6011052 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

hiryuの写真日刊紙

PR

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

広島・長崎

2016年10月04日
XML
テーマ:ニュース(86700)
カテゴリ:広島・長崎








Last updated  2016年10月04日 13時05分25秒
コメント(0) | コメントを書く


2016年06月13日
カテゴリ:広島・長崎
本日の注目記事

NHK

巧言令色鮮し仁という言葉があるが、この言葉を耳にすると、私は真っ先にオバマが頭に浮かべる。
オバマは演説の名手でもあるようだし、またヒロシマ訪問の際には17分間の迷演説でヒバクシャを感動の渦の中に叩き込んだとも言われている。
しかし、その実、プラハ演説以降の核軍縮は遅々として進まず、その任期中に核兵器削減が最も少なかった大統領として歴史に名を残すことになった。
そればかりか、ストックホルム国際平和研究所は、アメリカが今後30年で核兵器の近代化に総額100兆円以上を投じると見込まれていると指摘し、「核兵器を削減するという公約とは対照的だ」として、疑問を投げかけています。
一部のヒバクシャの言うように、オバマお任せでは核兵器全廃は一向に進みそうもない、ここは被爆地ヒロシマ・ナガサキが核兵器全廃運動の先頭に立たなくてはならないのではないだろうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







Last updated  2016年06月13日 08時05分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年06月02日
カテゴリ:広島・長崎


5月27日の、現職のアメリカ大統領としては初めてのオバマのヒロシマ訪問は、ヒバクシャを歓喜の渦に叩き込み喜びの涙を流させた。
それは、2009年4月のプラハ演説でオバマが《合衆国は核兵器のない世界に向けた具体的措置を取る》と断言することで、世界を歓喜させ、身分不相応なノーベル平和賞まで受賞しアメリカが「核なき社会」へ一歩踏み出すと世界の人々が期待したその時と同様に、ヒロシマのヒバクシャもオバマが更に核なき社会に前進すると期待したからである。

しかしながら、彼の政権下の7年間で、アメリカが削減した核兵器の数はおよそ700発と、冷戦終結後の歴代政権の中で、最も低い水準にとどまっていることが、国防総省が新たに公開した資料で判明した。

また、核爆発を伴わない「臨界前核実験」を続行。新型核兵器の開発にも力を入れ、今年、核攻撃型巡航ミサイル・トマホークの後継とされる新型長距離巡航ミサイル「LRSO」の開発といった「核戦力の更新」に対し、今後30年で1兆ドル(約110兆円)を投じる予算も承認した。
つまり、核兵器のない世界との言葉は、あくまで言葉だけであり、実態は核兵器に大きく依存する核大国そのものであることに些かの変化も無いのだ。

原爆投下の映像に無心に拍手をおくるオバマの姿は被爆地ヒロシマに核のボタンを同道させたオバマの真の姿をあまねく天下に知らしめたのだ。
所詮オバマは、言葉だけの人であり、核なき世界を作り出す意思も行動力も無いのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






Last updated  2016年06月02日 19時59分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年06月01日
カテゴリ:広島・長崎
Thank you Obama
在特会もThank you Obama!
実際、共同通信の世論調査でもオバマ米大統領の広島訪問を「評価する」との回答が9割にも達した。
しかしながら、オバマ大統領が原爆資料館を訪れた時間はわずか10分、それでアメリカ帝国主義による原爆投下の惨状が果たして理解できたのだろうか。
結局は、オバマのヒロシマ訪問は猿芝居に過ぎず、ヒロシマへの旅は謝罪の旅ではなく、原爆投下の正当性をアピールする旅でしかなかったのだ。

本日の注目記事

日刊ゲンダイ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






Last updated  2016年06月01日 09時20分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年05月31日
カテゴリ:広島・長崎
Thank you Obama

原爆落としてくれてありがとうってか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






Last updated  2016年05月31日 07時53分48秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:広島・長崎
本日の注目記事

Share tube

1945年8月にアメリカ空軍は一発の爆弾でその大半が市民である約8万人の人間を殺戮した。また同時に多くの人間が負傷し放射能で汚染された。戦時国際法によれば、民間人に対するこのような甚大な攻撃は、いずれにせよ戦争犯罪である。

