5146640 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

noahnoah研究所

全645件 (645件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 65 >

家作り

2019.02.25
XML
カテゴリ:家作り
MAX社の熱交換型換気扇ES-U06S1
10年目に壊れたMAX社の熱交換型換気扇ES-U06S1を分解しました。
部品取りと故障原因調査、分別リサイクルのためです。
通常、故障した換気扇は作業員が持ち帰って廃棄します。
修理依頼時の電話で、故障した換気扇を持ち帰らないようにお願いしていました。


まず、前面カバーやフィルター一式を取り外しました。
とくに熱交換素子は最近交換したばかりでしたから、捨てるのはもったいないです。

これまでは、清掃前にシャッターを閉じていましたが、その必要がなくなりました。
一式分の余裕ができることで、一瞬でフィルター交換が済むからです。


熱交換型換気扇本体の背面や側面には、結露防止用と思われる薄いスポンジが貼り付けられています。


電源端子は一般的な差し込み式です。
交換作業は10分ほどで終わったらしいのですが、ブレーカーを落とさずに作業していたと聞きます。


意外と汚れていた給気側です。
給気口と排気口が近いため、屋外に排出したホコリを再度吸い込みやすいのかもしれません。
屋外側からのホコリや花粉を取り除くOAフィルターがありますので、それでも問題ないのでしょう。


こちらは意外と綺麗な排気側です。
室内側からのホコリの多くはRAフィルターと熱交換素子に引っかかっているはずです。
結露水を外に排出するトレイの樋が排気口に飛び出しています。


換気扇内のネジを外し、配線をニッパでカットして分解します。
ネジは紛失しやすいので、予備として保管しておきます。


ヒューズもケースごと外して取っておきます。
このヒューズを固定しているネジも保管します。


2Aの管ヒューズが入っています。


部品を取り去ると、中はこんな感じです。
配線などをカットしなくても、ここまで部品を外すことができれば、楽に掃除できるのですが。


給気側の白いシロッコファンです。


給気側のファンを外しました。
ファンは簡単には外れないため、簡単に外せる設計にすべきだと思います。


ファンモーターの軸付近にホコリがこびりついており、少し錆びていました。
おそらく、モーターが回転しなくなった原因はコレなのだと思います。
防塵・防湿設計ができないのでしょうね。
取扱説明書には、外気温が-5℃以下のとき、結露防止のため、運転を停止してシャッターを閉じるよう指示されています。
また、台風や吹雪などで風雨や雪が強く、霧のときも同様に運転を止めてシャッターを閉じると書かれていました。


次に、室内側(排気側)の黒いシロッコファンを外してみました。


こちらもモーターの軸付近に大量のホコリが付着していました。
モーターには、「SF-100-2-2E」と印刷されていましたが、メーカー等は不明です。


(関連記事)一条工務店標準のMAX熱交換型換気扇ES-U06S1が故障

故障した熱交換型換気扇が交換される




(お知らせ)
noahnoah研究所は、2016年2月から "http://ito.o.oo7.jp/nnl/" に引っ越しています。
従来のサイト "http://homepage3.nifty.com/nnl/" や "http://freett.com/nnl/" にはアクセスできません。
お手数ですが、ブックマーク先は "http://ito.o.oo7.jp/nnl/" に変更してください。

[Googleでnoahnoah研究所のブログ内を検索]

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

noahnoah研究所のブログ(https://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/)に掲載した画像および文章の盗用はおやめください。
なお、出典元「noahnoah研究所」を示していただければ、事前許可を得ることなく、使用していただいても構いません(事後報告があれば嬉しい)


→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜へ直接メールを送る
→ 伊藤@横浜のROOMへ行く

noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]















Last updated  2019.02.25 12:19:24
コメント(0) | コメントを書く
2019.02.17
カテゴリ:家作り

昨年の電球交換時に錆びが発生していた浴室ダウンライトカバー枠を錆止め処理することにしました。

(関連記事)浴室用ダウンライトの電球を全交換


錆止めに使ったのは、10年以上前に車の補修で使い余っていた、ホルツのサビチェンジャーです。


錆びにサビチェンジャーを塗ります。
成分は不明ですが、赤さびを黒い錆に替えてくれます。


サビチェンジャー塗装1時間後、まだ濡れているように見えますが、固まっています。

一条工務店のダウンライトは浴室用なのに鉄製で、塗装も10年もたないのは不思議です。
たとえば、防湿型・防雨型埋込穴φ150タイプで、パナソニックのLGW71762LEはアルミダイカスト枠です。
また、高気密SB形ですので、上に断熱材をかぶせても問題なしです。

