000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

noahnoah研究所

2018.04.28
XML
カテゴリ:旅行・観光
あしかがフラワーパーク 大藤 夕方

昨日、早めに休暇を取り、妻と「あしかがフラワーパーク」に行ってきました。
(妻は埼玉出身でしたが、場所を知らなかったそう)
15時ごろが一番空く時間帯とのことでしたので、14時過ぎに入って19時頃までいました。

昼の部(7:00~17:30)と夜の部(17:30~21:00)があり、17時ごろからライトアップされます。
昼と夜のほか、夕方のライトアップ直後は、藤の花の印象が大きく変わります。
藤以外の花もきれいですので、明るい時間帯から入った方がおすすめです。
(この期間は入れ替え制ではないので、朝から夜までいられます)

ちなみに、夜の部は300円だけ入場料が安くなります。
また、パークの窓口よりも、セブンイレブンなどで前売り券を買う方が安いです。
(価格は花の状況に応じて変動制で、昨日、4/27は大人1,600円でした)
駐車場は無料です。

夕方以降は蚊がでますので、蚊よけやかゆみ止めの薬があるといいかもしれません。
椅子に座って休憩していたところ、私の両隣の人は蚊に刺されてましたので。

あしかがフラワーパーク
昼の「大藤」です。

あしかがフラワーパーク 大藤 夕方
夕方、ライトアップ直後の「大藤」です。
花部分だけでなく、枝や葉も見えます。

あしかがフラワーパーク
夜の「大藤」です。
ほぼ花の部分しか見えません。

あしかがフラワーパーク
2つの「大藤」が重なっているエリアです。

あしかがフラワーパーク
ライトアップ直後の「大藤」エリアです。

あしかがフラワーパーク 夜の大藤
夜の「大藤」エリアは、長く垂れ下がった紫色の光の筋が、映画「アバター」の世界みたいです。
かなり照明の灯色が花の色に反映されているように見えますが、演色性は不明です。
色温度が低いだけで、意外と演色性は高いのかもしれません。

あしかがフラワーパーク
昼の「うす紅の棚」です。
棚下は休憩場所になっています。

あしかがフラワーパーク うす紅の棚
夜の「うす紅の棚」です。

あしかがフラワーパーク
昼の「うす紅橋」です。

あしかがフラワーパーク
夕方、ライトアップ直後の「うす紅橋」です。

あしかがフラワーパーク
ライトアップされると、桜色の藤だということがわかりやすいです。

あしかがフラワーパーク
「うす紅橋」を「八重藤」側から撮影すると、こんな感じです。

あしかがフラワーパーク
やはり、斜めから撮る方が「橋」感が出ます。

あしかがフラワーパーク
夜の「うす紅橋」は、とても混みます。
暗いと橋の欄干が目立たなくなるので、橋上にいる感じはありませんね。
うす紅の藤の花も青白く写ってしまいます。

あしかがフラワーパーク
「うす紅橋」の前で記念撮影する場合、通路やスペースの関係で、正面ゲート側よりも西ゲート側からの方が楽でした。

あしかがフラワーパーク
曇天時の「白藤の滝」です。
あまりぱっとしませんね。

あしかがフラワーパーク 白藤の滝
夕方の「白藤の滝」です。
少し暗い方が湖面に写り込んだ白藤がよく見えます。

あしかがフラワーパーク
夜の「白藤の滝」です。

あしかがフラワーパーク
西ゲート付近です。
「大長藤」の棚があります。

あしかがフラワーパーク
昼の「大長藤」です。
「大藤」に比べると、大きく長い印象はありません。

あしかがフラワーパーク
ライトアップ直後の「大長藤」です。

あしかがフラワーパーク
西ゲートで売っていた名物の「藤ソフト」400円です。
藤の花の香りがするような気がします。
(味は牛乳で、水分が多く、中央に大きな空洞ができてました)

あしかがフラワーパーク
「八重藤」です。

あしかがフラワーパーク
「八重藤」の花は、枝が見える時間帯ではブドウの房のように見えます。
夜にライトアップされた状態では、ブドウのようには見えなくなります。

あしかがフラワーパーク
ライトアップされた「八重藤」です。

あしかがフラワーパーク
昼の「藤のドーム」は、あまり見栄えがしません。
(にもかかわらず、土足で長椅子に乗って撮影している某国の人もいましたが)

あしかがフラワーパーク
夜の「藤のドーム」は、こんな感じです。
別の場所に、もっと大きい藤のドームを作っている途中みたいですね。

あしかがフラワーパーク
「白藤のトンネル」です。
明るい時間帯はこんな感じに写ります。

あしかがフラワーパーク
日没前、ライトアップ直後の「白藤のトンネル」です。
まだ、空が明るいので、トンネルの天井一面が白くなります。

あしかがフラワーパーク
日没後の「白藤のトンネル」です。
空が暗い分、陰影ができるので、白藤が浮き上がって見えます。

あしかがフラワーパーク
「きばな藤のトンネル」です。
数か所ありますが、開花が一番遅い品種らしく、つぼみの状態の花もありました。
ライトアップされると、黄色の花は葉の緑色と混ざってしまうので、あまり目立ちませんね。

あしかがフラワーパーク
藤の花にはクマバチがつきものです。
パーク内のクマバチも蜜の採集に大忙しです。
クマバチは比較的安全な蜂ですので、無駄に怖がって叩いたりしないようにしましょう。
両者は共生関係にありますので、藤の花が楽しめるのもクマバチのおかげかもしれません。



[Googleでnoahnoah研究所のブログ内を検索]

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

noahnoah研究所のブログ(https://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/)に掲載した画像および文章の盗用はおやめください。

(出典元さえ示していただければ、私に事前許可を得ることなく、使用していただいても構いません)


→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜のROOMへ行く
→ 伊藤@横浜へメールを送る

noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]


PVアクセスランキング にほんブログ村












Last updated  2018.04.28 18:27:52
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.