日久しぶりに日記を書こうと思ったのは、ある心踊る情報を得たからです!

それは、駒大苫小牧の全国制覇メンバーで田中将大投手と同級生の鷲谷修也選手が、なんと大リーグのナショナルズから指名を受けたと言う情報です!

いや~、ビックリしましたね!アメリカへ野球留学すると言う話は聞いていたのですが、まさか指名されるような活躍をしているなんて…。

高校時代は左打席からの長打力を売りにしていた選手ですけど、アメリカでは俊足と守備を活かしたプレーヤーと言う評価のようです!

いや、高校時代からどことなく雰囲気を感じていましたが…こういうのは嬉しいですね!

駒苫の優勝メンバーって、大学進学したり、社会人チームに入っても伸びなかったり、思ったような活躍をなかなか聞かないから寂しいなと思っていたんですが、これは嬉しいですね!

まずはマイナーリーガーとして腕を磨くわけですが!
メジャーで活躍した後に、是非、日本ハムに帰ってきて欲しいです!

稲葉選手の後釜にもってこいの選手ですよ!

頑張って欲しいです!

まずは、鷲谷選手!おめでとうございます!






Last updated  2009.06.11 20:43:22
コメント(37) | コメントを書く


2009.04.10
カテゴリ:日記
こんばんは。

今、テレビで巨人阪神戦を見ているんですが・・・金本選手が凄いですね!

振ればホームラン!ればホームラン!

見てますが、スイングがブレてないですもんね。甘いボールをバット一閃!まるでリプレイを見ているかのように打球がスタンドへ!何が凄いって甘いボールがくるまでの粘りと甘いボールを一球で仕留める集中力ですよね。この打撃を見てるとWBCでこの男が四番を打ったらどんな打撃を見せてくれたかちょっと想像してしまいますけど・・・。日本の四番を任せたい打者ですよね。

今、一点リードされてるけど、九回に打席回ってこないかな?中継終わっちゃったけど・・・。

こういう展開の時は中継延長しちゃいけないのかな?ちょっと不満ですよ。

あっ!オリックスのラロッカ選手も3打席連発ですか!元広島組が好調ですね。

今、各球団に散らばっている広島選手が戻ったらどんなに強いんだろう・・・。






Last updated  2009.04.10 21:04:28
コメント(11) | コメントを書く
2009.04.02
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんばんは!

まず…WBC連覇!しましたね。

いや~…日韓戦ばかりで最後もこのカードか!と、かなり大会運営事態を見直してほしいわけなのですが、勝てたから、文句もどこかへ飛んでいきました。

いかに自分が毎日の報道に踊らされているか改めて思い知らされましたが…。

でも、イチロー選手が決勝打を打ててよかったですよね!あれが無かったらあのシャンパンファイトでの弾けぶりはなかったでしょうから。ああいうイチロー選手が見れるのはWBCのみなので…。

よかった、よかった!

さて…今日はWBCの話をしたいんじゃないのです。

今日閉幕したセンバツの話をしたいなぁと…。

清峰がやりましたね~!

今日の試合を見ていてたら、もしかすると引き分け再試合か?と言う程緊張感のあるの投手戦でしたからね!久々にいいモノ見せてもらいましたよ。

まぁ、花巻東の菊池投手は付け入る隙がちょっとだけ今村投手よりあったかな?四死球とかボールのばらつきとか。本調子じゃないのは見てすぐに分かったんですけど(例えば、真ん中付近にボールが集まっていたり変化球、直球とも抜けるようなボールが多かったこと)それでもピンチの場面での厳しいところを突く投球は見ていて圧巻でした!リリーフとしてすぐ欲しい球団は山程あるはずです。
一方、優勝投手の今村投手!

なかなかクレバーで高校レベルを超越したオトナの投球ができる投手ですね。相手打者の力量や場面を見極めて、ある時は技巧派に、ある時は速球派にと様々な顔を持っています。攻略しづらいでしょうね。

しかも、飄々としているようで内面かなり熱いハートの持ち主ですね。西武の涌井投手を彷彿とさせてくれます。

僕がスカウトなら、当然、この二人は一巡候補ですね!早速、日本ハムが一巡候補に挙げましたが、さすが見る目があります!