(関連記事)
浴室のランプ寿命が短いので調べてみると照明器具の上に断熱材が施工されていた
電気火災をジョイントボックスで防止








(お知らせ)
noahnoah研究所は、2016年2月から "http://ito.o.oo7.jp/nnl/" に引っ越しています。
従来のサイト "http://homepage3.nifty.com/nnl/" や "http://freett.com/nnl/" にはアクセスできません。
お手数ですが、ブックマーク先は "http://ito.o.oo7.jp/nnl/" に変更してください。

[Googleでnoahnoah研究所のブログ内を検索]

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

noahnoah研究所のブログ(https://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/)に掲載した画像および文章の盗用はおやめください。
なお、出典元「noahnoah研究所」を示していただければ、事前許可を得ることなく、使用していただいても構いません(事後報告があれば嬉しい)


→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜へ直接メールを送る
→ 伊藤@横浜のROOMへ行く

noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]















Last updated  2019.02.17 18:28:19
コメント(0) | コメントを書く
2019.02.12
カテゴリ:家作り
(関連記事)一条工務店標準のMAX熱交換型換気扇ES-U06S1が故障


築10年目で故障したMAX社の熱交換型換気扇ES-U06S1が交換されました。
新品ですので、さすがにきれいです。
同じ仕様で最新型のES-U10D1に交換するのかと思ったら、10年前と同じ型番のES-U06S1でした。
まだ生産していたんですね。


カバーの右下に、これまで貼られていなかったシールがあることに気付きました。
設計上の標準使用期限を超えて使用すると、経年劣化による発火・けが等の事故に至るおそれがあるそうです。
「製造年」は本体、「設計上の標準使用期間」は本体と取扱説明書に記載されているとも書かれています。


カバーを外すと、本体左上にシールが貼られていました。


製造年は2019年、設計上の標準使用期間は10年でした。
取扱説明書には、標準使用条件として、24時間連続換気のものは年8760時間と書かれていました。
8760時間=365日です。

我が家には、今回交換されたものも含め、8台のES-U06S1が設置されています。
標準使用期間10年を超えている7台のES-U06S1は、いつ発火してもおかしくない状態です。


今回交換された2019年製造のES-U06S1は、銘板の印刷レベルが劣化しています。
PSEマークが途切れていたり、MAX社のロゴは読み取るのが困難なくらいノイジーです。
まるでコピーでも繰り返したような印刷劣化具合です。


有償修理金額は18,414円でした。
明細書はありませんでしたが、本体は1万円ちょっと、あとは出張工賃のはずです。
8台交換する場合、147,312円になるのでしょうか。

2週間以内に振込用紙が送られてくる予定らしく、5日ほど経ってますが届いてません。
株式会社ネットプロテクションズが提供するNP後払いサービスを利用するようです。


ES-U06S1の梱包箱は、他の熱交換型換気扇と共用らしく、すべての商品名と品番が書かれていました。
それによると、ES-U06S1は商品名で、品番はJE96002だったようです。
故障して取り外されたES-U06S1も調べましたが、生産国は不明でした。

ES-U06S1の取扱説明書は、ES-U06S1/B、ES-U08S1、ES-U08S1/Bと兼用でした。
温度交換効率はES-U06S1を50Hz地域で弱運転したときの67%が最高値です。



(お知らせ)
noahnoah研究所は、2016年2月から "http://ito.o.oo7.jp/nnl/" に引っ越しています。
従来のサイト "http://homepage3.nifty.com/nnl/" や "http://freett.com/nnl/" にはアクセスできません。
お手数ですが、ブックマーク先は "http://ito.o.oo7.jp/nnl/" に変更してください。

[Googleでnoahnoah研究所のブログ内を検索]

