5201161 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

noahnoah研究所

2019.05.12
XML
カテゴリ:

ヤマハの原付バイクGEAR(BX50S)のスタータースイッチが接触不良になったので、修理することにしました。


スタータースイッチ下部ある2つの水抜き穴のうち、手前の穴に潤滑油(KURE5-56)を吹き込むだけで直りました。
昔から一般的に使われる潤滑油のKURE5-56は、錆を落として接点を復活させる効果もあります。
ただ、防錆という点ではグリスの方が長持ちしますので、接点が復活したら、グリスを入れる方がいいですね。


なぜスタータースイッチが接触不良になったのか、気になるので、分解して調べることにしました。
六角棒レンチを使って、2本のボルトを緩めるだけで、スイッチ上部のカバーがミラーごと外せます。


上部を外すと、内部にクモの巣があることが確認できました。
下の水抜き穴からクモが入って巣を作ったのでしょう。
スイッチが接触不良になった原因の一つかもしれません。


水抜き穴のすぐ上にスタータースイッチのバネがあります。
また、バネの中心にスイッチの接点があります。


潤滑油だけで接触不良が解消しない場合は、バネの隙間から見える接点を直接研磨します。
100円ショップでも手に入る細く薄いヤスリや精密ドライバーなどを使えば、これ以上分解しなくても研磨可能です。
接点を研磨したら、グリスを塗って防錆しておきます。
ちなみに、グリスは結構クサイので、屋外で使う場合でも、無香性があれば無香性の方がおススメです。






(お知らせ)
noahnoah研究所は、2016年2月から "http://ito.o.oo7.jp/nnl/" に引っ越しています。
従来のサイト "http://homepage3.nifty.com/nnl/" や "http://freett.com/nnl/" にはアクセスできません。
お手数ですが、ブックマーク先は "http://ito.o.oo7.jp/nnl/" に変更してください。

[Googleでnoahnoah研究所のブログ内を検索]

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

noahnoah研究所のブログ(https://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/)に掲載した画像および文章の盗用はおやめください。
出典元「noahnoah研究所」を示していただければ、事前許可を得ることなく使用しても構いません(事後報告があれば嬉しい程度)


→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜へ直接メールを送る
→ 伊藤@横浜のROOMへ行く

noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]











Last updated  2019.05.12 21:05:19
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.