あと、大会通じて見た中で、僕がスカウトなら…中京大中京の堂林投手と南陽工業の中川投手を野手で!掛川西の江塚選手を投手として!更に、利府の遠藤捕手と花巻東の千葉捕手も指名候補に挙げます!

堂林投手は…将来は完全に打者だと思ってます。横浜の村田選手のような豪快な打者になれますよ~!インサイドを逆方向へ持っていけるようになれば最高です!
中川投手も同じく!打席の雰囲気が福留選手にそっくりで、強打者になれるはず!
江塚選手は…投手としての魅力があり過ぎです!190センチの上背はまず宝ですよ!そこから投げ下ろす速球は体の使い方バラバラなフォームなのに、130キロを軽く越えて更に球速よりも速く感じますからね!本格的に投手で鍛えたら、恐ろしい投手が誕生するはずです!

あとは、遠藤、千葉の両捕手ですが…遠藤捕手は打撃のセンスが素晴らしいですね!俊敏性も兼ね備えてますから、内野手で鍛えたい感じです!

千葉捕手は僕イチオシの選手です!菊池投手があれだけ腕振って投げられるのはこの捕手のお陰ですよ!それくらいキャッチングはうまいし、リードは冴えてるし、ワンバウンド投球は止めるし。打撃だって悪くないですからね!どこかのスカウトさんの目に留まらないかなぁと、密かに期待しています!

あとは来年の候補として、興南の島袋投手、南陽工業の岩本投手、早実の小野田投手を挙げておきたいです!

まぁ…このブログはプロのスカウトさんは見ていないと思いますけど…リストに入ってないなら入れておいて損はないですよ!

と、言っておきたいです!

では…また、フラッと更新します!






Last updated  2009.04.02 22:02:54
コメント(2) | コメントを書く
2009.03.19
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんばんは!

WBCの話題が今は何と言っても旬ですよね~。

日本は…何だろうイチロー選手に期待を寄せすぎですね。

打線が機能しないのは打順を変な区切り方しちゃったことと、メジャーの選手に気を遣い過ぎなこと。

この二点の筈なんですけど、振ればヒットと言うイメージ強すぎるんでしょうねイチロー選手は。

案外、九番辺りを打ってもらってた方が今の状態なら本人も楽かも?なんて思ったりしてしまうのですが…。

まぁ、打線は水物ですからね。それよりも、日本は守備のことを疎かにしすぎですね。

特に内野は…危なっかしいですね。安心して見てられるのが中島選手と小笠原選手くらい。岩村選手のセカンドがあんなに危なっかしいとは思いませんでした。
なら、片岡選手をセカンドの守備固めで起用すれば良いのに…何だってショートとかサードを守らせるんでしょうね。可哀想の一言です。今日なら、サードに岩村選手を持ってきて、片岡選手はセカンドって言うフォーメーションも可能だったと思いますしね。

やはり、差がつくのは守備力なんですよね。野球は。
明日は四度目の韓国戦ですか…。

連敗中とはいえ、考えてみれば大敗を喫した試合はありませんよね。でも日本はどこかアタフタして落ち着かなかった。このゲームはアタフタしだした方の敗けです。だから、どんどん動いて揺さぶることが重要です。
そして…
・淡白な攻撃は当然NG。
・ミスしても狼狽えない。・投手は先頭打者を簡単に歩かせない。

この3つを意識できれば3連敗は避けられるはずです。

勝って嫌な流れを断ち切りたいですね!