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

noahnoah研究所のブログ(https://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/)に掲載した画像および文章の盗用はおやめください。
なお、出典元「noahnoah研究所」を示していただければ、事前許可を得ることなく、使用していただいても構いません(事後報告があれば嬉しい)


→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜へ直接メールを送る
→ 伊藤@横浜のROOMへ行く

noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]















Last updated  2019.02.12 00:19:12
コメント(2) | コメントを書く
2019.02.09
カテゴリ:家作り

横浜に雪が降りました。
17時の時点では道路上に積雪はありませんが、しっかりムベの生垣に積もっています。


予報されていたので、エアコン兼床暖房の室外機には、いつも通りブルーシートの雪よけをしていました。
今回も着雪をしっかり防いでくれています。
すべての室外機は家の免震用架台に載っているため、それなりに雪が積もっても、下部がふさがれることはありません。


雪よけは、1.8mの園芸ポール3本を鳥居のように組み、2帖のブルーシートかけただけのものです。
それぞれ布のガムテープで固定するだけですので、5分くらいで作れます。
この雪よけを家の壁や室外機に固定するのにもガムテープを使っています。

雪よけをしないと、霜取り運転が頻発し、暖房しなくなる上に、無駄に電気代がかかります。
まあ、雪が降らなくても、それなりの頻度で霜取り運転が発生しているのですが。


車にも積もっています。
一応、タイヤチェーンはあるものの、雪の日には車に乗らない主義です。
チェーンを携行しない走行不能車による渋滞に巻き込まれたり、もらい事故が怖いですから。

(関連記事)室外機の雪対策



(お知らせ)
noahnoah研究所は、2016年2月から "http://ito.o.oo7.jp/nnl/" に引っ越しています。
従来のサイト "http://homepage3.nifty.com/nnl/" や "http://freett.com/nnl/" にはアクセスできません。
お手数ですが、ブックマーク先は "http://ito.o.oo7.jp/nnl/" に変更してください。

[Googleでnoahnoah研究所のブログ内を検索]

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

noahnoah研究所のブログ(https://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/)に掲載した画像および文章の盗用はおやめください。
なお、出典元「noahnoah研究所」を示していただければ、事前許可を得ることなく、使用していただいても構いません(事後報告があれば嬉しい)


→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜へ直接メールを送る
→ 伊藤@横浜のROOMへ行く

noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]














Last updated  2019.02.09 17:33:25
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.28
カテゴリ:家作り

一条工務店標準の熱交換型換気扇ES-U06S1が故障しました。
ES-U06S1は羽根に付着するホコリの掃除ができない換気扇でおなじみのMAX社製です。
いつから止まっていたのかわかりませんが、使い始めて10年で壊れました。
通常の「弱」運転時に羽根の回転が止まってしまうという症状でした。
「強」運転にすると、ゆっくり回転するので、完全に壊れているわけでもなさそうです。
羽根の軸部分が熱くなっていました。


ちなみに、壊れたのは、リビングの続き部屋(4畳半の猫部屋)にある換気扇でした。
猫トイレと給気口をダクトで直結していた換気扇です(ダクトを固定していたテープの跡が汚い)。
(関連記事)猫のトイレに換気扇をつける

ただ、定期的にダクトを外して、シロッコファンに大量のホコリが付着していないかチェックしていました。
猫部屋の換気扇は、蛇腹状のダクト内壁がフィルター代わりになるのか、ホコリがあまり付着しません。
人がいるリビングや寝室にある換気扇は、比較的短い期間で羽根にホコリが付着します。


シロッコファンに大量のホコリが付着していたら、さらにネジ4本を外し、ユニットを引き出して掃除しています。
(関連記事)24時間換気扇の掃除

取扱説明書などには書かれていないものの、これ以外に羽根を掃除する方法がありません。
そんなわけで、ちゃんと掃除していたのにもかかわらず、故障して止まってしまいました。

一条工務店のアフターサポートに連絡すると、MAX社から電話がかかってきました。
ちゃんと掃除しているのに止まってしまった場合は、やはり交換するしかないとのことです。
交換修理費用については、換気扇本体が1万円ちょっと、工賃含めて1万8千円ぐらいの金額でした。
修理業者の工事が混んでいるらしく、連絡してから2週間後に修理することが決まりました。


壊れた熱交換型換気扇ES-U06S1は、掃除のときと同じく電源を切り、下部にあるレバーを操作してシャッターを閉じます。
このレバーの動きが悪く、力を入れるため、勢いで指を挟んでしまうことがあります。

熱交換型換気扇ES-U06S1の後継機はES-U10D1だと思われますが、色々改善されているのでしょうか?






