5201993 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

noahnoah研究所

2013.09.15
XML
カテゴリ:熱帯魚
水槽冷却ファンのメンテナンス
夏季に休まず稼動していた水槽の冷却ファンをメンテナンスすることにしました。
風量が落ちてきたのと、電源OFFの時に羽根を手で回しても、すぐに止まってしまうからです。
ちなみに、冷却ファンはTETRA製です。

水槽冷却ファンのメンテナンス
とりあえずネジ4本外して分解してから、羽根に付着したホコリを取ります。

水槽冷却ファンのメンテナンス
ファンモーターのシールとキャップをめくって、シャフトを露出させます。

水槽冷却ファンに注油
シャフト部分にグリースを注入して再シールします。
スイッチ裏面も錆が出ていたので、ここにもグリースを塗っておきます。
(CUREのグリースメイト使用)
グリース注入後は、羽根を手で回すとしばらく回転し続けるほど軽くなり、風量も復活しました。

熱帯魚水槽
ちなみに、水槽の背面にミラーフィルムを貼って、デジタル式LED電波時計を置いています。
24時間照明ですが、サンセット・プラティは増殖し続けています。
ウィローモスの茂みがあると、稚魚をいちいち隔離しなくても、勝手に増えます。



(このnoahnoah研究所のブログ内をGoogleで検索する)
(noahnoah研究所に戻る)
(ノアML(noahnoah)に行く)
(noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く)
(伊藤@横浜へメールを送る)
※このnoahnoah研究所のブログ(http://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/)にコメントする場合は、
楽天ブログへのログインが必要です。

ブログランキング・にほんブログ村へ






Last updated  2013.09.15 23:23:06
コメント(2) | コメントを書く
[熱帯魚] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


はじめまして。   simuki16 さん
こんばんは。

いきなりコメント失礼します。

インターネットでウィローモスを検索していて流れ着きました。
私は60cmの水槽でウーパールーパー1匹、30cmの水槽でアカハライモリ4匹飼っております。両方とも底面濾過です。

貴殿の水槽のウィローモスがとても綺麗で真似してみたいと思い、コメントさせていただきました。

トリミングの切れ端を放置しただけで側面や底面にもウィローモスが活着したんですか?
またトリミングの頻度を教えていただきたいです。


このブログを拝見させて頂いて自分はウィローモスを活着させた物を入れるのではなく、最初から細々にしたウィローモスを投入し側面、底面にウィローモスの草原っぽい物を作ろうかと思っている訳であります。

いきなりすみません。


(2014.02.03 23:27:53)

Re:はじめまして。(09/15)   noahnoahnoah さん
流木にウィローモスを糸で巻きつけて沈めています。
活着したら糸は取り除いておいた方が良いですね。
トリミング頻度や量は適当です。
いったん活着すると、多めにトリミングしてもすぐに増えます。
取りミングしたものを底に放置すると砂利にくっつきます。
そのうち側面やパイプなどにも着き始めます。
ただ、あまり密生させたままで放置すると、掃除しづらくなり、ヘドロがたまると思います。
(2014.02.03 23:52:03)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.