3751713 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

noahnoah研究所

2006/01/29
XML
テーマ:迷惑メール(820)
カテゴリ:セキュリティ
公開されているメーリングリスト(ML)には迷惑メール送信業者による不正投稿が珍しくありません。私が管理しているノアML(noahnoah)の投稿アドレスにも毎日のように迷惑メールが送られてきますので、対策は欠かせません。

迷惑メールからMLを守るに次に挙げるような対策を行っています。

(1)MLメンバー以外の投稿を受け付けない
MLシステムは、MLメンバーから投稿されたメールを配信するのが目的ですので、MLメンバー以外のアドレスからの投稿を受け付ける必要がありません。
ほとんどの迷惑メールはMLメンバー以外のアドレスから投稿されますので、MLメンバー以外からの投稿を受け付けるメリットはありませんね。

(2)管理人による許可が必要にする
少数とはいえ、MLに登録してから投稿する輩もおり、上記(1)の対策だけしか行っていないMLが狙われています。これに対抗するには投稿されたメールを管理人がチェックしてから配信するしかありません。
デメリットとしては投稿してから配信されるまでタイムラグが大きいことでしょう。リアルタイムな同報はMLシステムの利点の一つですので、この方法を採用する場合は慎重にしないといけないでしょう。

(3)信頼できる人の投稿を常に許可する
私が現在利用しているYahoo!グループでは新しいグループメンバーからの投稿のみ承認が必要な設定にすることができます。こうすることにより、MLに登録してすぐに迷惑メールを登録してくるような輩に対応できる上に、配信も早くなります。
しかし、1通目は普通に投稿し、2通目に迷惑メールを投げる輩もいましたので、万全ではありません。

また、対策の(1)や(3)ではメンバーのアドレスを詐称するだけで、管理人のチェックを経ずに配信されてしまうという欠点もあります。

noahnoahでは(1)→(3)→(2)の順で対策を行ってきました。(1)や(2)では迷惑メールを1,2度通してしまったことがありますが、(2)にしてからは迷惑メールを通したことはありません。最近のnoahnoahへの投稿は多くないため、配信の許可作業はそれほど頻繁ではありませんが、投稿が多いMLでは大変でしょう。

管理人は配信を許可するついでに投稿内容を修正することもできます。noahnoahでは全文引用や「はじめまして」など内容が分からない題名を禁止していますので、以前は投稿者に差し戻していたのですが、ほとんどの場合、再投稿していただけないようです。私も差し戻す為の文章を書くよりも、修正して配信してしまった方が時間もかからず楽ですので、必要に応じて修正しています。

ちなみに、添付ファイルやHTMLメールはシステム側で自動削除してやれば、ML経由でウイルスが配信されることはありませんので、忘れずに設定しておくことをお勧めします。






Last updated  2006/01/29 10:11:26 PM
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.