196159 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

冷男の小型株投資

Jun 20, 2017
XML
カテゴリ:個別株
今回も保有株のハイアス・アンド・カンパニーのビジネスモデル分析です。

誰に(顧客・ターゲット)、何を(提供価値)、どうやって(提供手段)、どのように利益を生むのか(収益モデル)のプロセスに沿って、提供価値まで記事にしてきました。

レベニューシェア中小工務店が大手ハウスメーカーに挑む

デザイン、性能、コスト(価格)で売れる家

レベニューシェア

次に提供手段について書こうと思ったのですが、顧客・提供価値の部分でもう1つ外せないビジネスモデルがあるので、取り上げておきたいと思います。

タイトルにもある「レッドオーシャン(血で血を洗う競争の海)からブルーオーシャン(競争のない青い海)へ」は、私が好きな書籍の中にある好きな一文です。ピーターリンチで言うところの、「砂漠のなかの一輪の花」に通じるところがあると思います

今でいう「レッド―オーシャン」は格安携帯市場やエネルギー市場あたりですかね。安けりゃ何でも良いってところ、ありますよね。

「ブルーオーシャン」という単語は、株式投資を始めるといずれ見聞きする単語ではないでしょうか。

私の参考にしている書籍ではブルーオーシャンを、「従来の提供価値の組合せに修正を加え新たな市場を創出し、市場を先占する」と表現しています。

競合のいない新たな市場を作り出し、その市場を独占して利益を上げるビジネスモデルです。
この言葉から察するに、このような市場を作り出した企業は大きな利益を、継続的に得ることができるため、多くの投資家がこのような企業に投資をしたいと思っているはずです。


「ブルーオーシャン」のビジネスモデルで成功したと言われたりする企業を挙げてみます。

任天堂・・・Wiiの販売で、それまで対象外だった家族層を取り込み、顧客層を大きく拡大させた。
コシダカHD・・・女性限定、短時間フィットネスクラブのカーブスで急成長した。
IKEA・・・安くておしゃれな家具を、画期的な販売方法を採用して家具業界に革命を起こした。
ラウンドワン・・・様々なスポーツをつまみ食いできるようにし、定額制を採用して、今までそういった施設に出向かなかった顧客を掘り起こし急成長した。

その他、以前、「ビジネスモデルイノベーション」で記事にした企業なんかも当てはまりそうです。
いずれにしても、何かとんでもない発明をしたり、急成長産業の中にある、とは思えませんから、こういった業界にも素敵な企業があるってことですね。


では、具体的なところを、ハイアス・アンド・カンパニーのR+house事業で分析してみます。
図にまとめるとこんな感じです。



デザイン、性能、価格の3要件はハイアスが差別化して売りにしている要件であり、実際の顧客は様々な要因で他社と比較します。

決してこの3要件で他社と比較することが正しい、という事ではありませんが、実際に不動産業界にいたことがあり、自らも家を建てた経験からしても、この3要件は多くの顧客が無意識に、比較している面はあると思います。

また、デザイン性には外観や内観だけでなく、間取りや仕様の選択の自由度等、広義の意味で捉えています。

個人的に価格面では、大手と中堅ハウスメーカーの中間のポジション取りをしていると考えており、この辺りで悩む顧客層を取り込もうとする姿勢を感じます。

デザイン性と機能性が大手並みに高いのに、大手より価格が安いという、ニッチながらも新たな市場(ブルーオーシャン)になり得るのではないか、と期待しているところです。(ニッチだけど市場規模は何兆円とデカい)

あくまで私の感覚ですが、このポジションの認識が間違っていればブルーオーシャン戦略の根本が崩れますので、疑いつつもその動向を見守っていくという感じです。



先日、地域の住宅情報誌を眺めていたのですが、製品として競合するのは大手よりも地域に密着した、地域に地盤を築いてきた有力な工務店なんだろうな、感じました。

全国的には無名でも、地元では名度抜群、ガンガン家を建ててる工務店ってありますよね。意外と、上記の3要件を備えた力のある工務店もありますので、そんな競合のいる場所では苦戦するかもしれません。



住宅会社を選ぶ要件の一つに、「ブランド力」も重要な要素となる顧客も多数いますが、ブランド力って、圧倒的に供給量や、長い時間を掛けて作り上げられるものであるため、成長段階にある会社に投資するにあたっては、それほど重要ではない要素だと感じています。

ブランド力は結果として付いてくるものとして考えると、圧倒的な施工実績で急成長を果たせば、ブランドが確立され、後に持続的な競合優位性のビジネスモデルとして機能してくるはずです。



以前はブルーオーシャンって、何だかとんてもなく画期的な発明や、奇抜なアイディアで大成功、みたいな、自分には到底見つけられっこない世界だって思っていたのですが、

成功している企業を見ていると、割と身近に存在するもので、従来の市場から少し顧客層を変えてみたり、販売方法を変えてみたり、という変化で成功している企業が多いことに気付きます。

もちろんその変化を成し遂げるには、多くのプロセスを経て、とても苦労して、失敗を繰り返して、今まで誰もやれなかったことを実行するわけですから、

投資家側からすれば、そのアイディアに乗っかるだけで儲けられるかもしれませんので、リスペクトしかありません。

ブルーオーシャンのビジネスモデルでは、顧客と提供価値の部分では大きな強みを発揮するものですが、そのインパクトから、部分的にクローズアップされている事が多いです。

しかしながら、大切なのは、それをどのように販売し、どのように収益を上げるか、ということであって、それらがうまく機能していないと、持続的な成長、競合優位性を築くことができないのではなかろうか、と感じているところです。

長期間成長し続ける会社を見つけるためには、ビジネスモデル単体の強さだけでなく、各プロセスにどのような影響をもたらすのかも、確認しておく必要がありそうです。

 








Last updated  Jun 20, 2017 08:00:05 PM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Freepage List

Category

Free Space

☆相互リンクとお気に入リンク☆

薄給公務員のインデックス投資

いつか子供に伝えたいお金の話

*Simple資産運用生活*

独身一人暮らし女だからこれからどうやって生き抜いていくか考えるブログ

仕事、資産運用で自由な人生を

小黒とらのパーソナルファイナンスと悠々自適な生き方

夢見る父さんのコツコツ投資日記

夫婦でコツコツ貯蓄と投資をしてみる

30代OLもちぼしの不動産・年金・お金のブログ

ライフハッキング360

インデックス投資トラベラー

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

インデックス投資日記@川崎

インデックス投資主婦1年生

【お金を貯める方法】誰でもできる節約術まとめ!

株太郎と愉快な仲間たち

※当サイトはリンクフリーです。

PVアクセスランキング にほんブログ村







【参考にしている本】
















Comments

ノッチ2740@ Re[1]:ビジネスモデルイノベーション(06/11) ニシ。さん ニシさんお久し振りです。 私…
ニシ。@ Re:ビジネスモデルイノベーション(06/11) お久しぶりです。 ハイアスアンドカンパニ…
ノッチ2740@ Re[1]:相互リンクについて(08/16) 株太郎さん 申請ありがとうございます。…
株太郎@ Re:相互リンクについて(08/16) 株太郎と愉快な仲間たちの管理人、株太郎…
ノッチ2740@ Re[1]:じげん【3679】にはかなり期待しています。(07/22) 公務員副業ドットコムさん 恐れ入ります…

Archives

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.