381827 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

こちら 南California 晴天なり

PR

Profile


ノアQP

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

明日は乳房再建サロ… うきふね93さん

☆★☆晴れたり曇ったり… chai_ronさん
タイムカプセル ~み… tomato20150312さん
chikeの楽しい毎日 chikeさん
やすみの工房 みのべぇ〜さん
タフミン・ヒルズ タフミン・ヒルズさん
すまいる スマイル … ☆うみ★さん
毎日のほほん。とし… syoko♪さん
ななこのくつろぎカ… 〜ななこ〜さん
ははちゃんの乳ガン… ははちゃん5123さん

Comments

itayuki7@ Re:2度目の抗癌剤投与が終わって!(03/21) 私も先週土曜日に突然右胸に違和感を感じ…
みい☆@ Re:新年のご挨拶(01/01) 御無沙汰しています。もう忘れたかな。3…
Yutakan@San Diego@ Re:新年のご挨拶(01/01) 2014年、明けましておめでとうごさい…
あたしnち@ Re:新年のご挨拶(01/01) ノアさん 明けましておめでとうございます…
ノアQP@ Re[1]:2013年のご挨拶(01/02) まろんさん >2/9(土)つい、おととい、マ…
まろん@ Re:2013年のご挨拶(01/02) 2/9(土)つい、おととい、マンモグラフィ…
Yutakan@San Diego@ Re[2]:2013年のご挨拶(01/02) ノアQPさん、 お返事ありがとうございま…
ノアQP@ Re[1]:2013年のご挨拶(01/02) あたしnちさん やった! 長い事ご無沙汰…

Recent Posts

Category

Archives

October , 2019
September , 2019
August , 2019
July , 2019
June , 2019
May , 2019
April , 2019
March , 2019
February , 2019
January , 2019

全6件 (6件中 1-6件目)

1

独り言

June 12, 2006
XML
カテゴリ:独り言
頭にきた!怒ってる
主人にである。

今日は息子に初めて携帯を持たせることにしたので用があって一緒に行けない娘を除いて
3人でファミリープランの申し込みをしにいった。

のっけから主人は乗り気ではない。
月々の支払いが多くなるというけどファミリープランなら基本の設定料金に一人ごとに10ドル
足すだけなのだ。
あと10ドル増えたって何がどうなるものでもないだろうに!

子供達も心得ているからむやみに長電話とかもしないし同じ携帯のサーバー同士や家族は
いつでも無料だけど他のサーバーの携帯を持ってる友達とは週末のみというルールも知って
いる。

携帯のプランもロールオーバーといって使わなかった時間は翌月に持ち越されるので時間を
オーバーすることなどまずない。
主人は送り迎えもしてないから私たちの事情などわかるはずもないのだ。ぷー

息子も14歳、連絡が取れなくて困る場合も多くなってきた。
安全性の面からいってもないよりはもっていたほうがこちらも安心というもの。
2日前も息子と連絡がとれなかったばかりに2度も学校と家の往復をする羽目になったのだ。

携帯のプランを買うと好きな機種が格安で買えるので主人が今使っている機種を娘にやって
娘の使っている機種を息子にそして息子が加入したプランで買う新しい機種を主人が使う事
にしたのだが主人の新しい機種は私のと同じものなので私は機能をしっている。

家に帰って前の携帯からPCを通してファイルが移せないと騒いでいるので主人がうたた寝を
しているあいだに方法をみつけてやっておいたら起きてからイライラしている。
どうも私がいろいろ言うのが気に入らないらしい。ショック

娘と息子の記録も移さなくてはいけないから早くしないと明日に間に合わないからやっている
のに私が妙にエキサイティングしているという!
私はただ時間をセーブしているだけなのに・・・!

最近どうも頭に来る事が多すぎる!
あ~~!イライラ!

