3756157 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

noahnoah研究所

2006/02/08
XML
カテゴリ:その他
最近、タバコが1箱500円くらいになれば半数の喫煙者が禁煙するとの調査結果がいくつか報道されているようですね。

たばこの価格が500円に上がれば、半数が禁煙
1箱519円なら半数禁煙 星城大教授ら調査


現在でも1箱300円程度の煙草はべらぼうに高いと思います。少なくとも煙草を吸わない私にとっては全く価値のないモノですし、煙草の害による治療費も加えれば、500円なんて軽く越えていると思いますが。

それがたった200円ほど値上げされるだけで禁煙するのであれば、とっととやめることをおすすめしますね。煙草による病気で失われる家族や恋人との時間は「プライスレス」なのですから(^^)

ちなみに先進国でこれほど煙草が安いのは日本だけらしく、米国では日本の3倍くらいするそうです。先進国で日本だけエイズが激増している状況と通ずるものがあるのかもしれません。

それほど裕福ではない国でも、煙草を値上げすることにより、貧しい人々や未成年者の喫煙率を下げることに成功しているようです。

そんな世界情勢の中で日本政府が国民に煙草を安く供給し続ける理由が不明なのですが、昔の人ほど喫煙率が高めであることを考えると、年寄りにはなるべく早死にしてもらって、少子高齢化を抑えたいという意図があるのかもしれません。

よく「煙草を吸うと肺癌になる」と言われますが、喉頭癌による死亡率は、肺癌より何倍も高くなります。煙草を吸う人は喉頭癌になって声や命を失うことを覚悟しましょう。

さらに煙草は呼吸器系以外のほぼ全種類の癌のリスクも高めますし、動脈硬化の原因にもなります。心筋梗塞や脳硬塞で死んだり障害者になりたくなかったら煙草をやめましょう。煙草がやめられないのを安い価格のせいにしている場合じゃありませんよ。






Last updated  2006/02/09 02:05:19 AM
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.