000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

noahnoah研究所

2013/11/25
XML
カテゴリ:家電
電球型蛍光灯が壊れる
子供が使っているオーム電機のデスクライトODS-60Nが、少しの振動で点いたり消えたりするというので、調べたところ、電球型蛍光灯が壊れていました。

蛍光管部分がグラグラしており、軽く引っ張るだけで、ここまで出てきました。
どうやら、接着剤が劣化して蛍光管が外れ、電気配線が引っ張られて半断線になっていたようです。

壊れた電球型蛍光灯
さらに引っ張ると、半断線状態となっていた配線が見えます。
半断線が続くと火花で周囲を炭化し、発煙発火の元となるおそれがあります。

汚い半田付け
蛍光管を外し、中央を切り欠いてみると、汚い半田付けの基板が見えます。

この電球型蛍光灯は「EFD12EN」と規格を表す英数字が印刷されているだけで、メーカー名や品番などが一切ありません。(電気用品安全法は遵守しているの?)

「工場を持たないメーカー」オーム電機は、どこのメーカーで作った電球型蛍光灯を売っているのでしょうか?

とりあえず、デスクスタンドの本体は問題なく使えそうだったので、浴室と脱衣所のホタルック化のときに箱買いしていたホタルックボールに交換しました。



→このnoahnoah研究所のブログ内をGoogleで検索する
→ノアML(noahnoah)に行く
→noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→伊藤@横浜へメールを送る
→noahnoah研究所に戻る
noahnoah研究所
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へにほんブログ村 車ブログ トヨタへ






Last updated  2013/11/25 11:33:15 PM
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.