000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

こちら 南California 晴天なり

PR

Profile


ノアQP

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

明日は乳房再建サロ… うきふね93さん

☆★☆晴れたり曇ったり… chai_ronさん
タイムカプセル ~み… tomato20150312さん
chikeの楽しい毎日 chikeさん
タフミン・ヒルズ タフミン・ヒルズさん
すまいる スマイル … ☆うみ★さん
毎日のほほん。とし… syoko♪さん
ななこのくつろぎカ… 〜ななこ〜さん
ははちゃんの乳ガン… ははちゃん5123さん
HAPPY☆HAPP… ☆3姉妹1王子のママ☆さん

Comments

itayuki7@ Re:2度目の抗癌剤投与が終わって!(03/21) 私も先週土曜日に突然右胸に違和感を感じ…
みい☆@ Re:新年のご挨拶(01/01) 御無沙汰しています。もう忘れたかな。3…
Yutakan@San Diego@ Re:新年のご挨拶(01/01) 2014年、明けましておめでとうごさい…
あたしnち@ Re:新年のご挨拶(01/01) ノアさん 明けましておめでとうございます…
ノアQP@ Re[1]:2013年のご挨拶(01/02) まろんさん >2/9(土)つい、おととい、マ…
まろん@ Re:2013年のご挨拶(01/02) 2/9(土)つい、おととい、マンモグラフィ…
Yutakan@San Diego@ Re[2]:2013年のご挨拶(01/02) ノアQPさん、 お返事ありがとうございま…
ノアQP@ Re[1]:2013年のご挨拶(01/02) あたしnちさん やった! 長い事ご無沙汰…

Recent Posts

Category

Archives

December , 2019
November , 2019
October , 2019
September , 2019
August , 2019
July , 2019
June , 2019
May , 2019
April , 2019
March , 2019
August 25, 2006
XML
テーマ:今日の体調(3394)
カテゴリ:日々の生活
さて、昨日は持病(?)の甲状腺の検査に行ってきたわけですが、検査といっても針を
刺すわけでもなし実に簡単なものでした。

右側の甲状腺に腫れが確認されたのが今から約4年前、婦人科の検診でした。

その後も腫れの大きさは変わらず健康状態も正常(乳がんが見つかるまでは・・)で2度
にわたる細胞検査の結果もネガティブ(異常なし)でした。

最初の細胞検査をしてくれた個人的にはあまり好きではないバルボア海軍病院で細胞
検査のために直接患部に針を刺して組織を採るのに担当のドクターが自分が採取した
後にインターンの人にもう一度同じ事をさせたのを憶えています。
つまり2度針を刺されたわけです。

当時はそんなものだろうと思っていたのですが2度目に一般の病院で検査をしたときは
針を刺したのは一度だけでした。

バルボアのドクターは有名なドクターだということですが検査の結果を聞きに行った時も
手術を強く勧めていました。
そしてこのドクターはいつも2~3人のインターンを連れている。
検査結果がネガティブだったので手術はもっと考えてからにしたいと言うと

「もしCamp Pendletonの海軍病院(キャロルさんのいる病院)で手術とかいうことにな
るんでしたら担当のドクターに是非こちらにも連絡するように伝えてくださいね」

と、どうしても手術に参加したい様子。

そりゃぁインターンにとって経験はとても大事だけど、やられるほうとしては気持ちのいい
ものではありません。
針だってこっちは恐怖と痛みを我慢してるわけですから・・・。

そういう訳でその後2年ほど放っておいたのですが、乳がん騒ぎでまた表にでてきてしま
ったのです。
アメリカは通院レコード(カルテ)が全部同じファイルに収納されているので個人の出生か
ら現在までの健康の歴史が病院が変わろうがドクターが変わろうが全て分かるようになっ
ています。


乳がんの告知をされたドクターアイゼンバーグに

「どうしてバルボアの病院は今まで放っておいたのだろう」

と聞かれたけど自分のチョイスだったので答えようがなくて黙ってると

「多分イラク戦争が始まってドクターも戦地に借り出されたのだろう、時期が時期だったか
らなぁ」

と勝手に解釈していたので私は微笑みながら沈黙・・(笑顔が引きつっていたに違いない)
早速2度目の細胞検査。
これは乳がんの時にお世話になった細胞検査専門の一般の病院でやってもらったのだけ
どこれも結果はネガティブ。

それでも納得いかないのか今度は一般の甲状腺専門のドクターにセカンドオピニオンを聞
くことになった。
その結果は・・・

「これくらいの腫れはまだ小さいほうですよ、細胞検査も2度やってネガティブになってる
し甲状腺機能も正常に働いている様子・・私は何もしないで平気だとおもいます」

との事でした。

それでも海軍病院はドクターが変わるたびにこれが気になるらしい。(笑)

今回ドクターリンに変わったときにまた来るな・・と覚悟はしていたのだけど私はドクターリン
は好きなのでこうなったらとことん検査をして手術は避けたいと思った次第です。

甲状腺は手術自体は難しくもないようですが問題は切ったからといってそれで終わりではな
いと言う事。
無くなった甲状腺の役割を薬で補わなくてはならないので一生薬を飲み続けなくてはならな
くなるんです。
それは避けたい。
だって今日の結果で機能が正常に働いていると証明されたら手術の理由はないですから。

そろそろ病院に行って来ます。









Last updated  August 26, 2006 10:58:41 AM
コメント(12) | コメントを書く
[日々の生活] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.