5150554 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

noahnoah研究所

全645件 (645件中 641-645件目)

< 1 ... 60 61 62 63 64 65

家作り

2008.06.14
XML
カテゴリ:家作り
今朝は岩手・宮城内陸地震で目覚めました。

横浜は震度2~3だったのですが、水槽は波打ち、意外と長く揺れていました。

そういえば、阪神・淡路大震災の時は大阪に住んでいたのですが、水槽の周りは水浸しになってました。

現在建築中の新居は一条工務店の免震住宅にしています。

震度5以上でないと機能しないものの、いざというときの被害を最小限にでき、余震に怯えて屋外で生活しなくて済みます。

基礎作り
先週、家が建つ位置を最終確認してから、基礎作りがスタートしました(基礎工事担当の林さん)。

基礎の捨てコン
今週末には捨てコンが打たれています。

基礎の配筋
現在は基礎配筋工事中で、写真のように擁壁に近い方は基礎が深くなり、V字のスパイク状の配筋になります。

仮に擁壁が壊れるなどして土圧が落ちても、基礎が滑り出さないようにするためのようです。

免震の基礎
来週には基礎ができるようですが、免震用の基礎なので、立ち上がり部分がない平板状の基礎になります。

一条工務店の地盤調査
免震にできるかどうかは、地盤調査が必要なのですが、一条工務店では無料で地盤を調査してくれます(中央は前担当営業の大林さん、右は現担当の井内さん)。




※このnoahnoah研究所のブログにコメントまたはトラックバックする場合は、楽天ブログへのログインが必要です。なお、記事の内容に言及しないトラックバックは許可されません。






Last updated  2010.09.05 13:43:32
コメント(0) | コメントを書く
2008.06.09
テーマ:住宅コラム(1305)
カテゴリ:家作り
家を建てる用地として周辺道路が狭い「要セットバック」の土地を購入した関係で、古い擁壁を壊して後退した部分を道路にしました。

横浜市まちづくり調整局狭あい道路拡幅整備事業の概要にも書かれている通り、それなりの助成金が出ますし、道路にした分も翌年から固定資産税はかからないのですが、やはり痛い出費です。

狭あい道路拡幅整備事業
作り直した擁壁には「ひろげよう・せまいみち ひろめよう・住みよいまち 狭あい道路拡幅整備事業」と書かれた指定プレートが設置されました。

まあ、土地は狭くなりましたが、周辺道路が広がると気持ちがいいですね。




※このnoahnoah研究所のブログにコメントまたはトラックバックする場合は、楽天ブログへのログインが必要です。なお、記事の内容に言及しないトラックバックは許可されません。






Last updated  2008.06.09 23:49:33
コメント(2) | コメントを書く
2008.06.03
カテゴリ:家作り
SONYのスピーカーNSA-PF1有機ガラス製にもかかわらず、プレスリリースも含め様々なサイトで「ガラス管」など「有機」を抜いた表現が使われている件ですが、「カニかま」を「カニ」と略すくらいの違和感があるので、公正取委員会に優良誤認扱いされないか心配ですね(笑)

一般に有機ガラス(アクリル樹脂やポリカーボネイト)よりガラスの方が高価で美しいイメージがありますから。

有機ガラス系で汚れが落ちやすいアラウーノでは、下手にガラスを強調すると、かえって逆効果かもしれません。

もし便器が透明ガラス製だった場合、やはり見た目がアレなのと、勢いよく座ったり、便座を閉めると割れそう怖いですからね(笑)

閑話休題、新居の2Fトイレにはアラウーノを設置する予定です(アームレストつき)。



アラウーノを選んだ理由は、やはり多機能で性能がいい割には、陶器メーカーの便器より安いからです。

それでも一条工務店では、CH1003-WSで\112,000、CH1001M-UDで\191,000の追金が必要でしたが。

アラウーノ関係では、ターントラップ方式に関するページが面白いと思います。

ちなみにターントラップ方式自体は1999年には実用化されていて、INAXが2006年にECO6を売りにする以前から、6L洗浄や約55dBの静音洗浄も実現していたのですが、アラウーノがヒットするまでは、後発メーカーということで、まったく注目されていなかったようです。

最近の比較記事にもアラウーノに独自採用されているみたいな書き方がされていますね。





noahnoah研究所のブログにコメントやトラックバックしたい場合は、楽天ブログにログインしてください。






Last updated  2008.06.04 00:04:25
コメント(0) | コメントを書く
2008.06.01
カテゴリ:家作り
家を建てるために古屋付きの土地を買ったのですが、解体した古屋の下から井戸が見つかりました。
井戸

井戸の深さは地上から底まで13.5mくらい、水深は6.5mだそうです。

この井戸は東側の庭になる部分に現れたのですが、セットバックのために作り直す擁壁にも近く、虐げられてきた井戸神様も不憫に思いましたので、埋めずに生かすことにしました。

井戸枠
地上から1.8mまで井戸枠がありますが、その下は枠のない素掘りなので、永く使うには補強が必要とのこと。

井戸用の鋼管
内径60cmくらいの井戸に直径30cmくらいの鋼管を入れて補強します。

買う前に井戸があると知らされていなかったので、埋め戻し費用分は売主側が負担してくれるものの、井戸を補強する分の費用は出ません。

結局、井戸内の掃除や砂の充填なども含めて差額の約40万を負担することになりました。

井戸の補強
補強工事は1日で済みましたが、さらにポンプなどを別途設置する必要があります。

この井戸水は飲み水や風呂・洗濯用としては使わず、洗車や庭への散水、災害時の生活用水として使うくらいなので、元は取れないでしょう。



(このnoahnoah研究所のブログ内をGoogleで検索する)
(noahnoah研究所に戻る)
(ノアML(noahnoah)に行く)
(noahnoah研究所掲示板(^o^)に行く)
(伊藤@横浜へメールを送る)
※このnoahnoah研究所のブログ(http://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/)にコメントする場合は、
楽天ブログへのログインが必要です。

ブログランキング・にほんブログ村へ







Last updated  2013.08.17 10:06:35
コメント(0) | コメントを書く
2006.04.01
テーマ:地震情報(610)
カテゴリ:家作り
今月の始めに一条工務店の工場見学に行きました。
家族は朝からバスに乗って遠足気分でしたが、私は二日酔いで最悪です。

免震住宅を体験
色々とためになる見学コースの最後には、一条工務店が売りにしている免震住宅を体験しました。

非免震住宅
まず非免震住宅で震度7を体験します。
リアルな震度7は恐ろしいでしょうが、子供達は大喜びです。

免震住宅
次は免震住宅です。
さすがに免震住宅は揺れが少なく、テーブルの上にあるワイングラスや皿はほとんど動きません。
しかし、子供達はつまらないようで、もう一度「揺れる方」を体験したいと言ってました(-_-;

やはり家を建てるなら免震住宅がいいですね。我が家の場合、土地から探さないとダメですけど。




(ご注意)noahnoah研究所のブログ(http://plaza.rakuten.co.jp/noahnoah/)へのコメントやトラックバックは楽天ブログ内に限定しています。この記事へのリンクや言及のないトラックバックは受け付けていません。

[noahnoah研究所ブログ内をGoogleで検索]







Last updated  2010.08.07 02:35:10
コメント(0) | コメントを書く

全645件 (645件中 641-645件目)

< 1 ... 60 61 62 63 64 65


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.