628920 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

のいちご文学館

歌集【身延の春】

  身延の春(一)その1            

母に捧げる                                

 

                                           
身延の春


 [序章]

 

さよならと千切れるほどに手を振りて
別れを告げる母のふるさと


振り向けば小さくなりぬ母のかお姿
いついつまでも両手振りいる


貧しさのさなか最中にありて
我が母は笑顔たやさず我を育てり


母ありて我の今あり
涙して母の歌いしうた人生歌を歌わん


れんげそう摘みて遊びしふるさとの
四月に似たり身延の春は


 [身延山]

この道を母は歩みき
我も今仰ぎて辿る身延への道


朝霧のたちこむ境内ひとけ人気なく
吐く息白しさんぱい身延の朝


たらちねの母の遺影を胸に抱き
御堂に向かう母の子として


母逝きて一七年の歳月流る
今もなお《強く生きよ》の母の声聞く


勤行(おつとめ)の南無妙法蓮華経(どきょう)轟く身延本殿
ひたすら祈る子供の未来


ひたすらにただひたすらに祈りおる
巡礼姿の母に会えたり


息子二十娘十七の春を迎える
母が紡いだいのち生命いとおし



身延の春(一) その2


                                      母衣崎健吾

身延の朝


[七面山]

一歩づつ踏みしめゆけば母の声
《 待っていたよ 》と我を迎える


あさぼらけ朝朗真向かう瞳に映りける
パノラマ画像は抒情詩の如く


昇りくる朝日にむか迎いてあわ合掌す手に
母の顔見ゆ 父の顔見ゆ


富士のみね嶺肩よりいでし朝の陽の
いちばんこう一番光ぞみどう七面山御堂を照らすは



静寂の御堂を揺さぶる声楽曲(カンタータ)
若き修行僧(そうりょ)の音律(しらべ)途絶えず



限りある生命(いのち)見つめて
今日もまた所為なき我を母に悔いたり



(身延山・七面山山中にて)


 

 

身延の春(二)その1

                                        母衣崎健吾






病室に差し込む光
照らしおる細くなりける母の御姿

ひととき一瞬の病消え去り我が子抱く
母の姿は聖母の如し

《 かあさんが逝ったよ 》
納戸に篭り父に告ぐ形見に残せし箪笥に向かいて

たらちねの母と添寝の蒲団焼く
煙を追えば満天の星

千尋(ちひろ)なる慈悲のこころ満ち満ちる
母が逝きたり ははが逝きたり

立ち籠める煙に紛れて涙拭く
蛍も泣けるか飛湍(ひたん)に流され

蛍火よ一人で逝きし母なれば-
野辺の送りの夜道を照らせ

蛍飛べ母の悲しみ抱いて飛べ
わが悲しみ背負って飛べ




身延の春(二) その2

                                       母衣崎 健吾



一番星


死別して三十三年の歳月(とし)流れ
晴れて寄り添う夫婦星(ほし)ぞ瞬(またた)く

春風にかすかに薫る白い花
庭のすもも李は母の面影

のいちごの真白き花が咲きたれば
雨に打たれて母をぞ追想(おも)う

寒椿今年の冬は咲いてくれるな
勿忘草(わすれなぐさ)をこころに咲かしむ


幼き日母と見あげし西の空
一番星の今日も輝く

庭先に春を告げるやふきのとう
父に知らせの便り届けよ

山吹の色に染まりしあげはちょう
あすは弥山の峠を越えるや
 
村人の列に向かいて我が母は
別れを告げる遺影となりて




© Rakuten Group, Inc.