(お知らせ)
noahnoah研究所は、2016年2月から "http://ito.o.oo7.jp/nnl/" に引っ越しています。
従来のサイト "http://homepage3.nifty.com/nnl/" や "http://freett.com/nnl/" にはアクセスできません。
お手数ですが、ブックマーク先は "http://ito.o.oo7.jp/nnl/" に変更してください。

[Googleでnoahnoah研究所のブログ内を検索]

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

noahnoah研究所のブログ(https://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/)に掲載した画像および文章の盗用はおやめください。
なお、出典元「noahnoah研究所」を示していただければ、事前許可を得ることなく、使用していただいても構いません(事後報告があれば嬉しい)


→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜へ直接メールを送る
→ 伊藤@横浜のROOMへ行く

noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]















Last updated  2019.01.28 00:52:42
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.08
カテゴリ:家作り
現在の家には2009年1月に入居しており、ちょうど10年が経ったので、火災警報器の点検を行いました。


新築時に取り付けられた火災警報器は、松下電工(現Panasonic)のSHJ7025427(端子式・連動親器)です。
連動子器のSHJ7025427と外観は同じです。
100V給電されているため電池不要で、警報時には全部屋で連動します。


火災警報器はドアホンとも連動させており、警報動作時には火災警報器が反応したことを知らせる表示が出ます。

ちなみに、引きひもを引くか、警報停止ボタンを押すと、チェックモードとなり、全部屋でチェックが始まります。
また、引きひもを長く引くか、警報停止ボタンを長く押すと、警報動作になります。
電池式でなければ、毎日動作確認しても問題ないでしょう。

なお、警報器自身も自己チェックしており、故障時はわかるようになっています。

電池式の火災警報器は、取扱説明書に点検頻度が決められています。
それ以上頻繁に点検すると、電池が10年もたないおそれがあるのでしょう。
電池切れの場合、それがわかるように表示されますが、それに気付かなかったり、完全に故障しているとダメでしょうね。


火災警報器を取り外して点検・清掃しました。
ちなみに、この火災警報器は、松下電工(現Panasonic)のSHJ7025427(端子式・連動子器)です。
警報器を外すと、上にコクヌストモドキの死骸が載っていました。


コクヌストモドキは、火災警報器の配線を通す天井の穴から侵入して、そのまま死んだのでしょう。


火災警報器を壁付けにすると、ホコリが溜まりやすくなりますので、できれば避けた方がいいと思います。

帰省したついでに、実家に火災警報器を追加しました。
これまでも廊下天井と寝室には取り付けており、自治体(半田市)の基準を満たしてはいました。
ただ、自治体によっては、加えて台所への設置も義務付けていますので、今回追加することにしました。


選んだのは、パナソニックの火災警報器「けむり当番 SHK38455」です。
素人でも取り付け可能な、安い電池式です。
なお、電池は交換可能で、10年も使えますが、10年を目安に本体ごと交換することが推奨されています。
本体+電池と電池のみの実勢価格は、それほど変わりませんので、丸ごと交換する方がいいのでしょう。


この火災警報器は、我が家のものより薄型で、警報停止ボタンも大きくなっています。


この火災警報器は、壁付けしました。
天井の下地材が不明で、壁が板貼りだったからです。
電池切れや故障のときに、気付きやすい位置にしました。






(お知らせ)
noahnoah研究所は、2016年2月から "http://ito.o.oo7.jp/nnl/" に引っ越しています。
従来のサイト "http://homepage3.nifty.com/nnl/" や "http://freett.com/nnl/" にはアクセスできません。
お手数ですが、ブックマーク先は "http://ito.o.oo7.jp/nnl/" に変更してください。

