000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

noahnoah研究所

2007/06/19
XML
カテゴリ:健康
以前、危険なこんにゃく入りゼリーでも書いたのですが、こんにゃく入りゼリーによる子供や老人の窒息死が相次いでいるものの、事故相次ぐも、各省は法的措置取れずということで、美しい日本政府としては、このまましばらく放置するつもりのようです。

マンナンライフのトップページでは「こんにゃくゼリーに関する報道について」と称し、事故の原因は硬さや大きさの問題ではなく「吸い込まなければ食べられない容器」が問題であるという見解を述べており、その上で自社のみ安全性が高いハート型容器を開発したことを挙げ、間接的に同業他社の批判を行っています。

しかしながら、国民生活センターが2007年6月15日に公表した内容によれば、小さくスプーンで切って与えても死亡しており、少なくとも「吸い込まなければよい」という見解は間違っていると考えられます。

ちなみに、マンナンライフはこちらのページでも、他社には精製技術が真似できないとして、有害な成分が入っていることをほのめかすとともに、そのために他社製品ではこんにゃく粉が少ししか入れられないと書かれていますが、おそらく他社はこんにゃく粉を多く「入れられない」のではなく、柔らかくするため少ししか「入れない」のだと思いました。

なお、国民生活センターの注意喚起からのリンクをたどると、過去に多少間違った内容が混ざっていることが分かりました。

たとえば、「スプーンで小さくして、人が付いていればいい」というのは間違いで、「スプーンで小さくして、人が付き添っていても防止できない」ですし、「乳幼児が事故に遭いやすい」ではなく、「乳幼児だけでなく、7歳の小学生でも事故に遭う」などです。

容器の形状によらず、ゼリーの原材料に「グルコマンナン」や「こんにゃく粉」の表示があるものは「こんにゃく入りゼリー」ですので、子供に与えてはダメでしょうね。

また、大人のために購入したこんにゃく入りゼリーでも、子供が勝手に食べて事故に遭っていますので、子供や老人のいる家庭では、そもそも買わない方が無難と言えるでしょう。

普通のこんにゃくで窒素死したという話は聞いたことがないので、個人的には「こんにゃく入りゼリー」は気道に入った際の粘着力が強力なのではないかと思っています。



(このnoahnoah研究所のブログ内をGoogleで検索する)
(noahnoah研究所に戻る)
(ノアML(noahnoah)に行く)
(noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く)
(伊藤@横浜へメールを送る)
※このnoahnoah研究所のブログ(http://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/)にコメントする場合は、
楽天ブログへのログインが必要です。

ブログランキング・にほんブログ村へ






Last updated  2013/06/19 12:18:40 AM
コメント(8) | コメントを書く
[健康] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.