本気でタイトル通りのことを考えた出来事でした。怒ってる








Last updated  June 13, 2006 10:36:20 AM
コメント(12) | コメントを書く
May 7, 2006
テーマ:日々の生活(41)
カテゴリ:独り言
買い物にいってきました。
久しぶりに家族のために何か春の服でもと思いお気に入りのディスカウントショップ
「ROSS」へ。
ここはブランド品などもアウトレットで激安値で買えるのでお得!
全く同じ物がモールと「ROSS」では70%くらい違うので子供服など(成長早いしね)
ここか「KOHL’S」が定番になっている。

ディスカウントでよいものが安く買えるので大家族の人達が子供づれでよく買い物を
している。
ここのROSSではほとんど(75%ほど)がメキシカンの家族だ。
サンディエゴはメキシコとの国境があるため当然メキシコの人達が多い。

オーシャンサイドは国境からはかなり離れているけど(2時間弱かな?)店内にいて
も聞こえてくる言葉は英語とスパニッシュが半々だったりする。

さて、いつもの事で多分店のほうも業を煮やしながら随時店内アナウンスをしている
のだと思うのだけど3~4歳の幼児から低学年の子供たちのお行儀の悪いこと!
何年もこの店でショッピングをしていていつも目に付くのは子供をほったらかして自分
たちだけで買い物をしている親のいい加減さ!
大体いつも1~3人の子供づれで両親がいるのだから手に負えないという訳でもない
と思うのだが・・?

この子供たちはおもちゃ売り場に行って(親が行けと言ってる!)おもちゃを箱から出
して遊んでそこにほったらかし、ボールは店内で投げて遊び、袋入りのものなど袋を
破って取り出したりとまるでテロリストのようなのだ。
店内のおもちゃ売り場がきれいなことはまずない!
新品の商品だろうがなんだろうが床に投げて汚してもう商品価値はない。

下着のコーナーで陳列バーの下にもぐりこんで走って商品が落ちてしまってもそれを
踏んで走るので白い商品など茶色く汚れてしまっている。
一家族の子供たちだけではなく他のいくつかの家族の子供も一緒になってやってい
るからすざましい限り。
そして売り物のおもちゃを取り合って喧嘩して大泣きしているのに広い店内のどこに
いるのか親は寄っても来ない。

私と友人は開いた口がふさがらない・・・。

「小さなお子さんや低学年の子供をお連れの親御様、子供たちだけをおもちゃ
売り場に残したりしないよう随時そばに置いてお買い物をされますようお願い
いたします」


といったような内容の店内アナウンスが英語とスパニッシュで流される。

以前スパニッシュだけでアナウンスしたらメキシカンの親から文句がでたそうでそれ
からは2ヶ国語でやるようになったらしい。
確かにこれは当然の抗議かもしれない。
でも本当は英語でアナウンスの必要はないと思う。(笑)

ようやく親の買い物が済んでレジ待ちのため子供たちが親のそばにいるなと思うと
今度は持っているおもちゃを買えと駄々をこねて泣きわめく!
親は今まで大人同士大声で騒ぎながら買い物をしていたのとうって変わって猫なで
声でなだめている・・・
ところがBrat(わがままなクソガキの意味)で育てられた子供がそれくらいで言う事
を聞く訳がない。
5~6歳のその子は手にしていた売り物のおもちゃを床に投げつけて泣きわめく!
まぁいくら何でも普通は親が拾ってレジの前の小物を売ってるワゴンにそっと置いた
りするものなのだが・・ところが!

昨日の親はそれさえしなかった!!
床に放り投げられたおもちゃを見て知らんふり・・・・・唖然!
あまりにも非常識!

