000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

noahnoah研究所

2007/08/04
XML
カテゴリ:
富山県警が右折標識誤解し11人に反則切符

富山では警察官が「車両横断禁止標識」の意味を誤解し、右折が認められた交差点にもかかわらず、右折した車両の運転手11人に交通反則切符を切ったようです。

1時間で11台も摘発しており、その場にいた55歳の警部補を含む5人の警官全員が正しい意味を知らなかったというから呆れます。

おそらく発覚した今回だけでなく、余罪もあるのではないでしょうか?

警官が標識の意味を知らずに交通取締りを行っているというのは、明らかに信用失墜行為なので、懲戒処分は免れないでしょうね。

ちなみに「車両横断禁止」の標識はコレです。

車両横断禁止

例えば、交差点のないところで、進行方向の右側にある店に入るときなどに、対向車線を横切って右折してはいけないという意味です。

これを5人の警官は交差点での右折禁止だと覚えていたようです。

交差点での右折禁止専用の標識というのはなく、「指定方向外進行禁止」の標識で右折禁止を表現します。

例えばこれらの標識です。

指定方向外進行禁止指定方向外進行禁止

バカ警官に騙されないように、標識をよく見ましょう。

(この記事では道路標識の画像を利用しています)




noahnoah研究所のブログは、訪問者が危険なサイトへ誘導されないように、楽天にログインしていない方からのコメントや楽天ブログ以外からのトラックバックを受け付けていません。また、トラックバックは承認するまで表示されません。この記事へのリンクがないトラックバックは削除します。







Last updated  2007/08/04 08:56:31 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.