4543741 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

noahnoah研究所

2018.09.15
XML
カテゴリ:家作り

一条工務店が設置した役立たずのMAX社製給気口をPanasonicの自然給気口「FY-DRV062」に交換してみました。

(関連記事:役立たずのマックス社の差圧ダンパ式自然給気口を改良

給気口の取付穴が壁際ギリギリだったため、配管を追加して向きを90度変えてから取り付けています。
とりあえず、現在は仮固定の状態で、配管などを突っ張り棒で支えています。
しばらく使って問題ないようなら、配管部の結露防止のためにも、断熱して隠ぺいするつもりです。


少しだけキッチンの換気扇に給気口が近くなりました。


また、給気口が手前に移動したことにより、シャッター切り替えスイッチが操作しやすくなりました。
給気口の下は、ゴミ箱を置くスペースなので、最初からこの位置が正解だったと思います。


シャッター切り替えスイッチは、左から順に「全閉」、「開」、「全開」です。
通常は中央の「開」にして、換気扇使用時に内外気圧差で自動的にシャッターが開くようにします。
換気扇を使用しない時、強風などで勝手にシャッターが開くのを防止する場合は、左の「全閉」にします。
換気扇使用時に給気量を増やしたい場合は、右の「全開」にします。


Panasonic自然給気口「FY-DRV062」の抵抗損失曲線です。
「静圧」は、換気扇の換気量に比例して増えます。
静圧が10Paのとき、「全開」で1時間あたり50m3の外気が給気口から入ります。
「開」の位置では、10m3くらいですが、静圧が高くなるにつれて差が縮まります。


一方、MAX社「VGK150SDF」の圧力損失曲線は、上図の通りです。
静圧10Paの風量は「0」ですので、シャッターをロックしていなくても自動的に開かないことが判ります。
静圧が30Paぐらいにならないと、50m3の風量が得られません。


「FY-DRV062」にティッシュを付け、シャッターを「全閉」にした状態でレンジフード換気扇を「強」運転してみました。
ご覧の通り、ピクリとも動きませんでした。


次にシャッタースイッチを「全開」に切り替えると、大量の給気でティッシュが真横になりました。


スイッチを「開」にすると、やはり「全開」よりも少ない給気量が確認できました。
抵抗損失曲線通りの動作をしているようです。

キッチンの給気口は換気扇と連動する電動シャッターにするのがベストです。
ただし、少なくとも、役に立たない「VGK150SDF」より、「FY-DRV062」をおすすめします。
価格も後者の方が安いみたいですし。












(お知らせ)
noahnoah研究所は、2016年2月から "http://ito.o.oo7.jp/nnl/" に引っ越しています。
従来のサイト "http://homepage3.nifty.com/nnl/" や "http://freett.com/nnl/" にはアクセスできません。
お手数ですが、ブックマーク先は "http://ito.o.oo7.jp/nnl/" に変更してください。

[Googleでnoahnoah研究所のブログ内を検索]

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

noahnoah研究所のブログ(https://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/)に掲載した画像および文章の盗用はおやめください。

(出典元さえ示していただければ、私に事前許可を得ることなく、使用していただいても構いません)


→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜のROOMへ行く
→ 伊藤@横浜へメールを送る

noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]


PVアクセスランキング にほんブログ村












Last updated  2018.09.17 18:13:29
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.