彼らの後ろに並んでいたアメリカ人の女性は眉をひそめて首を小さく横に振りながら
見ていたが自分の足元がそのおもちゃに近づいてきても拾おうとはしなかった、私が
彼女でも同じようにしたと思う。
見ている親が拾うのが当たり前です。
その彼女も私も彼らのやりたい放題に嫌気がさして堪忍袋の尾が切れ掛かっている
同類なんだろうと思った。

私はいろんな地域の「ROSS」へもいった事があるけど全部の店がこんな風ではない。
客層によってこうも違うのかというくらい雰囲気が違う。
整然と片付いて大声で泣く子供もいない、子供は親の押すショッピングカートに座って
いて勝手におもちゃ売り場に行くなどということはない。
当然メキシカンの家族連れはみかけません。

ところがこの店は何年も買い物をしているけどいまだに同じ事の繰り返し・・。
これはこの日に限られた出来事ではなく毎度の事実を伝えているのですがタイトルを
「子供のマナー」とした後で変更はきかないけど本当は「親のマナー」にすべきだった
かも知れない。

子供たちの友達も(マギーちゃんやサマンサちゃん、カイル君など)メキシカンの子達で
とってもいい子供たち&家族なのですが、「ROSS」で見かけるような多数の非常識な
メキシカンのせいでメキシカン全体が責められるのは残念なことではあります。

アメリカでは移民法をめぐって論議がなされていますがこういう日常生活での最低限の
マナーを守り反感の元にならないようにホストカントリーに住むべきではないでしょうか?


【今日の食事】

(朝)(昼) フレンチブレッド、コーヒー、今川焼き1個

(夜) 息子と買い物帰りに「テリカフェ」で醤油ラーメン


 







Last updated  May 22, 2006 03:39:42 AM
コメント(10) | コメントを書く
March 1, 2006
カテゴリ:独り言
いつも明るく元気に飛び回っている私でも今日のような雨上がりの中途半端な黄昏の空
を見ると何とも言いようのない苦しくなるような孤独感がおそってくる。

思いっきり声をあげて泣きたいような・・。
胸の奥に何かつかえているような。

この世の中から私がいなくなっても何事もなかったかのように時間は過ぎていくのかな?
妙にセンチメンタルになってしまう。

迎えに行った車の中で思わず娘に

「Mommyは長生きできるかしらね?」

とつぶやくように聞いてみた。

「当たり前じゃない!」

とおやつのサンドイッチをほおばりながら娘は答えてくれた。
しまったと思った、この子は敏感に私の気持ちを察してくれる。
きっとまた心配させてしまうな・・・ごめん。

昔まだ小学生だった頃今日と同じような空をみて急に寂しくなって走って家に帰った記憶
がある。
両親や兄弟の顔をみて心底うれしかった。
この家族から絶対に離れるまいとおもった、あの時間は一生続くものだと信じていた。

この空をみるとあの頃にタイムスリップしてしまう。
みんなに囲まれてとても安心だった。
いろんな事で悩んだりもしたけど今思うと体に応じた些細な悩み。
ぬくぬくと暖かいものに抱え込まれているような安心感がいつでもそこにはあった。

ふぅ~・・・。

娘を降ろしてからの家路は急いで帰った。
ガレージに車を入れてシャッターを下ろしたらエンジンを切った後シートを倒してしばらく横
になった。
頭の中でいろんな事を考える。

(どうして私はここに居るんだろう・・?)

何で弱気になるかなぁ・・。

こんなんじゃいけないってわかっちゃいるんだけどね。
今は自分が親だからしっかりしなきゃいけない!
息子がドアを開けて覗いた。

「どうかしたの?」

と心配そうな顔をみたら私の子供の頃とだぶってみえた。
いけない、いけない!
そしてフッと思った。

(きっと母もこんな思いをしたことがあったんだろうな・・)

時々愚痴をこぼしていた母、でも母は家族の太陽だった。
いまでも声を聞くだけで気持ちがホッとする。
私もこの子達にとって太陽にならなきゃ!

しばらく息子と車内で音楽を聴いていると主人が帰ってきた。

やっぱり今日は人恋しい。
思わず主人に抱きつくと「おお、どうした、どうした?」というように背中をポンポンとたたい
てくれた。
ちょっとだけ子供の頃のあの安心感を感じることができた。

さぁ、明日も頑張らなきゃ!