[Googleでnoahnoah研究所のブログ内を検索]

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

noahnoah研究所のブログ(https://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/)に掲載した画像および文章の盗用はおやめください。

(出典元さえ示していただければ、私に事前許可を得ることなく、使用していただいても構いません)


→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜へメールを送る
→ 伊藤@横浜のROOMへ行く

noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]


PVアクセスランキング にほんブログ村












Last updated  2019.01.08 01:08:29
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.28
カテゴリ:家作り

我が家の1階ホール(廊下)の突き当りには、一条工務店のラックニッチ NM180(5段・ミラー付)を設置しています。


ラックニッチの照明として、外径45mm、長さ68mmの15Wミニレフ球が使われています。
白熱電球ですので、やや暗い上に消費電力が大きいため、あまり使っていませんでした。


ニッチの照明を使わないのはもったいないので、25W相当の明るさがあるLED電球に交換しました。


15Wから25W相当の明るさにしても、それほど明るくはならないと思ったら、意外と明るくて驚きました。
サイズ的には40W相当の明るさがあるLED電球も使えたのですが、そうしなくて正解でした。


今回交換したLED電球は、Panasonic のLDA3L-H-E17/E/Wです。
レフ球の替わりですので、できるだけ光の広がりが少ない、下方120度だけを照らすタイプにしました。
ちなみに、少し前からパナソニックのLED電球は5年保証になっています。


25Wのミニクリプトン球と交換するための仕様らしく、サイズは外径35mm、長さ67mmです。
消費電力2.6Wで、明るさは260ルーメン、色温度2700Kの電球色相当です。


元々ついていた15Wミニレフ球とLED電球を比べると、一回り小さいことがわかります。
外径が少ない分、照明器具の通気が良くなり、熱で寿命が短くなりにくいと思います。


ニッチ前の床も明るくなりました。


ニッチから2.5m離れた場所にパナソニックの明るさセンサ付ハンディホーム保安灯WTF4087WKが設置されています。
この足元灯は、周りが明るくなると消えるタイプですが、ニッチの明かりで消えることはありませんでした。


廊下のニッチからリビングに差し込む光が綺麗です。







(お知らせ)
noahnoah研究所は、2016年2月から "http://ito.o.oo7.jp/nnl/" に引っ越しています。
従来のサイト "http://homepage3.nifty.com/nnl/" や "http://freett.com/nnl/" にはアクセスできません。
お手数ですが、ブックマーク先は "http://ito.o.oo7.jp/nnl/" に変更してください。

[Googleでnoahnoah研究所のブログ内を検索]

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

noahnoah研究所のブログ(https://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/)に掲載した画像および文章の盗用はおやめください。

(出典元さえ示していただければ、私に事前許可を得ることなく、使用していただいても構いません)


→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜へメールを送る
→ 伊藤@横浜のROOMへ行く

noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]


PVアクセスランキング にほんブログ村












Last updated  2018.12.28 01:21:25
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.25
カテゴリ:家作り
浴室換気扇(Panasonic FY-17CD7V)の掃除をしました。
前回は5月にやっています。

(関連記事)浴室換気扇を掃除したついでにルーバーのバネを交換


ルーバーは、FY-17CD7Vに付属していたFY-17L81から三菱のP-180GB-Tに交換しています。
今回も上に水は溜まっておらず、水たまりの跡もありませんでした。

(関連記事)浴室で使っている天井埋込形換気扇のルーバーを交換


換気扇の分解方法は、取扱説明書に記載されている通り、ルーバー、オリフィス、羽根の順に外します。
いずれも工具は不要です。


もろもろ外したあとの換気扇内部も少しホコリが付いていますので、きれいに拭き取ります。


羽根は汚れてはいるものの、思ったよりホコリの付着が少ない印象です。
このくらいであれば、風量も変わらないでしょうし、1年おきの掃除でもいいかもしれません。

(関連記事)一条工務店標準の浴室換気扇を取り替えてから初めての掃除


綺麗に洗浄した後の羽根です。
シロッコファンは羽根の枚数が多いので、取り外して丸洗いしないと汚れの巣窟になります。
(そういう意味では、エアコンのシロッコファンを取り外して丸洗いできないのも不衛生ですが)


