838890 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

enjoy wheelchair life

2018.09.22
XML
カテゴリ:海外航空ショー
暗くなる心配も無いのでのんびり帰路に就いてみたら、色んな発見に出会って結果的にとても楽しい散歩になりました。今まで訪問した中でも特にここは何かと楽しい基地でした。ウィンク

IMG_3961

滑走路を横断し、普段ラプ子が盛んに歩いていると思われる誘導路を進みます。

写真では大した風景には感じませんが、実際の開放感、360度、広大な景色の感動はほんとうに凄かった!ヒコーキが離発着する場所だしアタリマエだけど、ここは特にスペシャルです!

IMG_3962

ラプ子のお家と思われるエリアを抜け、

IMG_3964

ようやく航空機エリアから外に出たところです。

IMG_3965

車道とは別に立派な歩道が整備されていて完璧です。

IMG_3968

基地内に複線の鉄道が通っていた。当初は軍事物資輸送用の軌道かと思いきや、正体は何とフェアバンクスへ向かうアラスカ鉄道の軌道でした。撮り鉄の血が騒ぐ絶景ポイントです!

次回はアンカレッジを朝8時15分に出発するデナリ行きのデナリスター号の通過をここで見たのちにエアショー会場入りのプランで挑んでみようと思ってます!グッド

IMG_3971

見通しは良いけど、何せ遠くてなかなか距離が縮まりません。

IMG_3973

基地内で釣りも出来そうです。

IMG_3974

毎日、森林浴!

IMG_3975

住宅もアメリカンスケール。

やっと基地ゲートに着いた!休憩していたところへ「君どうしたの?大丈夫?」と警察隊が駆け寄ってきてくれました。

IMG_3976

嘉手納基地の警察隊として一昨年まで3年間日本で過ごしたという隊員さんでした。日本がとても気に入ったそうで昨年の夏に3週間掛けて日本各地を訪問し富士山の山頂までアタックしたと嬉しそうに思い出を話してくれました。唯一覚えたらしい「はい」の日本語を連発するとっても愉快な隊員さんでした。

撮影してくれたのは彼のボス。なのに基地ゲートがもろに映っていたので一応、隠してみたw

IMG_3979

タクシーの手配をお願いした結果、1時間半の待ち時間と告げられノックアウト。この先にバス停があるよ!と教えてくれたのでさらに自走で移動を開始しました。

IMG_3978

ゲートを入った直後の景色。滑走路は遥か彼方です。

IMG_3981

このヒコーキも間近で見てみたかったので、なおさら走ってきた甲斐があった。F-15は分かるけど説明書きは何もなし。

IMG_3984

ともあれ本当に偉大な基地です!

IMG_3986

シマッタ~、立体交差だったんだ。。交差点の左右どっち側にバス停があるのか確認しなかったのでイキナリ迷子。。

IMG_3987

ダウンタウンの方向に向かってみたけど、

IMG_3990

交差点にバス停が有るといってたのに、いくら進んでも無いしヤバイ、どうしよう。。こうなったらダウンタウンまで自走で帰るしかないと一度は覚悟を決めたけど、、。

IMG_3989

さらに1キロほど進んだところでバス停発見!助かった~!! と思ったのも束の間、すでに最終バスが通り過ぎてしまった時間で完全にノックアウト。


そもそもアラスカ訪問前に下調べした際に、基地周辺行きのバスは無いと判断していました。おかしいなあと思いつつも、警官があると云うなら間違いないだろうと信じてみたけど、

結果は見事に間違いだったww そんなあほな(笑)

あの場で見たバス停は何だったんだろうと帰国後に再度調べてみたところ、21番バスの"Mtn View & Pine Wnw"というバス停でここが基地ゲートの最寄りになりますが、しかしダウンタウンは通らないバスなので乗り換えが必要です。

Anchorage People Mover

2日間通った挙句に熱中症のロクデナシ上がり、もうボロボロで泣く泣くギブアップ。。

介護士に連絡して迎えに来てもらって無事帰還。地図上でおさらいした結果、走破した距離はエアショー会場を基準にして約7キロでダウンタウン中心部までの行程のほぼ中間地点でした。自走も不可能ではない距離かもしれませんが、NOBはもう二度とイヤだー。(涙)






Last updated  2018.09.22 19:01:52
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.