000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

noahnoah研究所

2013/11/24
XML
カテゴリ:家作り
一条工務店オリジナル洋室ドアのドアノブ
一条工務店オリジナル洋室ドアのドアノブですが、レバーの動きが重く、しかもギィーギィー、ギチギチと耳障りな音が出るので、修理しました。
よく考えると5年前から動きが重く、音も出ていたように思いますが、見た目の重厚感でそういうものだと勘違いしていただけでした。

ドアノブの裏側にあるゼンマイ式バネ
ドアノブの上下にある木ネジを外し、まっすぐ引き抜くだけでメンテナンスできます。
裏を見ると、ゼンマイ式のバネが仕込まれただけのシンプルな構造でした。

得体の知れない黒い粉が付着しており、掃除するとバラバラと落ちてきます。
摩擦でバネが粉状になったものか、潤滑油が乾燥した跡かもしれません。

グリースを注入する
一条工務店にもらった補修キット付属で、ドアのきしみ音を解消するときに使ったシリコンオイルスプレーでは表面しか処置できませんし、効果も長期間持続しないと思われるので、KUREのグリースメイトを使いました。
無香性のグリースもありますので、潤滑油の臭いが気になる人は、そちらを使った方がいいかもしれません。

バネをグリースで潤滑
ノズルを様々な箇所に差し込んでグリスを注入しますが、一番効果があったのは、この写真の場所でした。
バネの端部でドアノブを動かすたびに隙間が擦れる場所なのでしょう。

このドアノブを使っている所は6箇所ありますが、とりあえず5箇所潤滑処置して、1箇所は住民が不要というので様子見にしました。

処置したドアノブは全く異音がしなくなり、動きも軽くなりましたので、もっと早く気付いて修理しておけばよかったと思いました。

ドアのマグネット式ストッパー
ついでにドアのマグネット式ストッパーを点検したところ、少し錆が出ていました。
ストッパーを動作中にしている時間が長い所なので、異種金属接触腐食が発生したのかもしれません。
とりあえず、軽くコンパウンドで研磨して綺麗にしました。

ドアのマグネット式ストッパーの裏側にゴミ
ついでにストッパーのプレートを跳ね上げてみると、きっちりとホコリが詰まってました。
ここは建具の不具合が見つかったときに補修されているはずの場所なので、3年間掃除していないために積もったホコリなのでしょう。

ドアのマグネット式ストッパーの裏側を掃除
ストッパーのプレートの下を掃除すると、フローリングが見えます。

プレートは素手では跳ね上げられないよう作りになっています。
ドアストッパーをかけた状態から徐々にドアをストッパーから離していくと、磁力でプレートが斜めに跳ね上がって固まるので、そこから指でつまんで跳ね上げることができます。



→このnoahnoah研究所のブログ内をGoogleで検索する
→ノアML(noahnoah)に行く
→noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→伊藤@横浜へメールを送る
→noahnoah研究所に戻る
noahnoah研究所
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へにほんブログ村 車ブログ トヨタへ






Last updated  2013/11/24 11:38:07 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.