すべて洗って乾かしてから元通りに取り付けて掃除完了です。

それにしても、一条工務店標準のMAX社製浴室換気扇に比べ、掃除のしやすさは、雲泥の差です。
羽根を取り外して洗えない換気扇なんて、設計ミスの欠陥品といわざるをえません。
一条工務店は住む人のことを考えて機種選定をしてほしいですね。


(関連記事)
一条工務店標準の浴室換気扇を掃除

ついにバスルームの換気扇を交換








(お知らせ)
noahnoah研究所は、2016年2月から "http://ito.o.oo7.jp/nnl/" に引っ越しています。
従来のサイト "http://homepage3.nifty.com/nnl/" や "http://freett.com/nnl/" にはアクセスできません。
お手数ですが、ブックマーク先は "http://ito.o.oo7.jp/nnl/" に変更してください。

[Googleでnoahnoah研究所のブログ内を検索]

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

noahnoah研究所のブログ(https://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/)に掲載した画像および文章の盗用はおやめください。

(出典元さえ示していただければ、私に事前許可を得ることなく、使用していただいても構いません)


→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜へメールを送る
→ 伊藤@横浜のROOMへ行く

noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]


PVアクセスランキング にほんブログ村













Last updated  2018.12.25 00:53:04
コメント(2) | コメントを書く
2018.12.18
カテゴリ:家作り
以前、ベランダに3つある排水口に付けられている目皿のうち、中央の目皿をフラットなタイプに替えています。

(関連記事)ベランダの邪魔な排水目皿をフラットなタイプに交換

ベランダの端にある2つの排水目皿も、ときどき妻に踏みつけられていることが判ったので、交換します。


元々ついていた排水目皿です。
ベランダに洗濯物を干すときは、下を見ないため、ときどき蹴とばすそうです。
あと、結構な量のゴミが排水口の中に入っています。
ゴミをこしとる能力が低いのだと思われます。


今回は、SANEIの万能排水皿「PH40F-2-L」を使います。
排水口の直径が25から90mmの場合に使えます。


PH40F-2-Lの裏側
裏にある爪を排水口のサイズに合わせて曲げることで、ズレにくくします。


前回、中央の排水口に使ったのは、「PH40F-2-L」より一回り小さい「PH40F-2-S」でした。
こちらは25から60mm用です。


万能排水皿PH40F-2-Lの爪を曲げます。
私は素手で曲げましたが、ラジオペンチなどを使って、きっちり曲げた方が良いと思います。


目皿交換後の排水口です。
端がわずかにタイルへ乗り上げてしまうのが残念です。


中央に付けていた万能排水皿PH40F-2-Sが少しずれていたので、爪を曲げなおしました。
あまり遊びが出ないよう、きっちりと曲げると踏みつけられて時にスレなくて済みます。


PH40F-2-Sの位置ズレが補正されました。


用済みとなった、邪魔な排水目皿たちです。





(お知らせ)
noahnoah研究所は、2016年2月から "http://ito.o.oo7.jp/nnl/" に引っ越しています。
従来のサイト "http://homepage3.nifty.com/nnl/" や "http://freett.com/nnl/" にはアクセスできません。
お手数ですが、ブックマーク先は "http://ito.o.oo7.jp/nnl/" に変更してください。

[Googleでnoahnoah研究所のブログ内を検索]

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

noahnoah研究所のブログ(https://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/)に掲載した画像および文章の盗用はおやめください。

(出典元さえ示していただければ、私に事前許可を得ることなく、使用していただいても構いません)


→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜へメールを送る
→ 伊藤@横浜のROOMへ行く

noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]


PVアクセスランキング にほんブログ村












Last updated  2018.12.18 23:49:28
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.17
テーマ:DIY (927)
カテゴリ:家作り
約10年前、一条工務店が長府製作所のエアコン付き床暖房を我が家に設置しました。


室外機から配管される床暖房用温水管は、背面で分岐して屋外に露出していました。
(一条工務店の最新仕様では、屋内で温水管を分岐しているようです)


