000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

noahnoah研究所

2016/02/04
XML
カテゴリ:家作り
一条工務店 洗面化粧台 間取り
我が家の2.5帖の洗面所には、一条工務店オリジナル洗面化粧台DS3-W333が設置されています。
一番大きな洗面台左右に収納がある組み合わせです。
i-クオリティシリーズのマホガニーダークという家具塗装無垢タイプですが、現在では選べないと聞きました。

洗面化粧台の右端
昨日、洗面化粧台に向かって右側の収納から何か黒いものがはみ出ていたので、注意を向けたところ、壁際に隙間があるのを見つけました。
(右側の収納は女性陣のテリトリーなので、はみ出ていた「黒いもの」の正体は確認していません)

白いスペーサーと壁との間に2~3mmの隙間がある
最初は経年劣化で壁紙が縮んだときにできる継ぎ目の隙間をふさぐコーキングが劣化したのかと思いました。
しかし、隙間から見えるはずの角は見えず、かなり深い隙間です。

この隙間がどこまで続いているのか分かりません。
また、隙間でカビが発生したり、虫などが繁殖すると嫌ですね。

壁とスペーサーの隙間を測定
調べると、洗面化粧台と壁は14mmほど離れており、洗面台と壁との間には白いスペーサーがあります。
ただし、そのスペーサーと壁は2~3mmくらい離れていました。
つまり、スペーサーの幅が不十分で、隙間が空いていたところを壁紙用のコーキング材で隠していたただけのようです。
それがコーキング材の経年劣化により、露呈してしまったわけです。
このような施工が一般的なのでしょうか?

右側の天井付近
右側の天井付近を見ると、スペーサーの上の方は右側の壁にくっついているように見えます。

さらにその上は壁紙の継ぎ目になっており、コーキングが劣化したときの隙間が見えます。
こちらは壁紙用のコーキング材で簡単に補修できます。

洗面化粧台左側の壁際は同色のスペーサーで丁寧にふさがれている
一方、洗面化粧台左側の壁際を見ると、洗面化粧台と同色のスペーサーで比較的丁寧にふさがれています。
こちらのスペーサーは白い角材ではなく、ちゃんと木目も見えますので、同じ材質かもしれません。

20mm以上の隙間が比較的綺麗に処理されている
20mm以上の隙間が比較的綺麗に処理されていることがわかります。

左側の隙間は、バスルーム用のスイッチ群の近くにある
洗面化粧台の左側のスペーサーは、バスルーム用のスイッチ群の近くにあるので、隙間などができれば、すぐに気付きます。
7年経っても変化がないので、左側のスペーサーは問題ないのでしょう。

とりあえず、この件は一条工務店のアフターサービスに連絡しましたが、まだどのような対応になるのかわかりません。
ちなみに、アフターサービスは24時間受付なので、時間に余裕のある夜中に連絡することが多いです。
いつも丁寧に対応してもらえますが、妻からはブラックリストに載っているクレーマーだからではないかと言われます。




→ このnoahnoah研究所のブログ内をGoogleで検索する
→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜へメールを送る
noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
※このnoahnoah研究所のブログ(http://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/)へのコメント書き込みは、楽天ブログへのログインが必要です。
※出典元を示していただければ、私に事前許可を得ることなく、画像および文章を引用していただいても構いません。


noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]


PVアクセスランキング にほんブログ村












Last updated  2016/02/27 10:41:57 PM
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.