000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

noahnoah研究所

2012/07/21
XML
カテゴリ:家作り

2階で寝ていて宅配便が来たとき、寝ぼけた状態で急いだため、階段の下りで転びそうになりましたが、両側の手すりを掴んで助かりました。
その際、肩をひねってしまい、少し痛みを感じます。

もし手すりが片側だけなら、体を支えることができず、転落していたと思います。


高齢者向け住宅の階段には、両側手すりが推奨されていますし、75cm幅の階段でも特に狭く感じません。
一条工務店もオプション(60,900円)ではなく、標準にして欲しいと思いました。

10年以上昔の建築基準では、有効幅75cmの階段に両側手すりを付けられませんでしたが、現在は出幅が10cm以下の手すりであれば、両側でも付けられるようになっていますので。

ときどき、階段に手すりがない家がありますが、現在の基準では違法建築です(既存不適格)。片側手すりは必須で、手すりのない側には壁が必要です。新築の場合、そうなっていなければ、完全にアウトです。

(関連記事)
一条工務店の階段手すり追加工事
階段手すり追加の件
一条工務店の階段手すり追加工事の続き(DIY)




※このnoahnoah研究所のブログ(http://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/)にコメントする場合は、
楽天ブログへのログインが必要です。
(noahnoah研究所のブログ内をGoogleで検索する)
(noahnoah研究所に行く)
(ノアML(noahnoah)に行く)
(noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く)
(伊藤@横浜へメールを送る)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ






Last updated  2012/07/21 02:13:33 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.