ナチスによるユダヤ人虐殺、そしてアメリカ帝国主義によるヒロシマ・ナガサキへの原爆投下は、先の大戦における人道に対する罪・重大な戦争犯罪の双璧である。
そしてニュルンベルグ軍事裁判により、ナチスによるユダヤ人虐殺は裁かれた。
その際、ソ連側検事は、アウシュヴィッツで「400万人」が虐殺されたと告発した。
また、アウシュヴィッツ収容所の所長ルドルフ・フェルディナント・ヘスも裁判で「250万人がガス室で殺され、そのほか50万人が飢えと病気で死亡した」と証言している。
しかし、その実態は、ヘスの裁判の際には最大でも150万人を超えないと認定されたのである。
アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所跡にある慰霊碑に刻まれた死亡者数は、ソ連崩壊後の1995年に「400万人」から「150万人」に改められた。世界遺産に登録したユネスコの2007年6月28日のリリースには「120万人」と記載されている。
つまり、ユダヤ人犠牲者数は、戦勝国裁判の正当性を確保するために故意に水増しされたのである。
にも拘らず、アメリカ帝国主義によるヒロシマ・ナガサキにおける日本人大虐殺は軍事裁判で裁かれることは無かった。
しかし、アメリカ軍の戦争指導部は彼らが行っていることは戦争犯罪そのものであるとはっきり自覚していたのだ。
例えば、東京下町大空襲で10万人の非武装の市民を虐殺したカーチス・ルメイは、
「もしわれわれが負けていたら、私は戦争犯罪人として裁かれていただろう。幸い、私は勝者の方に属していた。」
と戦後、自白している。
ヒバクシャがオバマに謝罪を求めない事を私は非難しようとは思わない。
しかし、その核兵器を無くそうとする崇高な精神はオバマには届くことはないであろう。
何故なら、核兵器こそアメリカ帝国主義の戦略の根幹であるからだ。
だからオバマは被爆地ヒロシマにまで核兵器の発射ボタンを後生大事に同道させたのである。
美辞麗句を星の数ほど散りばめた17分間の迷演説に謝罪の言葉はただの一言も無かった。
原爆投下はアメリカ帝国主義ではなく神の手によるものとして正当化されたのである。
オバマの被爆地ヒロシマ訪問は、謝罪ではなく原爆投下正当化の旅だったのである。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村









Last updated  2016年05月31日 07時29分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年05月30日
カテゴリ:広島・長崎
機動隊の群れ
5月27日、オバマ来広で広島記念公園を封鎖した機動隊の隊列。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






Last updated  2016年05月30日 09時46分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年04月27日
カテゴリ:広島・長崎
本日の注目記事

徳島新聞

被爆アオギリとは、原爆で広島市が焼け野原となった後も新芽を出し、市民に生きる希望を与えた木なんだけど、日本には被爆地がたくさんあるからね。
ヒロシマ、ナガサキそしてフクシマ。
原爆も原発もない平和で安全なその日が日本にやってくるのだろうか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






Last updated  2015年04月27日 10時51分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年02月26日
カテゴリ:広島・長崎






Last updated  2015年02月26日 08時02分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年08月10日
カテゴリ:広島・長崎
アメリカによる大量殺戮兵器「原爆」の洗礼を受けた広島。
無辜の市民が故なく虐殺された。
しかし、加害国アメリカでは国民の60%がいまだに広島・長崎のホロコーストを支持しているとか。
ユダヤ人虐殺は戦争犯罪として厳しく断罪され、日本人虐殺は科学技術の赫々たる成果として賛美されている。
その根底にあるものは、ユダヤ人は白人であり日本人は黄色人種であって人間ではないとする白人至上主義による人種差別意識だ。

閉話休題、そのような史上最大の虐殺に見舞われ、しかも70年間は草木1本生えないとさえいわれながら、広島は見事な復興を果たした。

その力強さはこの手押しポンプにも表れている。
さすがのアメリカも広島にもう原爆を投下することはないではあろうが、地震などでライフラインが壊滅した時に、この歩道上にさりげなく埋め込まれた手押しポンプが活躍する、のではなかろうか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

手押しポンプ






Last updated  2009年08月10日 09時46分19秒
コメント(10) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.