8007433 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

noahnoah研究所

2010.07.18
XML
カテゴリ:健康
(社)日本臓器移植ネットワークから、「改正臓器移植法の施行に伴う重要なお知らせ」として、下記内容のメールが届きました。

 このメールは、(社)日本臓器移植ネットワークの臓器提供意思登録サイトにご登録いただいている方全員にお送りしていますので、ご了承ください。
 平成22年7月17日に改正臓器移植法が全面施行され、意思登録の内容も変更されることとなりました。
 今後は、今までの登録カードでの再発行ができなくなります。再発行には、新しい内容による登録が必要ですので、この機会に是非とも新しい意思登録内容に変更をお願い申し上げます。

これまでの意思登録カードと同じものが再発行できなくなるだけで、2010年1月17日に臓器提供は家族優先に指定した意思登録が無効になるわけではないようですが、とりあえず更新しました。

ちなみに、6月末の時点で移植希望登録者数12,163人に対し、臓器提供意思登録者数は、たったの61,519人だそうです。意外と少ないのですが、おそらく、コンビニなどで配っている意思登録カードに記入していても、登録サイトの方には登録していない人が多いのだと思います。ケータイでも登録できるようにJOTモバイルサイトも用意されているものの、宣伝が足りないのかもしれません。

登録サイトでは「死後、臓器の提供を拒否する」という意思も登録できるわけですが、死後に臓器を提供しないことを表明した人やその家族が病気になって臓器移植が必要になったとき、他人から臓器を提供してもらうことに抵抗はないのでしょうかね?そのような人は自分や家族への臓器移植も辞退すべきだと思います。

ドナーになる人には、「臓器提供は家族優先」だけでなく、登録サイトで「ドナーになる意思を表明した人を優先」と「提供しないという意思を表明した人は最下位」も選べるようにして欲しいと思います。登録サイトでは住所などの個人情報も登録するので、誤魔化しもできないでしょう。




(ご注意)noahnoah研究所のブログ(http://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/)へのコメントやトラックバックは楽天ブログ内に限定しています。この記事へのリンクや言及のないトラックバックは受け付けていません。

[noahnoah研究所ブログ内をGoogleで検索]







Last updated  2010.07.19 03:01:32
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


ネットでも登録   さくらい1ごう さん
だいぶ昔に登録した黄色いドナーカードがありますが、
住所も引っ越して違っていることだし
ネットでも登録しておけば確実かと思い登録しました。
同じく川崎に居たころアイバンクにも登録したのですが
あれも住所変更等してなかったのでおいおい再登録しよと思います。 (2010.07.19 07:51:00)

Re:ネットでも登録(07/18)   noahnoahnoah さん
アイバンクもネットで献眼登録できるのですが、臓器提供意思登録カードの方にも手書きで眼球も指定できるので、本来、日本臓器移植ネットワークの方で登録してしまえば必要ないと思います。縦割り行政なんですよね。
http://www.j-eyebank.or.jp/
(2010.07.19 13:13:12)


© Rakuten Group, Inc.