380951 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

こちら 南California 晴天なり

抗癌剤について

えりこ花

【2005年2月23日】


手術後の経過はすこぶる順調で脇の下のドレインチューブもこの日やっと取れた。
ドレインチューブを取るときってなんとも説明のしようのない変な感覚でした。
2本チューブが入っていたのですが短い方のチューブを抜くときはスッと取れましたが、
もうひとつの方が深く入っていてこれを抜くときは胸の中を大きなミミズがズルズルと
這ってる感じでイヤな気分でした。
痛みは全然ありませんでした。


【2005年2月24日】

この日は私のはじめての抗癌剤治療の日。
午後1時から始まって4時30分に終わった。
初日なので説明やら何やらで普通より時間がかかったらしい、次回からは3時間ちょっと
ですむらしい。

【2005年2月25日】

朝なんとなく気分がすっきりしない。
吐き気止めの薬を飲む。
午後になると体中の力がダウン、気分も悪い。
この日から27日の夕方頃まで吐き気と無気力状態がつづく。


【2995年2月28日】

まるでうそのように気分がいい!
でも、この日から3日間眠れない夜がつづき病院に電話でたずねると飲んでいた薬を止め
るようにいわれた。
薬を止めたら眠れるようになった。


【2005年3月7日】

手術後初めての仕事復帰!
朝出勤のしたくをしていたら抜け毛が普通よりも多い、いよいよ脱毛がはじまったらしい。
この日から14日までの間に頭髪はすっかり抜け切った。
16日はカツラで初出勤、幸いなことに近くの店で買った安いカツラがぴったりで職場の
誰もカツラだと気が付かない。(ラッキー!)


以上が今までの経過ですがわたしのCAF抗癌剤の治療は3週間に1回、合計6回です。
抗癌剤治療の最終日は6月9日の予定ですがそれまで多分同じことの繰り返しでしょう。

抗癌剤は本当にきついです。
でも、これで体の中に潜んでいるかもしれない癌細胞をたたいていると思うと何が何でも
私ひとりだけの為だけでなく家族のためにも頑張らなくてはと思います。

ひとりではどうしようもない時友達が助けてくれたりたくさんの人達にささえられて本当
に私は幸せです。




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.