000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

noahnoah研究所

2008/12/23
XML
カテゴリ:家作り
加湿器
新居では加湿器を導入しています。

人と家が必要とする湿度は同じ
一条工務店によると、家が必要とする湿度は人と同じで、湿度を40~65%にする必要があるそうです。木材を急激に乾燥させると、ひずみが生じるおそれがあります。

加湿器 middle colors
デザイン優先で、middle colors(ミドルカラー)という壷型(水滴型?)加湿器の超音波式のものを選びました。一回り大きいハイブリッド式もあるのですが、コンパクトで簡素な方がいいと思いました。超音波発生用のセラミックディスク(\840)の寿命は約3000時間だそうで、予備が1つ付属しています。超音波式はちゃんと清掃しないと健康を害する場合があります。

分解してみました
左から給水タンク、霧を発生させる本体下部、上部のカバーです。

スタンドを装着
転倒防止のため、スタンドを装着して使います。タンクが空のときにACアダプタを付けると、赤いLEDが点灯し、警告音が鳴ります。ACアダプターのコードは180cmくらいでした。

動作状態(H)
左側のスイッチを押すと動作状態になります。標準がH(強)です。

動作状態(L)
右のスイッチを押すとHからL(弱)になります。機能はこれだけです。

水滴で吹き出す方向が変わる
吹き出し口付近に付着した水滴で吹き出す方向が変わることがあるので、壁や電気製品の近くで使う場合は気を付けましょう。

湿度を維持することのできる全熱交換の24時間換気なので、小さい加湿器でも意外と効果があります。狭い部屋ということもあるのでしょうが、2時間ぐらいで10%も上がってました。




※このnoahnoah研究所のブログにコメントまたはトラックバックする場合は、楽天ブログへのログインが必要です。この記事にリンクせず、内容についても言及していないトラックバックは許可しません。









Last updated  2008/12/24 12:19:47 AM
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.