Last updated  2009.03.20 01:03:20
コメント(4) | コメントを書く
2009.03.04
カテゴリ:日記
えーっと・・・。

お久しぶりでございます。

そして、明けましておめでとうございます。

何て言っても、誰からも反応ないよな~きっと・・・。

山本球です。・・・あぁなんと懐かしい。久しぶりに名乗りました。

えっと、約8ヶ月ぶりの更新ですか!時の流れは早過ぎますね。この間、仕事に忙殺されてブログどころではなかったんですよ~。

でも、そんな中でもしっかり年始の挨拶やトラックバックしてくださっているGawRikuさんには感動しました!感謝感謝です。

他の方も元気なのかなぁ?こんなエロサイトに侵食されまくりのブログなんて見たくないですよね。

それと!神村学園の照井選手からも嬉しいメッセージが!読んでくれるか分りませんが、久しぶりに管理ページを見たときに感動しました。現役選手が僕のブログ見てくれてコメントしてくれるなんて・・・。このコメントがあったから復活しようかと思えました。照井君も大学で野球と教職取得頑張って欲しいです!高校時代色々な困難を乗り越えた照井君なら素晴らしい指導者になれるはず!頑張って欲しいです。ちなみに、神村学園センバツ出場おめでとう!

さて、センバツが近付いてきましたね!実は、僕、同僚からのの紹介で現在モバゲータウンと言うサイトでもブログ的なものをやっているんです。

そこで実は昨年のドラフトのレビューも書いておりまして、もし読みたいと言う希望のある方はそこから引っ張ってきて掲載したいんですが、現在このブログの名物企画であった『センバツ出場校全校レビュー』をモバゲーの方でやっているんです。モバゲーの方で終わったら、その文章をこちらにも載せようかと考えています。

長々かかりましたが、そんなわけでそちらと連動してちょっと復活します!もしかしたら本格復活になるかも?なんて思ったりして・・・。

って、やっぱり勝手が違いますね、久しぶりに書くと。

最後に・・・山本球、元気に頑張ってますよ!現在、介護職員として頑張ってるんです。夜勤が多くて参ってますけどね。更新が遅れ、ブログから離れてしまったのもそんな生活に慣れなかったからというのもあるんですけどね。

でも、少しずつ復活できればと思います。

・・・詰め込みすぎてごちゃごちゃな文章になっちゃいましたね。すいません。

では。






Last updated  2009.03.04 18:08:26
コメント(5) | コメントを書く
2008.07.30
カテゴリ:日記
こんにちは!

なんだかんだサボっているうちに、55の代表校全て決まってしまいましたね。

僕が注目していた茨城の三和高校は早々に一回戦で姿を消してしまい、とても残念でした。

他にも、センバツ優勝の沖縄尚学、準優勝の聖望学園など、今年は本命と目されていたチームが地方大会で姿を消すケースが多く見受けられたように思う。個人的には早稲田実業、東海大相模、PL学園この三校が決勝で涙を呑んだのは残念だった。

しかし!勝ち上がった55校にはそれらの負けていったチームの分まで甲子園で暴れて欲しいと思う。そんなわけで、個人的に注目している選手を挙げてみたいと思う。加えて少し展望も。

(選手編)
・九州の豪腕たちを見逃すな!
 
まずは注目の投手をご紹介!なのですが、今年は九州の代表に注目すべき豪腕がゴロゴロいます。
その中でも今大会ナンバーワンであろう投手が、浦添商業の伊波翔悟投手ですね。最速150キロを計測する速球はもちろんの事、スライダー、カーブ、カットボール、ツーシーム、チェンジアップと多彩な変化球を織り交ぜ、高校生とは思えない高次元の投球をするピッチャーです。センバツでは沖縄尚学の東浜投手のツーシームが猛威を振るったが、夏は東浜投手に投げ勝ったもう一人の沖縄の怪物に注目して欲しい!

