000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

noahnoah研究所

2013/12/22
XML
カテゴリ:家作り
劣化した勝手口のコンクリート
築5年ですが、このように勝手口のコンクリート全体に細かいクラックが入っています。
1番上のステップだけは既製のコンクリート板なので、ひび割れていないようです。
ちなみに、一条工務店の免震住宅なので、1番上のステップは宙に浮いています。

ステップに染み付く緑青
勝手口の庇が銅板でできている関係で、緑青(ろくしょう:銅の錆のこと)が染み付いています。
緑青であることを知らないと、藻が生えているように見えて汚らしいですね。

ステップのヒビ割れは
ステップのヒビ割れは細く長く続いています。
また、少し浮いているようにも感じます。

側面のクラック
側面のクラックは意外と大きくなっていました。
1番上を除くステップは、ベースのコンクリートに化粧モルタルを塗っただけのものです。
化粧モルタルだけでは劣化しやすいため、表面を塗装するか、定期的な補修が必要です。
今思えば、新築時に塗っておけばよかったと思います。

ニッペ ガッツ モルタルNo.1
補修にはニッペの「ガッツ モルタルNo.1」を使いました。
コンクリート・モルタル用の水性フッ素系着色吸水防止剤です。
0.5kgで、約2m2の範囲を塗ることができます。
色はライトグレーにしました。
7年から10年くらいで塗り替えるそうです。
なお、床面には適していないのですが、我が家は勝手口を滅多に使わないので、これにしました。

コンクリート塗装後の勝手口
表面を軽く紙やすりで削ってから、適当に刷毛で塗りました。
ほぼ1度塗りで、塗りムラやヒビ割れや穴を埋めるところだけ2~3度塗ってギリギリです。
側面だけなら0.5kgで十分ですが、踏面も塗ると余裕がありません。

塗装後のステップ
このような作業は初めてで、マスキングもしませんでしたが、塗料の粘度が絶妙で、綺麗に塗れました。

塗装後のクラック
塗装後、大きいクラックはこのような感じになります。
穴の中にも塗料が入っているので、これでよしとします。

細かいクラック
細かいクラックも何度塗りつぶしても、少しだけスジが出てきます。
これも塗料が染み込んでいるので、良しとしました。

1番上のステップ
1番上のステップは最初から穴が多数開いていました。
これでもマシになった方です。

(勝手口が写っている過去の記事)
2008/07/05: 免震の基礎が完成
2008/07/14: 明日から上棟
2008/09/27: 現場チェック
2008/11/15: 外構工事と猫
2010/02/28: 免震住宅の問題
2013/12/09: 屋外コンセントからの配線を修正






→このnoahnoah研究所のブログ内をGoogleで検索する
→ノアML(noahnoah)に行く
→noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→伊藤@横浜へメールを送る
→noahnoah研究所に戻る

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へにほんブログ村 車ブログ トヨタへ






Last updated  2013/12/23 03:58:50 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.