3751711 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

noahnoah研究所

2006/07/18
XML
カテゴリ:セキュリティ
先月のExcelの件に引き続き、マイクロソフトOffice「PowerPoint」にも超特大の穴が見つかっています。

「PowerPoint」に新たな脆弱性--「Office」全体に影響が及ぶ可能性も

マイクロソフトの修正プログラムは1ヶ月に1度しかリリースされないことを逆手にとって、7月度の修正プログラムリリース直後に攻撃が開始されていたようですね。

ウイルス対策ソフトを売る会社にとっては、売り上げを伸ばすチャンスといったところでしょう。

8月度の修正プログラムリリースまでにはパッチがリリースされるようです。

PowerPoint脆弱性のパッチは遅くとも8月8日までに、MS

それまでは「ppt」ファイルはもちろん、Office関係のファイルが不意に送られてきたら、真偽を確かめるまで、実行しないことをオススメします。

ちなみにOffice2000のユーザーは、MicrosoftUpdateではアップデートされないので、わざわざOfficeのアップデートを実行する必要があります。

7月の修正プログラムどころか、それ以前の修正がされていないOffice2000ユーザーは多いと思います。

なお、アップデートする前にはOffice のアップデートを使用する時のオプションで、「サイズの大きいアップデート用のファイルを使用する」や、「Office のアップデートをインストールするときの画面で、Office 製品の CD の準備を促す画面を表示しない」を選ばないと、CD-ROMを要求されることがあります。

必要が無ければ家庭用PCにはマイクロソフトOfficeをインストールしない方がいいですね。

Winnyと同じく危険なプログラムですので。






Last updated  2006/07/19 01:47:48 AM
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.