更に、左投手に目を移しても、今年のナンバーワンは九州は宮崎から!宮崎商業の赤川克紀投手には是非、注目を!こちらも、同じ宮崎のライバル・有馬投手、中崎投手と言うドラフト候補のWサウスポーに投げ勝っての甲子園。最速147キロの球威抜群の速球が最大の武器!横滑りのスライダーも高校生には攻略困難のレベル!更にどれだけ投げても壊れない驚異的なスタミナに低目への制球力なども一級品!ちなみにベンチには最速141キロの右のサイドハンド・佐藤大志投手も控えている彼がマウンドに立ったら是非、注目してみて欲しい。

激戦区・福岡から初出場を決めた飯塚の原動力となった141キロ左腕・辛島航投手。
長崎・清峰の二年生右腕・今村猛投手は既に145キロをマークする来年のドラフト上位候補。
熊本・城北のエース・村方友哉投手は驚くような球威は無いが、スライダー、フォークを織り交ぜた抜群の投球術と身体能力を活かしたフィールディングで魅せてくれるはず。
大分・日田林工のエース・末次群投手は最速146キロの速球が売りの本格派投手である事に加え、地方大会決勝で本塁打を放つなど投打に魅力ある選手である。
鹿児島・鹿児島実業の二枚看板・岩下圭投手と松窪岬投手は岩下投手が140キロ台の速球で押す『剛』、松窪投手がスライダーを軸とした『柔』とタイプは違うが二人とも面白い投手である。
と、言った具合に今年はなんと言っても九州の投手達の実力が高い!是非、注目してみてください!

・今年は実戦向き多し。コイツを見逃すな!

九州から目を移すと、今年の投手はビックリするような速いボールを投げる投手がいるわけではないが、実戦が向きと言えば実戦向きの投手が多い気がする。

特に、センバツでも結果を残した西千葉・千葉経済大付の斎藤圭祐投手はその筆頭だろう。最速144キロの速球には特段驚くような球威は無いが、速球と同じ腕の振りから繰り出される彼の代名詞でもある『ツーシーム』は高校生の投球とは思えないほどの安定感がある。夏もこのボールを決め球にどの様な投球を見せてくれるのか楽しみな投手である。

他にも、右腕なら南北海道・鍵谷陽平投手、三重・菰野の西勇輝投手、滋賀・近江高校の小熊凌祐投手が140キロ台中盤の速球にスライダーやカーブと言った変化球を軸に投球を組み立てていく勝てる投手。

左なら、東千葉・木更津総合の田中優投手、南神奈川・横浜の土屋健二投手、静岡・常葉菊川の戸狩聡希投手、東兵庫・近田怜王投手と言ったこちらも、140キロ台の速球に多彩な変化球を交える投球術が好投手が顔を揃える。

彼らは、次のステージ(大学や社会人)でも早い時期から登板機会を与えられるであろう投手達。実戦向きで攻略しづらい投手が多い分、今年は僅差の試合が多くなるかもしれない。

ちなみに、素材型で言えば、北神奈川・慶応の田村圭投手、山梨・日本航空の北野駿人投手、広島・広陵の中田廉投手、鳥取西・小畑彰宏投手、島根・開星の小池洋史投手、に注目して欲しい。

更に、下級生なら、宮城・仙台育英の穂積優輝投手、東愛知・大府28年ぶりの全国切符獲得の原動力、今村隆之投手、石川・金沢の役者のような名前の櫻井義之介投手にも是非、注目して欲しい。

・スラッガー達。コイツのバットから目を離すな!

好投手が多い中、少し寂しい気がするのが打者のメンツ。東海大相模の太田選手や一年生の怪物・観野選手、鎮西の立岡選手ら注目のスラッガー達が地方大会で消えてしまったから仕方ないと言えば仕方ないのだが・・・。

では、今大会ナンバーワンスラッガーは誰か?おそらく、和歌山・智弁和歌山の坂口真規選手で異存は無いと思う。センバツではかなりバッティングの調子が悪かったように見えたが夏には地方大会4ホーマーと大暴れ。ケースバイケースのバッティングも身に付け、センバツの借りを返す気満々だろう。右の大砲として、智弁和歌山伝統の強力打線を引っ張る!

