8415232 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

noahnoah研究所

2021.08.17
XML
カテゴリ:家電

OHM(オーム電機)の雷ガード&個別押しボタンスイッチ付き 節電タップ 6個口「HS-K1150W」です。
リモートワークで接続する機器をまとめるため、適当に購入したものです。


簡易的な雷サージ軽減素子が内蔵されているタイプです。
雷マークは常に点灯しており、一般的な仕様であれば、落雷で雷サージ軽減素子が壊れた時は消灯するはずです。


個別に電源を入り切りできる押しボタンタイプのスイッチが付いていますが、いくつか問題があります。
一つ目は可動範囲が狭いことです。
スイッチを入れるためにボタンを押し込んでも半分くらい戻りますので、ご覧の通り、差がわずかしかありません。
これなら、一般的なシーソースイッチの方がわかりやすいです。


さらに、このタップを壁付けすると、新たな問題が露呈します。
タップ背面には壁面取り付け用のフック穴がありますが、この穴の向きだと壁面に取り付けたときにスイッチの位置が上側になります。


その場合、ボタン表示が上下逆になるため、ボタン部品の金型設計をミスしたことがわかります。
上下逆になっていることは、コンセント右側(長い方)の差込口が「N」になっていることからも明らかです。
コンセントは「N」を左側にしないといけません。
検電ペンで調べたところ、やはり左側(短い方)がホットになってましたので、配線は正しいようです。

電源を入れるためボタンを押し込んで指を離すと、半分くらい戻るのですが、その勢いで「切」の位置まで戻ります。
ボタンを押し込んだ指をゆっくり離しても、指にボタンが貼り付いてくるので、やはり「切」の位置まで戻ります。
そのため、スイッチをONにした後、爪の先で軽くボタンを押し込んでやらないと、ONかOFFなのかわからなくなります。
これは、スイッチとボタンが接合されていないために発生する不具合ですので、設計か製造のミスです。

壁付け用のネジも付属していないので、そもそも壁付けでの使用は想定していないのでしょう。
ネジ穴が小さいので、細いネジしか使えず、アンカーを使わないとコンセントを抜くときネジごと抜けて壁に穴が開くおそれもあります。


ホコリの侵入や子供のいたずらを防ぐシャッター付きコンセントですが、粗悪な作りなので、プラグ刃がスムーズに差し込めません。
真っ直ぐ差し込んでも必ず途中で止まってしまい、指が痛くなるくらい強く押し込まないと奥まで差し込めません。
プラグを抜くときにも、かなり指に力をいれないといけません。
ボタンのバネも無駄に強いので、頻繁にON/OFFする場合は負担になります。
2012年9月から売られている製品のようですが、これでリコールしないのが不思議です。
MADE IN CHINAでした。

なお、コンセントの間隔は、35mmと45mmです。



[https://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/内をGoogleで検索]

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜へ直接メールを送る
→ 伊藤@横浜のROOMへ行く

noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]











Last updated  2021.08.17 00:00:08
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.