温水が通る架橋ポリエチレン管は、合成樹脂製可とう電線管(PF管)と思われるものに通されていました。
温水管を通る赤い不凍液が透けて見えるほど薄い単層のPF管です。
屋外に使う場合、通常は高耐候タイプのPF複層管を使うはずです。

私は以下の点で問題があると考えました。
(1)紫外線に弱いはずの架橋ポリエチレン管の根元が隠ぺいされておらず、露出している。
(2)金属の固定バンドが錆びている。
(3)ヘッダ部分のバルブを兼ねている金属部品が露出しており、錆びや保温性が心配。
(4)安い単層のPF管(PFS)を使用しており、耐候性や保温性に乏しい。

家の引渡し前に、それらの問題を訴えた結果、一条工務店は以下の対応でした。
(1)架橋ポリエチレン管を保護しないのが標準仕様と説明され、何もしてくれなかった。
(2)錆びた金属の固定バンドは交換されました。
(3)ヘッダ部分のバルブを保護しないのが標準仕様と説明され、何もしてくれなかった。
(4)PF管が保温材を兼ねていると説明され、何もしてくれなかった。

ちなみに、架橋ポリエチレン管を日光(紫外線)から保護しないと、経年劣化で白く硬く脆くなります。
そうなると、少しの力でヒビが入ったり折れますので、漏水の原因となります。
エコキュート用室外機(ヒートポンプユニット)に使われる架橋ポリエチレン管も同じです。
もし、架橋ポリエチレン管が露出配管されていたら、それは手抜き工事です。

一条工務店で床暖房やエコキュートを設置した方は、一度確認されることをおすすめします。
架橋ポリエチレン管が白化し、PF管がボロボロになっていたら、いつ漏れてもおかしくありません。


仕方ないので、家の引き渡し後の2009年に自分で対応しました。
具体的には、断熱性のあるフィルムでそれらを覆って耐候性や保温性を高くしました。


2014年にはフィルムを保護するため、エアコン配管断熱材を保護するテープを巻きました。


しかし、このときテープで保護し忘れた部分があったようです。


最近、テープを巻き忘れた部分の断熱フィルムがボロボロに劣化していることに気付きました。


いつから穴が開いていたのか不明ですが、テープで巻いていなかったら、他の部分もこうなっていたのでしょう。


ひとまず、少しは断熱性があると思われる緩衝材(プチプチ)を貼って補修しました。


プチプチをかぶせた配管をテープで固めて応急処置は終わりです。
そのうち、綺麗にやりなおしたいと思います。

(関連記事)
床暖房の温水管を保護

床暖房の温水管を保温

床暖房でグッドデザイン賞




(お知らせ)
noahnoah研究所は、2016年2月から "http://ito.o.oo7.jp/nnl/" に引っ越しています。
従来のサイト "http://homepage3.nifty.com/nnl/" や "http://freett.com/nnl/" にはアクセスできません。
お手数ですが、ブックマーク先は "http://ito.o.oo7.jp/nnl/" に変更してください。

[Googleでnoahnoah研究所のブログ内を検索]

noahnoah研究所ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村 車ブログ トヨタへにほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

noahnoah研究所のブログ(https://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/)に掲載した画像および文章の盗用はおやめください。

(出典元さえ示していただければ、私に事前許可を得ることなく、使用していただいても構いません)


→ noahnoah研究所に戻る
→ noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く
→ 伊藤@横浜へメールを送る
→ 伊藤@横浜のROOMへ行く

noahnoah研究所のブログ(カテゴリー一覧)
カテゴリー[ 車 ]
カテゴリー[ 家作り ]
カテゴリー[ 太陽光発電 ]
カテゴリー[ 家電 ]
カテゴリー[ ネコ ]
カテゴリー[ セキュリティ ]
カテゴリー[ 熱帯魚 ]
カテゴリー[ 健康 ]
カテゴリー[ 食べ物・飲み物 ]
カテゴリー[ 旅行・観光 ]
カテゴリー[ 庭いじり ]
カテゴリー[ ゲーム ]
カテゴリー[ 楽天ブログ ]
カテゴリー[ その他 ]


PVアクセスランキング にほんブログ村












Last updated  2018.12.17 01:13:21
コメント(0) | コメントを書く

全645件 (645件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 65 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.