左打者で言えば、期待を込めて二年生ながら、石川・金沢の林昂平選手を一番手に挙げたい。ヤンキース・松井秀喜選手と同じ出身中学と言うことから『ゴジラ二世』と言われる林選手、地方大会でもその打棒を見せ付けており、全国デビューとなる今大会での爆発が期待される。

このツートップの他に・・・と言われると、岩手・盛岡大付の伊藤巧選手(左)、福島・聖光学院の黒羽剛広選手(左)、南神奈川・横浜の筒香嘉智選手(二年生、左)、新潟・新潟県央工の牧田匠選手(右)、静岡・常葉菊川の伊藤慎悟選手(右)、中川雅也選手(左)、西兵庫・加古川北の藤井宏政選手(右)、和歌山・智弁和歌山の勝谷直紀選手(左)、香川・香川西の谷尚憲選手(二年生、左)といるが、果たしてこの中で誰が爆発できるか?注目だ。

・二遊間に将来の「クセモノ」候補多数。

パワー系の選手は少ないが、将来プロの「一番、二番」辺りで活躍できそうな俊足巧打の選手は意外と多い。それも、セカンド、ショートに逸材が多い。

その代表である南神奈川・横浜の松本幸一郎選手、広島・広陵の上本崇司選手は東西のクセモノ最有力候補。まぁ、どちらも有名すぎて僕の説明不要な気がするけど・・・。

その他でも、茨城・常総学院の鈴木朝也選手、東千葉・木更津総合の佐伯隼士選手、東東京・関東一の田邊良選手、長野・松商学園の奥野雄大選手、北大阪・大阪桐蔭の浅村栄人選手、宮崎・宮崎商の川上一平選手。

他にも沢山才能豊かな選手がいる。特に今年はショートに是非、注目してもらいたい。

ちなみに、外野手にもプロで十分一番を張れる選手がいる。

宮城・仙台育英の橋本到選手は走攻守全てにおいてレベルの高いプレーができる選手。特に俊足とミーとセンス抜群のバッティングはプロでも一番を任せれる素材として注目されている!皆さんもご注目を!

・好捕手

捕手難が叫ばれて久しいプロ野球界だが、今年はそんなスカウト達にチェックして欲しいこう素材の捕手が結構出場してくる。

その筆頭は福井・福井商業の中村悠平選手。スカウトも唸るレベルの強肩と意識の高い守備ワークで堅実に名門のホームベースを死守するチームの要。打撃にパワーがもう少し付けば益々注目される存在となるだろう。

打撃が売りの選手としては東千葉・木更津総合の地引雄貴選手がいる。通産30弾以上を数える強打は目を見張るものがある。捕手として肩が弱いことが気になるが、タイプの違う投手陣を巧にリードする守備ワークもなかなかとの評判で注目して欲しい捕手の一人である。同県、西千葉の千葉経済大付・谷勇哉選手もエース斎藤投手の投球術をリードで支える好捕手で千葉の両扇の要には注目して欲しい。

西日本にはプロ注目の強肩強打の奈良・智弁学園の土井翔平選手がいる。変化球にも対応できるバッティング、意外な俊足も魅力の一つ。下級生から扇の要として甲子園を経験している強みもあり、大会で活躍すれば名前が一躍全国区になる。

そして、もう一人名前を挙げたいのが佐賀・佐賀商の津田真輔選手。完全なディフェンス型の捕手だが、そのフィールディング能力の高さは捕手のレベルが高い佐賀でも突出した存在。小柄で地味だが、玄人受けする事請け合いなので、ちょっと名前を覚えておいてもらいたい。

その他、茨城・常総学院の飯田大祐選手、沖縄・浦添商業の山城一樹選手の二人にも注目してもらいたい。

・異国から海を渡り夢をかなえた留学生

近年、甲子園を沸かせているのは日本の球児だけではない。海を渡って甲子園出場を夢見て勝ち取ったそんな選手たちを紹介したい。

青森・青森山田の曲尾マイケ選手はブラジル生まれ。チームでは四番を張るほどの長打力の持ち主!2年生ながらそのパワーで名門を引っ張る。
北埼玉・本庄一の伊藤ディエゴ・ワタナベ投手と奥田ペドロ選手も共にブラジルで甲子園出場を夢見て日本へやって来た。伊藤投手は速球で、奥田選手は遊撃手として攻守にチームに貢献した!こちらもともに2年生だ。
福岡・飯塚の金東民選手は走攻守全てで高い能力を誇る遊撃手で韓国からの留学生。彼もまた二年生で一番としてチームを引っ張る。

