000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

noahnoah研究所

2011/03/11
XML
カテゴリ:家作り
免震装置と変位計

本日3/11午後2時46分に発生した宮城県沖を震源とするマグニチュード8.8(※)、最大震度7の大地震で、ここ横浜でも震度5を観測しました。我が家は約2年前に建てた一条工務店の免震住宅ですが、免震装置は震度5以上でないと動かないとされており、今まで一度も動いたことがなかったので、床下のフレキシブル配管の点検がてら、変位計をチェックしてみました。

免震装置の変位計の画像

免震装置の変位計は床下の金属フレームに取り付けられており、先端は蝋石(クレヨンやチョークの様なもの)になっています。大きな地震では、免震装置に乗っている家は動かず、地面だけ揺れるので、ベタ基礎のコンクリートにその軌跡が描かれる仕組みになっています。

免震装置の変位計が描いた軌跡

この写真の通り、1cm~2cmくらいの範囲で動いていたことが確認できました。印のある中心位置からも1cmほどズレた状態で止まっていますので、家が元々建っていた位置から1cmほどズレていることになります。

免震装置の変位計が描いた軌跡

少し別角度から見ると、かなり歪な形で動いていたことが分かります。

地震で水槽から水が溢れた跡

免震装置が働いたためか、家具が倒れたり、物が落ちるなどの被害は一切なかったのですが、唯一、枠なしの60cm水槽から水が溢れました。水面を水槽のふちから5cmくらいしか下げていなかったので、風呂桶1杯分ぐらいの水が溢れ、水面が2cmほど下がりました。こういうこともありますから、枠がある水槽の方がいいかもしれませんね。床はUVコーティング済みでしたので、染み込まずに済みましたが。

※…気象庁は13日、マグニチュードを8.8から9.0に修正、確定しました。




(ご注意)noahnoah研究所のブログ(http://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/)へのコメントやトラックバックは楽天ブログ内に限定しています。この記事へのリンクや言及のないトラックバックは受け付けていません。

[noahnoah研究所ブログ内をGoogleで検索]







Last updated  2011/03/14 12:49:30 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.