Last updated  March 1, 2006 12:33:46 PM
コメント(20) | コメントを書く
June 1, 2005
カテゴリ:独り言
【2005年5月31日火曜日】

【失敗談1】

グアムに住んでいた頃の話ですが主人と主人の友達夫婦でクラブに夜遊びに行った
帰りレストランでみんなで朝食メニューを頼んだときの事。

友達のオーダーしたSpamというハムのようなものが珍しくてちょっと味見してみたい
なぁと思い彼に

「May I taste your spam?」(あなたのSpamを味見していい?)

と聞いたのです。
とたんに全員沈黙・・・!!!・・な、なぜだ??
彼の奥さん笑っている
隣の席の人までこっちを見ている・・私なんか悪い事言ったかなぁ~?(ー▽ー;)?

主人が帰りの車のなかで説明してくれた。

「君はさっき彼に彼のSperm(精子)を味見していいかって聞いたんだよ(爆笑!)」

・・Spam(ハムの名前)Sperm(精子)の発音の違いは当時の私にはわからなかった
んです。
すっごく恥ずかしかった!
彼の奥さんびっくりしただろうなぁ~。

【失敗談2】

こちらにきてからの話、仕事を始めてすぐの頃お客さんに
「Chapstick」(唇荒れ止めのリップクリーム)はあるかと聞かれてナイフやフォークを置
いてあるセクションまで連れていって

「残念だけどChopsticks(お箸)はないわね~」

と堂々と答えてお客さんがドギマギ手振りで口紅を塗るしぐさをしながら「Chapstick」
と2回ほど繰り返してくれてやっと理解した私でした。

お客さんが若い男の子だったから余計恥ずかしかった~!!

【失敗談3】

同じく職場での話、女性のお客さんに
「Flour(料理用の粉)はどこ?」と聞かれて
「Flower(花)ならここよ」と花束を指差した私・・・。
アホですみません。

【失敗談4】

22~23歳くらいのマリーンの男の子が頭になにかカブレが出来たから軟膏か何か
欲しいとやってきた。
見ると確かに3~4箇所赤くはれている。
薬のセクションに彼と彼の友達2人を案内して一緒に探してみた。
私は「Infection(炎症)」の文字を目当てに探していた・・と、あった!
レジにお客が並び始めたので慌ててその薬の箱を彼に渡して

「これ効くかもしれないよ、ほら、炎症って書いてあるし・・」

といってレジに戻った。
チラッっと彼が「おっ、こ・・これは・・・」と言いかけたのが聞こえた。

私が彼に渡したその薬は女性のあちらの炎症用のお薬でございました・・。(赤っ恥!)
((((-▽-;)

何故かそれ以来その彼とそのお友達2人は親しいお友達です。(笑)

【失敗談5】

最後に日本語での短い失敗談を、
浅草でバイトをしていた頃の話ですが課長がちょっと遠くから
「ノアさん発注用の書類余分にもってないー?」と聞かれてとっさに
「あ、それなら○井さん(女性の先輩社員)がおっぱい持ってましたよー」
と大声で言ってしまった!
頭では「いっぱい」と言ったつもりだったのにクチが勝手にすべって「おっぱい」になって
しまったのだ・・・。

課長聞かないふりしてたけど聞こえたよなぁきっと・・。
○井さんがそこにいなくてよかったよ!


以上、本当はもっとあるのですがキリがございません。(笑)
失敗は当時はショックでも過去になってしまえばそれもまた楽しいかな。










Last updated  June 2, 2005 08:32:51 AM
コメント(18) | コメントを書く
May 24, 2005
カテゴリ:独り言
【2005年5月23日月曜日】

今日は何といって特別なこともなかったので昔の話でもしてみようと思う。

あの頃、私は若かった!(*^O^*)
娘を身ごもっていたのだがひどいつわりの真っ最中にパスポート、永住ビサの発行申請、
日本~グアムへの引越し手続きと毎日飛び回っていた。