彼らの活躍も期待して欲しい。

・期待の一年生達

この春に入学しチーム戦力として既に活躍している、そんな凄い一年生達も甲子園での活躍を虎視眈々と狙っている。

南神奈川の超名門、横浜の遊撃には今年はなんと一年生が座っている!大石竜太選手がその選手で、ボーイズ時代から既にその名は全国に轟いていた逸材。俊足と好守が売りで横浜では二番打者としても力を発揮している。甲子園でもその力を発揮してくれるはずだ。

同じ遊撃手ならヤングリーグ出身の和歌山・智弁和歌山の西川遥輝選手がいる。一番打者としてチームを引っ張る西川選手は走攻守全てにおいてレベルが高く特に春の県大会で4ホーマーと当たりに当たった。そのパワフルな打撃には注目だ!

ここに観野甲輝選手(PL学園)や小野田俊介投手(早稲田実業)一二三慎太投手(東海大相模)が加わればもっと華やかな一年生対決も見られたかもしれないが、それは来年以降のお楽しみとしておきたい。

(展望)

さて、今年の展望を。昨年は佐賀北があれよあれよの快進撃で優勝したわけだが、今年はどうだろう?

各地区の有力校が敗退しているとは言え、西千葉・千葉経済大付、南神奈川・横浜、静岡・常葉菊川、和歌山・智弁和歌山、広島・広陵など地力のある高校は順当に勝ちあがっており、しかも早い時期に潰し合うこともない組み合わせになっている。安定した投手陣に加え切れ目のない打線など戦力的にも充実しており、きわめて頂点に近いところにいる事は間違いない。

特に、千葉経済大付はエース・斎藤投手を中心に守りからリズムを作る野球を展開。強打のチームが勝ちあがる印象の強い夏だが、それはしっかりとしたディフェンスあっての攻撃力。守備と言う点では千葉経済大付が頭一つ抜けた存在だろう。課題は打線だろうか?

加えて、青森・青森山田、山形・酒田南、福島・聖光学院、茨城・常総学院、南埼玉・浦和学院、東兵庫・報徳学園と言った夏は力を発揮する強豪も出場しており、これらの高校の戦いぶりにも注目が集まる。

更に、言えば今年の九州勢のチームはどの県も投手を中心としたレベルの高いチームで先に挙げた強豪対九州各校と言う勢力図が見える。

今年はサプライズを起こす隙がないのではと言う見方がおそらく大半だろう。

ただ、初出場の東兵庫・加古川北や福岡・飯塚の両校は共に公立校ながら戦力が安定している。組み合わせが両校とも不幸なブロックに入ってしまったが、裏を返せば去年の佐賀北の再現のようにならないとも限らない。

今週末から始まる第90回の記念大会。どんな名勝負が見られるか楽しみで仕方ない。






Last updated  2008.07.30 21:23:33
コメント(44) | コメントを書く
2008.06.22
カテゴリ:日記
こんばんは!

今年も最後の夏が始まりましたね!

雑誌はあんまり見ていませんが、今年は90回の記念大会という事で、例年以上の盛り上がりが期待できますよね!

そして、今年も各地に所謂『プロ注』と呼ばれる才能豊かな選手がいますよね!

今年の選手はあまり知らないのですが、今日注目したい選手を見付けました。

石崎剛と言うピッチャーです!ご存知の方も多いかもしれませんが、この投手は茨城の三和と言う野球ファンにはあまり馴染みのない高校に在籍しているんです。

しかも、この高校。部員数が15名と言う普通の公立高校!

