000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

noahnoah研究所

2009/04/14
XML
カテゴリ:太陽光発電
太陽光発電が普及すると、発電所がダウンするおそれがあるそうです。

太陽光発電普及で大停電?! 経産省が実証実験
「太陽光発電が普及すると大停電のリスクが高まる?!」。政府が10日に決めた追加経済対策の目玉の一つである太陽光発電をめぐり、こんな問題点が指摘されていることを受け、経済産業省は今夏から実証実験に乗り出す。太陽光などの自然エネルギーによる電気が大量に電力網に組み込まれると、突然の天候の変化などで供給量が激減し需給バランスが崩れ、通常の発電所がダウンしてしまう恐れがあるためだ。経産省では、全国各地に200基の太陽光パネルを設置してデータを収集し、影響と対策を検討する。

確かに全ての家に太陽光発電が普及したら、昼の晴天時は火力発電所からの電気を使わずに済みますが、雨天や曇天時には必要になりますからね。まあ、それほど普及しないとは思うので、杞憂だとはいえ、予算が付きやすいネタのため、役人は何かと理由をつけて検討したがるのでしょう。

経産省の外郭団体であるNEDO集中連系型太陽光発電システム実証研究と称して、群馬県太田市にあるPalTown城西の杜で実証実験を行っていました。このときの成果には、たとえばオムロンは集中連系における単独運転防止技術としてAICOTというものを開発しています。

まあ、太陽光発電が普及すると問題になるようならば、早い者勝ちの状態とも言えますので、それまで何もしない方が普及速度は増すかもしれませんね。




※このnoahnoah研究所のブログ(http://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/)へのコメントまたはトラックバックには、楽天ブログへのログインが必要です。この記事にリンクしなかったり、内容について言及しないトラックバックは許可しません。







Last updated  2013/06/12 09:02:58 PM
コメント(4) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.