2年と8ヶ月住んでいたグアムでは本当にいろいろな事があった。

妊娠9ヶ月目にすごい台風がきて妊婦は全員病院に強制非難させられた!
来たばかりの外国で英語も怪しい私は旦那はいない、周りを見れば大きな外国人女性
ばかり約20人ほど(妊娠してたからよけいそう見えたのかもね)不安で泣きそうになり
ながら何とか一晩をすごした。
翌朝は打って変わって素晴らしい晴天!
帰れるかと思いきや朝食のあと軽い検査をしてから帰宅との事・・・。

だだっ広いカフェテリアに行くともうみんなテーブルを囲んで座って朝食を食べながら楽
しそうに談笑していた。
日本人は私だけだなぁと思ったら急に寂しくなった。
朝食のトレーを持ってどこで食べようかと見回しても空いている椅子がなさそう・・・。
先に座ってて後から誰かが座るのはいい、でも他人ばかりの4人テーブルの空いたひと
つの席に座るのはちょっと度胸がいる。

でも、いつまでも立ってるのもみじめだ、(こんなところで妙に度胸がすわる私)
思い切って近くのテーブルのグループに座っていいか声をかけた。
細身で長髪の女性が「どうぞ、どうぞ♪」と快く自分のバックをどけて席をあけてくれた。

(当時の私の心の声)
きゃぁ~!やったわ、アメリカ人だって所詮は同じ人間よ~!そうよ、度胸よ恥ずかしが
らず普通に話せば何とかなるわ♪
笑わなきゃ、にやけちゃダメ、上品に微笑むのよ・・フレンドリーよ、リラックスよ・・・。

ま、とにかく何気なさそうに食べていたのだけど緊張で味なんてわからなかった・・(笑)
隣の細身の彼女が「あなたどこから来たの?」と聞いてきた。
「横浜です、日本の」と答えると彼女はびっくりしてそれから全くの日本語で
「私は葉山からよ!」
といった、驚いたのは私のほうでまさか完全なアメリカ人女性の口から完璧な日本語が
飛び出すとは思わなかった。
聞くと彼女はキャシーといってお母さんが日本人お父さんがアメリカ人との事、なるほど!
彼女と私は予定日まで一緒でした。
彼女のほうが1週間早く出産しましたが玉のような女の子でした。

縁とは不思議なもので彼女とはグアムで知り合って今でもずっと連絡をとりあっています。

一番驚いたのが沖縄に旅行したとき、彼女とは事前に連絡が取れなくて当時仕事の関係
で沖縄にいた主人の両親と一緒に基地内に買い物にいったのですが何と、あんなに広い
店の中で彼女にバッタリ!
「えええ~!何でここにいるの~?」お互いに抱き合って大喜び!

綾瀬市にいたときもわざわざうちまで子供連れてきてくれて子供達の写真をとってまた
この子達が大きくなったらこうやって写真とろうねと約束しました。
彼女の娘、うちの息子、彼女の息子、うちの娘の順に並べた写真は本当に可愛い♪

2年前彼女がアリゾナ州のフィネックスに家を建てたとの連絡をうけて家族で遊びにいき
ました。
綾瀬市以来10年ぶり、彼女は相変わらず綺麗で子供達の成長ぶりにはお互いびっくり。
「これじゃぁ親が年とるよねー!」
とかいいながらまた子供達を並べて記念写真パチリ!
これはもう10年ごとに写真とらなきゃいかんね~!
10年は長すぎるから5年後だな。

キャシーは面白い、話してる途中から本人も気づかずに日本語が英語に、英語が日本語
に変わったりする。
本人に言うと違うという。(笑)

というわけで長い昔話でした。









Last updated  May 24, 2005 02:49:05 PM
コメント(23) | コメントを書く
April 16, 2005
カテゴリ:独り言
【2005年4月16日午後1時30分】