そんな高校に最速145キロを投げ込む剛速球投手がいるってゾクゾクしませんか?僕はこのことを知った時ゾクゾクしました。

更に僕が応援したくなったのはバッテリーを組むキャッチャーが高校から野球を始めた選手だと言う事。高校から野球を始めることすら難しいのに、プロ級の速球を相手にするなんてとても凄い事!根性あるなぁ。

甲子園を狙うのは難しいかもしれませんけど、こういうチームが勝ち上がったら面白い!とっても、楽しみなチームです。

皆さんも注目してみてください!

皆さんは、どの選手に注目していますか?






Last updated  2008.06.22 20:59:19
コメント(8) | コメントを書く
2008.06.10
カテゴリ:日記
こんばんは!

今日、シーズン中のトレードが発表になりましたね!

巨人の真田投手と横浜の鶴岡選手の1対1のトレード。

まぁ、トレードの形としてはスタンダードですし、巨人の捕手難と横浜の投手陣崩壊を考えれば需要と供給のバランスのとれたトレードである事は分ります。

でも、真田投手と同じ歳の僕としてはちょっと複雑・・・確か真田投手は入団会見で

「自分の背番号『43』を永久欠番として残せるような活躍をしたい」

と、言っていたはず。なんかそんな大きな夢を抱いて入団した選手が巨人を出されると言うのはちょっと寂しいなぁって思ったのです。ちなみに、ドラフト2位で指名された鴨志田投手はオリックスへトレード・・・。なんか切ないなぁ。ちなみにこの年のドラフトで生き残っているのは他に最下位で指名された林投手のみ。巨人に残るのが最後に指名された林投手なんてドラフトは順位じゃないと言う象徴みたいですね。

それに、横浜にはこの年の高校生の目玉だった寺原投手がいます。寺原投手は巨人にもこの年ドラフト1位で指名されており、外れ1位の投手も在籍する事に・・・加えて横浜の外れ1位・秦投手がいますからこの年のドラフト1位の投手が3名も在籍している事に。興味深い現象ですね。

しかし、横浜は真田投手をどのポジションでと獲得したんでしょうね。先発として?中継ぎとして?正直、中途半端な感が否めませんね・・・その投手と折角育ってきた二番手捕手をあっさりと交換してしまうとは少々焦ったかな?と冷静な目で見ると思います。

とは言え、今の横浜の現状を見ると起爆剤になりうる新しい力が必要なのは事実ですね。真田投手がそれになりえるかは、彼次第だと思います。中途半端ではありますが、それは巨人だったからとも言えます。高卒時から一軍で投げてきた経験は今の横浜には必要かも。

横浜はあと一人、一軍の経験が豊富な投手が欲しいところですね。でも、そう上手くまとまらないのがトレード。

しかし、今年の横浜はどうしゃったんだって位投手陣が機能してませんよね・・・クルーン投手が抜けたらこんなにも崩れるモンなのか・・・守護神の大きさを感じますよね。高卒の佐藤投手がこの時期から投げてたり本当にスクランブル状態です・・・守護神タイプなら牛田投手とか吉原投手とか面白い存在がいますよね。先発なら・・・ウーン、ここまできたら二軍で良い成績収めてる選手がいれば積極的に上げるとか。でも、調べたら横浜(イースタンなら湘南)イースタンで2位なんだ・・・。何でだ?その好調さを一軍へ持ってくることはできないのかなぁ?

まぁ、トレード期間も一ヶ月伸びたわけですし、他にもトレードが決まるかもしれませんね!

少しワクワクしてます。






Last updated  2008.06.10 19:35:23
コメント(3) | コメントを書く
2008.05.28
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんにちは!

見てきました!円山へ!

第三試合の途中で帰ってきましたが、確認したかった選手は一通り見ることができました!

