000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

noahnoah研究所

2007/07/09
XML
カテゴリ:
以前、親にチャイルドシートを使われなかった子供が車の下敷になったことを紹介しましたが、
また同じような事件が発生しています。

 スライドドア開き3歳転落、後輪にひかれ死亡…大阪

要旨は以下の通りです。

・右折中、右側のスライドドアが開き、二女(3)が路上に転落、直後に右後輪にひかれた
・二女はチャイルドシートに座らず、スライドドアの横に立っていた
・二女はこれまで、ドアのロックをかけたり外したりして遊ぶことがあった
・「チャイルドロック」機能があるが、事故当時は使われていなかった
・大阪府内では今年4月にも女児が路上に転落、後続車にはねられ死亡する事故があった

このような親達に「未必の故意」による殺人罪が適用されないのは不思議ですね。

トヨタ車のチャイルドロックはチャイルドプロテクターというらしい

記事はチャイルドロック(チャイルドプロテクター)機能さえ使っていれば事故を防止できたと思わせる内容になっていますが、チャイルドシートですら使わない親がチャイルドロック機能を使うとは思えません。

そもそもチャイルドロック機能は、ちゃんとチャイルドシートやシートベルトを使用していれば、走行中は要らないはずです。

チャイルドロック機能は、走行中の転落を防止するものではなく、停車時に子供が一人で車を降りて事故に遭わないようにするためのものだと思います。

事故で脱出する際に車内からスライドドアが開かず、閉じ込められるおそれもありますので、よく考えてから使用した方がいいでしょう。

こんな事故がきっかけで、チャイルドシートだけでなく、チャイルドロックまで義務化されてしまうと困りますね。




※このnoahnoah研究所のブログは、訪問者が危険なサイトへ誘導されないように、楽天にログインしていない方からのコメントや楽天ブログ以外からのトラックバックを受け付けていません。






Last updated  2007/07/09 11:16:46 PM
コメント(2) | コメントを書く
[車] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.