7353452 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

noahnoah研究所

2020.12.26
XML
テーマ:DIY (1703)
カテゴリ:家作り

先日、トイレ内手洗の水栓をKAKUDAIの立形スワン水栓700-808-13に変更したのですが、1点だけ不満な点がありました。
パイプ先端(791-411)が整流タイプで、泡沫タイプではないことです。
整流器の吐水は透明で綺麗かもしれませんが、泡沫器を通した気泡を含む水に比べれば、洗浄力が落ちます。
整流された水の多くは、全く手の表面に触れることなく、排水口に流れてしまいますので、水の無駄です。
気泡を含む水は、気体と液体の界面が繰り返し通過することによって、少ない水量でも効率よく洗浄することができます。
節水にもなり、同じ水圧でも使用水量は半分くらいになります。


そこで、パイプ先端(791-411)の整流器を泡沫器に変更して、泡沫タイプにしました。
洗浄能力がアップした分だけ、ウイルス感染の確率も減らせると思います。
ちなみに、ごく短時間でも2度ハンドソープを使って洗う方が、同じ時間をかけて1回洗うよりもウイルスを減らせます。


整流器を泡沫器に変更するために、KAKUDAIの泡沫金具796-101を入手しました。
中身の泡沫内芯796-100だけでもよかったのですが、価格がほとんど変わらないためです。
また、791-411のネジが「M16x1.0」に対し、796-101は「G3/8」で、ほぼ同じなので、そのまま使えるかもしれないと思ったからです。


左が泡沫金具796-101、右が整流器791-411です。
外観は同じで、内部パーツの色が異なるだけのように見えます。
実際、そのまま交換できたのですが、若干ネジが緩い感じになるのと、796-101の方が外径がわずかに大きいようです。
パッキンは同じでした。


そこで、791-411の整流器を外し、代わりに泡沫金具796-101の泡沫内芯(796-100)を入れました。
ピッタリと入れることができたので、規格化されているのでしょう。
まとめると、KAKUDAIの水栓700-808-13を泡沫タイプに変更するには、先端の整流器を泡沫内芯796-100に入れ替えればOKでした。

(関連記事)手洗の水栓を交換





[このnoahnoah研究所のブログ記事をGoogleで検索]

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜へ直接メールを送る
→ 伊藤@横浜のROOMへ行く

noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]











Last updated  2020.12.26 01:55:02
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.