000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

noahnoah研究所

2006/02/05
XML
カテゴリ:セキュリティ
アダルトサイトにアクセスするなら、最低限必要な対策を行いましょう。何ら対策せずにアクセスするのは、避妊具をつけずに不特定多数と関係を持つようなものです。すぐにウイルスに感染したり、悪意の有るプログラムを仕込まれるのがオチです。

まずは、最低限必要なセキュリティ対策を実施してから、Internet Explorerの設定をMicrosoftが推奨している通りブラウジングと電子メールの安全性を強化してください。

それでも問題ないか、試しにSymantec Security Checkでセキュリティスキャンやウイルス検出を実行してみましょう。
(「*.symantec.com」を信頼済みサイトに入れる必要があります)

スキャン結果に問題がある場合は、既にお使いのPCがボット化されている可能性があります。ちなみにボット対策も上に挙げた対策とほとんど同じです。

まあ、いくら対策をしてもブラウザ自体の欠陥はどうしようもありませんので、過信しない方が無難です。例えばInternet Explorerではリンク先を詐称することのできる欠陥が放置されています(検証ページ)。ステータスバーに表示されているのが安全なサイトのURLでも信用しないようにしましょう。

アダルトサイトにはJavaScriptをONにしないと表示されなかったりアクセスできないページがありますが、そこでブラウザの設定を元に戻してしまったり、信頼済みサイトに登録することはやめましょう。JavaScriptをOFFにしていてもアクセス可能なアダルトサイトはいくらでもあります(まあ、アクセスしないのが一番ですが)。

それでも万一ウイルスやスパイウェアに感染してしまったら、アダルトサイト被害対策の部屋などで調べて修復しましょう。

ボット化するとウイルス対策ソフトなどが無効化されてしまったり、スキャンできないツールを仕込まれるので、ハードディスクを初期化する方が早いかも知れませんが。

そういえば、先進国でHIV感染者やAIDS患者が急増しているのは日本だけだそうです。やはりそれだけ危機意識が乏しく、無防備な人が多いのでしょうか。

エイズ検査は保健所に行けば、匿名・即日・無料・夜間でも可能です(参考:HIV検査・相談マップ)。検査目的の献血は時間のムダですし迷惑なので絶対にやめましょう。献血では血液検査をしても本人には通知しないそうです。






Last updated  2006/02/06 02:04:35 AM
コメント(0) | コメントを書く
[セキュリティ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.