3758290 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

noahnoah研究所

2010/12/26
XML
カテゴリ:家作り
キッチンの部材が外れた箇所
我が家のキッチンは一条工務店オリジナルのL型ロングタイプですが、築2年を目前にした11月初旬に、角の収納扉の上にあるスキマ部材が外れて落ちてきました。

外れた部材には木工用ボンドが付着
外れた部材を見ると、木工用ボンドが部材に密着しておらず、完全に浮いています。おそらく、ダボが長すぎるか、その打込が甘いために、隙間ができてしまっていることに施工者が気付かなかったのだと思います。ダボで引っかかっていただけで、今までたまたま落ちなかっただけのようです。

一条工務店に連絡して、11月中旬に下請け業者らしき人が修理に来てくれましたが、その時は立ち会っておらず、数日後に補修跡を見て驚きと同時に怒りを覚えました。

ずさんな補修結果
部材との隙間はそのまま放置され、大量に注入された木工用ボンドが垂れて、扉がくっつきそうになっていました。一条工務店は何を考えてこのようなズサンな補修をするような無能な人を我が家によこしたのでしょうか?このような補修をされるくらいなら、自分で補修した方がマシです。

このことを一条工務店に連絡すると、修理跡を見にきて、今度は「部材ごと交換、12/15頃に出荷予定、年内に交換する」とのことでしたが、12/24になっても一切連絡がなく、仕方なくこちらから連絡したら翌日の12/25に補修されました。

今度の補修後はまともに見えますので、すぐには外れないと思いますが、もし外れたら自分で補修するつもりです。




(ご注意)noahnoah研究所のブログ(http://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/)へのコメントやトラックバックは楽天ブログ内に限定しています。この記事へのリンクや言及のないトラックバックは受け付けていません。

[noahnoah研究所ブログ内をGoogleで検索]








Last updated  2010/12/27 03:16:56 AM
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.