5213007 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

noahnoah研究所

2018.12.17
XML
テーマ:DIY (950)
カテゴリ:家作り
約10年前、一条工務店が長府製作所のエアコン付き床暖房を我が家に設置しました。


室外機から配管される床暖房用温水管は、背面で分岐して屋外に露出していました。
(一条工務店の最新仕様では、屋内で温水管を分岐しているようです)


温水が通る架橋ポリエチレン管は、合成樹脂製可とう電線管(PF管)と思われるものに通されていました。
温水管を通る赤い不凍液が透けて見えるほど薄い単層のPF管です。
屋外に使う場合、通常は高耐候タイプのPF複層管を使うはずです。

私は以下の点で問題があると考えました。
(1)紫外線に弱いはずの架橋ポリエチレン管の根元が隠ぺいされておらず、露出している。
(2)金属の固定バンドが錆びている。
(3)ヘッダ部分のバルブを兼ねている金属部品が露出しており、錆びや保温性が心配。
(4)安い単層のPF管(PFS)を使用しており、耐候性や保温性に乏しい。

家の引渡し前に、それらの問題を訴えた結果、一条工務店は以下の対応でした。
(1)架橋ポリエチレン管を保護しないのが標準仕様と説明され、何もしてくれなかった。
(2)錆びた金属の固定バンドは交換されました。
(3)ヘッダ部分のバルブを保護しないのが標準仕様と説明され、何もしてくれなかった。
(4)PF管が保温材を兼ねていると説明され、何もしてくれなかった。

ちなみに、架橋ポリエチレン管を日光(紫外線)から保護しないと、経年劣化で白く硬く脆くなります。
そうなると、少しの力でヒビが入ったり折れますので、漏水の原因となります。
エコキュート用室外機(ヒートポンプユニット)に使われる架橋ポリエチレン管も同じです。
もし、架橋ポリエチレン管が露出配管されていたら、それは手抜き工事です。

一条工務店で床暖房やエコキュートを設置した方は、一度確認されることをおすすめします。
架橋ポリエチレン管が白化し、PF管がボロボロになっていたら、いつ漏れてもおかしくありません。


仕方ないので、家の引き渡し後の2009年に自分で対応しました。
具体的には、断熱性のあるフィルムでそれらを覆って耐候性や保温性を高くしました。


2014年にはフィルムを保護するため、エアコン配管断熱材を保護するテープを巻きました。


しかし、このときテープで保護し忘れた部分があったようです。


最近、テープを巻き忘れた部分の断熱フィルムがボロボロに劣化していることに気付きました。


いつから穴が開いていたのか不明ですが、テープで巻いていなかったら、他の部分もこうなっていたのでしょう。


ひとまず、少しは断熱性があると思われる緩衝材(プチプチ)を貼って補修しました。


プチプチをかぶせた配管をテープで固めて応急処置は終わりです。
そのうち、綺麗にやりなおしたいと思います。

(関連記事)
床暖房の温水管を保護

床暖房の温水管を保温

床暖房でグッドデザイン賞




(お知らせ)
noahnoah研究所は、2016年2月から "http://ito.o.oo7.jp/nnl/" に引っ越しています。
従来のサイト "http://homepage3.nifty.com/nnl/" や "http://freett.com/nnl/" にはアクセスできません。
お手数ですが、ブックマーク先は "http://ito.o.oo7.jp/nnl/" に変更してください。

[Googleでnoahnoah研究所のブログ内を検索]

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

noahnoah研究所のブログ(https://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/)に掲載した画像および文章の盗用はおやめください。

(出典元さえ示していただければ、私に事前許可を得ることなく、使用していただいても構いません)


→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜へメールを送る
→ 伊藤@横浜のROOMへ行く

noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]


PVアクセスランキング にほんブログ村












Last updated  2018.12.17 01:13:21
コメント(0) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.