000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

知的好奇心の探求!! 野田すかの裏モノライター奮闘記【β版】

4.診断

AX

悪性リンパ腫探検隊/ホジキン病闘病記


4.診断/国立ガンセンターより


・先に述べた症状がある場合、頸部、腋窩および鼠径部(そけいぶ:足のつけ根)などのリンパ節の腫脹の有無を注意深く診察します。 リンパ節腫脹を認めた場合には、小手術でそのリンパ節をとり出し病理検査を行います。この検査はリンパ節生検と呼ばれています。

国立ガンセンター>ホジキンリンパ腫


自身の診断・検査の場合

・自身の検査順序は、

 1.血液検査 →
 2.CT検査 →
 3.細胞検査(リンパ節生検) →
 4.骨髄検査 →
 5.MRI検査(ガリウムシンチ)

 というものでした。1カ所で検査をしているように思えますが、実際には複数施設で検査してもらってます。担当医のいる病院までは紹介につぐ紹介で辿りつきました。そこへ行くまでに、

 1.近所のかかりつけ医
  (悪性腫瘍の疑い。検査機器が充実している病院を紹介される) →

 2.東京大学医科学病院
  (悪性腫瘍の検査~確定。通院できないので、
   同病院の血液内科出身者がいる近所の総合病院を紹介される) →

 3.現在の担当医がいる総合病院

こんな感じで紹介につぐ紹介で辿りつきました。
そんなわけで、皆さんは検査をしていく過程で治療を考えるようになってくるかと思います。入院治療に柔軟対応することを考えれば家から近いのが一番のベストです。そうは言っても近所には治療体制が整っていない。そんなのだったら国立ガンセンターがおすすめです。紹介状や予約がなくても検査を受けることが出来ます。入院・通院の相談にものってくれます。
 施設は患者優先で考えられているので広くてゆったりしてます。 また、ガン患者しかいないので患者が多くなくゴミゴミとした環境ではありません。
 緑も多く、目に優しいし気持ちも安らぐはずです。 セカンドオピニオンや施設見学をするうえでもガンセンターはおすすめです。。

※この頃から胸部に違和感(痛み)を感じてましたが、学生のころからあるので、それをホジキン病につなげて考えませんでした。つーか病名を知らない。ただ単に心臓が痛くなっている程度だと思うようにしてました。


よろしければコンテンツへのご意見、ご要望、ご感想をお聞かせ下さい。
リンク切れなども教えて頂けると助かります。nodasuka@hotmail.com

捜し物はありませんか <ご利用上の注意>
 当サイトのリンク先が保有する内容の合法性や道徳性、著作権の許諾の有無、正確さ、最新性などについて、当サイトの管理者は責任を負えませんので御了承願います。 また、管理者は、当サイトをご利用中に生じた直接・間接の損害に対する責任を負うことが出来ません。御自身で御判断の上、御利用下さい。お願い致します。  尚、このブログはリンクフリーです。確認は無用です。リンクはブログのトップか必要としているコンテンツの各トップへお願いします。相互リンク可能です。気軽にお声掛けください。
All Rights Reserved. Copyright(C) 1999.2.1 nodasuka.com

戻りボタン トップページへ戻りボタン 送りボタン

レッツ!ビギンでホジキン病 トップページへ
野田すかの裏モノライター奮闘記【β版】トップページへ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.