5200506 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

noahnoah研究所

2010.06.27
XML
カテゴリ:その他
梅雨の時期になるとイライラすることが増えます。湿気の多さなど天候の問題ではなく、交通ルールを守らない大人が増えるからです。
まだ雨も降り始めていないのに、雨に濡れたくないから急ぐためなのか、交通量の多い道路でも、横断歩道を使わずに道路を横断する人もいます。
傘をさしながら自転車に乗って、無灯火で右側通行する上に、信号無視するような人は珍しくありません。
それらを真似した子どもたちを事故に遭わせないためにも、簡単に守れるルールは守るべきだと思います。
「未必の故意」による殺人行為ということに気付いていないのでしょうか。




(ご注意)noahnoah研究所のブログ(http://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/)へのコメントやトラックバックは楽天ブログユーザー限定です。この記事へのリンクがないトラックバックは受け付けません。






Last updated  2010.06.27 03:12:17
コメント(2) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:子どもが真似をするからやめなさい(06/27)   銀の鏡 さん
私は自転車に乗るのが面倒です。いちいち横道前で止まって車や人の確認でスイスイ走れる時間が短いので。車道端なんて怖くて走れませんし...。
 でも友人達は横道があっても信号のないような細いところでは止まることも確認することもなくすごい速さで走り抜けます。車道?轢けるものなら轢いてみろ!でした。

 不思議に思っていたら、小さい頃から母が車の運転中に「自転車でもわき道では止まる」「必ず確認」「横道が一番怖い」「車道にふくれて走ったら車と接触する確率が高い」を言い続けて来たからだと判明しました。
 母は教えようと思って喋っていたわけではなく、車内での会話の一つだったのですが、子供には素直に刷り込まれたようです。

 おかげで自転車で危ない目にあった事はありません。

 親の行動を子供はなにげな~く見て真似するんですよね。どんなことでもルールを親が自らから実践するのは本当に大切なことですね。
  (2010.06.27 20:55:52)

Re:子どもが真似をするからやめなさい(06/27)   noahnoahnoah さん
そういえば、私も「子どもが真似をするからやめなさい」という言葉は、子供の頃に、母からよく聞いていたように思います。
いくら自分は大丈夫でも、自分より小さい子どもが真似をするのを止められない以上、やるべきではないということでしょう。
(2010.06.28 00:49:12)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.