000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

noahnoah研究所

2008/12/14
XML
カテゴリ:健康
リレンザ Relenza
子供がインフルエンザ(A型)にかかったため、リレンザを処方されました。粉が入っているブリスターを専用の吸入器にセットし、穴を開けてから吸い込ませます。

使用済みのブリスター
使用済みのブリスターは、こんな感じです。1日に朝夜2回、1回に2個ですから、これで1日分です。

薬局では、安価な後発医薬品である「ジェネリック」を指定したところ、ノイターゼ30(アクディーム30の後発品)、アスベリン錠、ポララミン錠、リレンザを処方されました。後発品は1点だけでしたが、薬価はアクディーム錠が17.10円/錠に対し、ノイターゼが6.10円/錠でした。

なお、付き添った私も風邪の症状が出ていたのですが、さほど高熱は出ていなかったため、インフルエンザは発症していないと判断され、インフルエンザの検査はされず、風邪薬を処方されました。

ちなみに、私にはタイヨーのアンブロキソール塩酸塩錠(帝人ファーマのムコソルバン錠の後発品)、タイヨーのクラリスロマイシン錠(大正製薬のクラリス錠の後発品)、アスベリン錠、ポララミン錠が処方されました。アンブロキソールは6.10対23.70円/錠、クラリスロマイシンは56.50対106.00円/錠ということで、予想外に価格差が大きいですね。

効き目は同じなので、皆さんも処方される場合は「ジェネリック」を指定すると良いと思います。自己負担金額は微々たる差なのですが、健康保険の負担を少しでも下げないと、将来の自己負担が大きくなってしまいますから。

ただ、高価な薬の方が効き目があると思い込んでいる人は、薬代が安くなることでノシーボ効果により効き目が悪くなるおそれがあるので、ジェネリックの指定は勇気が要ることかもしれませんね。




※このnoahnoah研究所のブログにコメントまたはトラックバックする場合は、楽天ブログへのログインが必要です。この記事にリンクせず、内容についても言及していないトラックバックは許可しません。






Last updated  2008/12/15 12:01:27 AM
コメント(0) | コメントを書く
[健康] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.