楽天でページを作ってもう1ヶ月が過ぎた。
日記のテーマをたどっていろいろな方の日記なども見ることができて楽しい♪

自分が海外に住んでいるせいか時々海外生活や留学のテーマの日記を書い
ているページを覘いてみたりするんだけど、ほとんどの方の日記は真剣に楽し
く現地での生活やイベントを紹介していてなるほどと同感したりおもいっきり笑
わせていただいたり楽しませていただいてますが、たまに
「一体この人外国まできて何をしているのか、しようとしているのか?」
目的不明の人がいる。

2~3日前にアメリカに住んで6年という女性の日記を読んだのですが、憂鬱に
なってしまいました。
彼女に限った事ではないのですがどうも「かぶれ」と「劣等感」から全然離れら
れないでいる気がしてならない。
気持ちも分からないではないのです事実私も渡米1~2年目位まではアメリカ
にいること自体が観光気分で時々アホな事やったり言ったりしてたし。
(恥!)

その女性はアメリカ人男性との恋愛で彼の自分に対する愛情が無くなった事を
「彼にとっては私なんかよりもっと素敵なアメリカ人女性がふさわしいと思うから
彼の幸せを考えると私は身を引いたほうがいい・・・エトセトラ」
う~ん、なんで6年アメリカにいてまだこういう考え方になるんだろう?
読んでいて端々に感じるアメリカ崇拝感情にイライラ・・。
たかが普通のあめりか男にふられただけではないか。
なぜまだそんな男をかばう?
彼女の心が優しいとかそういう問題ではなくただのナイーヴ(無知)さを感じる。

アメリカにいる目的も 「ただなんとなく、男とのしがらみが云々・・」
う~ん(-_-;)?
メキシコのクラブで知り合ったたった一度だけ会った飲み仲間を「友達」と名前
入りでいうかな?
友達っていつも話したりして序じょに友情を感じて初めて友達でしょう?
私、クラブで会った”面白い人、楽しい人”は今までたくさん知ってるけどその
人達の名前なんてほとんど無意味なんです。

多分、彼女は6年経った今も「かぶれ」と「私は外人と対等に話せて友達も外人
です」症候群から抜け出せないでいるのだと思う。

時々、話の内容や意味を表現するときに英語の言語表現のほうがピッタリする
ことがあって私もよく使うけど(もし嫌味に受け取られたらごめんなさい!)
でも、むやみやたらカタカナにすりゃぁいいってもんじゃないだろうに。

それと、私の下手な英語で日記を書いてページに載せるなんてことは逆立ちし
たってできない。
大体そんな事考えた事もない。(考えただけで恥ずかしい)
でも、「かぶれ」の人ってそれができるんだな・・・!
そしてその英語の日記って日本人の私が読んだってあきらかに間違いだらけ、
すっごく変!
娘が読んで首かしげてた・・・。
6年アメリカにいてあの英語はないかと思うのですが、こういう人に限って日本
語も中途半端で変なんです。

みなさんから英語の質問されると私は必ず一応娘に直してもらいます。
(みなさん、お礼はどうか娘に・・爆!)

昔、主人と結婚したての頃米軍基地の近くにある飲み屋があってそこのおばさ
んがやたら日本語に横文字を入れて話す人で、彼女の娘は8ヶ月前にアメリカ
人と結婚してワシントン州にいっていた。
ある晩そのおばさんが言ったことががすごかった・・

「うちの娘がさこないだ6ヶ月ぶりに帰ってきたんだけどさ~、すっかり日本語忘
れちゃってね (何っ!?)毎日英語話さなきゃいけないから大変なのよ~♪」

・・・・6ヶ月アメリカいってただけで20年以上喋ってた日本語忘れるなんてただ
の馬鹿じゃん!
親子でかぶれていたのか!?

「かぶれ」もここまでくると立派な病気だな・・・

もっと言いたいことたくさんあるけどキリがないので終わります。

そのつもりは無いのですが、もし「あんたもかぶれてるよ・・」って意見がありま
したらお許しをm(_ _)m。(笑)


  










Last updated  January 27, 2006 02:22:50 AM
コメント(16) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.