000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

noahnoah研究所

2013/10/16
XML
カテゴリ:家電
我が家の2階にあるアラウーノ(CH1003MWS)が故障したので修理してもらいました。
症状はノズルが出なかったり、出てもすぐに引っ込んでしまうというものです。
大小洗浄水については問題なく動作し、洗浄時の泡もちゃんと出てきます。

止水電磁弁交換
問題があったのはこの部品で、電磁弁が壊れて給水できず、水圧で駆動しているノズルが動かなかったようです。
交換した部品の明細には品名「給水弁」と印刷されていました(品番:CH10014467、4,950円)。
また、外した部品のラベルには「CH013010011 アラウーノ給水 0092122 PANA」と印刷されています。
作業自体は「止水電磁弁交換」となっています。

ソレノイド
機能しなくなっていたのは、「863」の数字が書かれたソレノイドです。
ソレノイドとは通電するとシャフトを前後に動かすものです。
モーターと似ていますが、モーターはシャフトを回転させるものです。

ノズルブロック交換
給水弁だけでなく、ノズルブロック(品番:CH10014317K、7,600円)も交換されました。
当初、この部品に問題があると考えて、交換しに来たのですが、間違っていたため、2度目の訪問でした。
問題のあった給水弁は、メーカー在庫がなく、依頼から修理完了まで2週間くらいかかっています。
その間、ノズルを使いたいときは、1階のトイレを使っていました。
そのお詫びということで、最初に間違って持ってきたノズルブロックも無償交換してくれたのでした。

ノズルブロック
外したノズルブロックには、「080801」というシリアル番号らしきものがあります。
これ自体は壊れていないそうなので、一応、取っておきます。

修理費用明細
修理費用内訳を見ると、基本出張料2,100円、修理技術料9,100円、部品代12,550円(4,950円+7,600円)となっていましたが、修理までに時間がかかったお詫びということで、部品代分がすべて値引きされ、消費税560円を加えた11,760円が請求されたのでした。
(最初に電話で修理を依頼したとき、最大で1万9千円ほどかかると言われていた)

(関連記事)
アラウーノのリモコンを修理
アラウーノの便フタ自動開閉機能を切るためにフタを外す
温水洗浄便座を自分で交換してみた
水周りのチェック
アラウーノのアームレスト




→このnoahnoah研究所のブログ内をGoogleで検索する
→noahnoah研究所に戻る
→ノアML(noahnoah)に行く
→noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→伊藤@横浜へメールを送る
noahnoah研究所のブログ(http://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/)にコメントする場合は、
楽天ブログへのログインが必要です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へにほんブログ村 車ブログ トヨタへ






Last updated  2013/10/16 10:56:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
[家電] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.