6951840 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

noahnoah研究所

2020.10.23
XML
カテゴリ:家作り

1階トイレの中にある手洗いの水栓を交換しました。
カクダイの立形スワン水栓「700-808-13」です。
定価で税抜11,800円のものです。
仕様はパイプ795-200、パイプ先端は791-411整流器付き、二条ネジスピンドル 固定コマ 792-806(時計回り止水)です。
レバーはセラミックで、おそらく KAKUDAIセラミックレバー793-616と同じものです。


元々付いていた水栓は、KVK台付1穴シングルレバーのパーティーシンク用水栓「K331NC」でした。
定価は税抜き18,200円もします。
12年ほど使っているのですが、強めに栓を閉めないと水がポタポタと垂れるようになりました。
水栓内部のコマを交換しようと思い分解したら、パッキンだけ簡単に交換できないカートリッジ式だったので諦めました。


洗面カウンターの中にある止水栓を閉めてから配管を外して交換しています。
道具は25cmのモンキーレンチだけでした。


左がKVK「K331NC」、右がKAKUDAI「700-808-13」です。


取り付けてから、KAKUDAI「700-808-13」のハンドル角度を調整します。
ハンドルを時計回りに上に向けると止水し、反時計回りに90度倒して水平にすると全開という仕様です。


水を止める時のレバー角度をシンク側に傾けました。
こうすることで濡れた手でレバーを上げた時にシンク外に水滴が落ちるのを防ぐことができます。


全開のときはレバーが水平よりも下に倒れます。
レバーを全開位置にしなくても十分な水量が出るように止水栓を調整しておきます。

(関連記事)
トイレの手洗いカウンター

水栓のハンドル位置やレバー角度を調整

DIYでキッチンの水栓を取り替える

ビルトイン浄水器が水漏れしたので元止め水栓に交換






[このnoahnoah研究所のブログ記事をGoogleで検索]

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜へ直接メールを送る
→ 伊藤@横浜のROOMへ行く

noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]











Last updated  2020.10.23 00:29:00
コメント(0) | コメントを書く
[家作り] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.