一番のお目当てだった北海の鍵屋投手はなかなかのスピードでしたが、プロを目指すならもうワンランクレベルを上げて欲しいです。ノビも制球も特に制球にばらつきもあるように感じましたから。でも、今の時点で北海道ナンバーワン投手は彼でしょうね。高めの速球の威力が他の投手とはレベル違いましたから。

後は事前に名前を知っていた岩農の高橋投手と駒苫の岩瀬投手もチェックしましたが、こちらも直球はなかなかの威力!
特に高橋投手のは素晴らしいノビをしてるので、武器になる変化球を一つマスターして欲しいです。あとはスタミナと集中力かな?欲張りですがこれができれば、駒岩も抑えられるはず!
岩瀬投手はメンタルがまだまだですね。カウント悪くなると投げ急ぐし、動揺しているのが手に取るように分かりました。テンポは良いし、ズバッと決まるときは決まるのだから、もう一つ成長して欲しいです。二年生ですからねまだ!岩瀬投手の場合打者で伸びる可能性も十分あります!

逆に、こいつは掘り出し物だなと思ったのが、駒苫の大沼投手と白樺学園の田甫投手ですね!二人とも二年生です!大沼投手は掘り出し物と言うのは失礼ですけどね。エースナンバー付けてますから・・・大沼投手はキレのある速球と大きなカーブ、横に滑るスライダーを持っており、安定感さえ増せば、全国でも屈指の左腕になれる素質を持ってます!是非、注目してみてください。
田甫投手は右腕で小気味良いリズムで回転の綺麗な速球をコーナーへ投げ込んでました。化ければ、来年は北海道は好投手王国になるかも!

野手では、白樺学園の三番・川田選手、駒苫の四番・真田選手が気になりました。どちらも、どのコースへもスムーズに対応できる打撃が魅力です!
あとは函館工業の一年生遊撃手・佐藤幸大選手は覚えておいて損は無いと思います!積極的な打撃、投手も出来るのでは?と、思わせる位肩も強い!注目してみてください!

それと・・・少し苦言を。
今日の試合での打撃はほとんどのチームがとても淡白な打撃だった気がします。初球を簡単に打ち上げたり、せっかくランナーがいるのに引っ掛けてゲッツーと言うのが多かった・・・もっと、意図のある打席にしないと投手は崩れていかないと思いますし、全国でも戦えないのではないかなと思いました。

そう言う意味で甲子園に一番近いのは北海かなと思いました!今日見た限りですけどね。

また、休みの日には行きたいです!






Last updated  2008.05.28 17:43:59
コメント(6) | コメントを書く
2008.05.27
カテゴリ:日記
えっと・・・覚えていますか?

って言うか、僕の方が書き方忘れてます(苦笑)

とりあえず、ご無沙汰していました。

長らく放置していたのでやたらといかがわしいサイトからのトラックバックやら卑猥なコメントや掲示板も荒れてますね・・・。

こんなに放置(約4ヶ月ぶり?)していても気にしてくれてる人がいることはとてもとても嬉しいことです。

この期間僕は一体何をしていたかと言えば・・・仕事に忙殺されてました。正直、ブログアップする余裕も無くなっていたし、野球を見ても楽しくないと思う日々が続いてました・・・良く言う鬱みたいな状態だったかも・・・。

でも、最近少しずつ余裕が出来てきて野球も楽しいと感じるようになって来ました^^本当に辛かった・・・。

最近の出来事で何と言っても嬉しいのは僕がイチオシしていたロッテの唐川投手がブレイク寸前と言う事ですね。前の登板ではボールが浮いたりコントロールが定まらなかったりでイマイチでしたけどね・・・。

そんなこんなで時間があるときにボチボチ更新し始めようかなと、考えています^^

勝手ではありますが、ポンと出てきてすいません。

いきなりですが・・・明日、高校野球を見てきます^^北海道の中でも指折りの球速を誇ると評判の投手を拝めるので楽しみです。

晴れたらうれしいなぁ。

ではでは、明日気が向きましたらまたお会いしましょう!






Last updated  2008.05.27 20:50:21
コメント(6) | コメントを書く

全1071件 (1071件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.