000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

noahnoah研究所

2013/12/21
XML
カテゴリ:太陽光発電
2013年12月分(11/22~12/19の28日間)の電気代

2013年12月分(11/22~12/19の28日間)の電気代は、749kWhで15,594円でした。
昨年12月分は30日間で924kWhで、1日あたり13%減少しています。
12月初旬から全館床暖房を1階2階とも24時間稼動しているため増えています。
全館床暖房の設定温度は25℃です。

太陽光発電の明細

太陽光発電の自家消費分を除いた余剰電力は138kWhでした。
1kWあたり48円ですので、6,624円の収入です。
昨年12月分は、30日間で118kWhでした。

売買した電力量と発電量と自家消費量のグラフ

2013年12月分(11/22~12/19の28日間)の太陽光発電量は、256.7kWh(9.2kW/日)でした。
売った余剰電力は138kWhですので、自家消費量は118.7kWhです。
したがって、12月分は749+118.7=867.7kWhの電気を15,594-6,624=8,970円で使っていることになります。

時間帯別の電気使用量

時間帯別の電気使用量は、昼間(10時~17時)が54kWh、夜間(23時~7時)が462kWh、朝晩(7時~10時と17時~23時)は233kWhでした。

夜間電力を使うエコキュートは毎日平均で250Lの湯を風呂のみに使っています(設定温度42℃)。
エコキュートはヒートポンプで大気熱を奪って湯沸かしに利用するため、気温が低くなると、奪える熱が減る分だけ電気を多く食います。
それでも、大気熱を使わない電気温水器よりは消費電力が少なくて済みます。

全館床暖房の熱源もヒートポンプ式ですので、気温が低いと効率が悪くなります。

ただ、床暖房の電気代とエコキュートの消費電力が増えた分の電気代を計算したところ、厳冬期と冷暖房を使っていない時期と比べ、1万5千円も増えていないと考えられます。

【太陽光発電】神奈川県横浜市でソーラーフロンティアのCIS薄膜型太陽電池パネル3.0kWを南向き30度傾斜の屋根に設置。
【家の仕様】一条工務店「夢の家III」仕様(Q値1.16、C値0.7程度)、延床約40坪、オール電化、エコキュート(460L)、食洗機を1日2回使用、5人家族。



→このnoahnoah研究所のブログ内をGoogleで検索する
→ノアML(noahnoah)に行く
→noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→伊藤@横浜へメールを送る
→noahnoah研究所に戻る

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へにほんブログ村 車ブログ トヨタへ






Last updated  2013/12/21 05:40:36 PM
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.