627149 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

のいちご文学館

PR

X

全57件 (57件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

ぶらり・鎌倉

2018年02月04日
XML
カテゴリ:ぶらり・鎌倉
昨日は節分。鎌倉の節分祭に行ってきました。
建長寺⇒鎌倉八幡宮⇒鎌倉宮 この3ケ所で60個の豆を拾いました。
福賞もたっぷりいただきました。

東慶寺の梅はまだまだですが荏柄天神の梅はもう満開でした。














最終更新日  2018年02月04日 19時33分01秒
コメント(0) | コメントを書く


2015年04月03日
カテゴリ:ぶらり・鎌倉




sgs0151.gif

人生は一度休んで花の宴

きのしたよしみ

c37.gif




LAST TRIP 1

鎌倉の春


(1)


4/2春の鎌倉に行ってきました!

来年4月
新世界三大夜景に選ばれた長崎の港を俯瞰できる丘に
のいちご記念館を開館するため、
鎌倉の春は最後になることでしょう

いつもの年より
鎌倉が美しく見えた1日でした!



円覚寺→ 東慶寺→ 浄智寺→ 明月院→ 長寿寺→ 海蔵寺→ 浄光明寺→ 英勝寺→ 寿福寺→ 光則寺→ 長谷寺→ 収玄寺→ 大覚寺→ 常栄寺→ 妙本寺→ 大巧寺→ 妙隆寺→ 宝戒寺→ 八幡宮→ 円応寺→ 建長寺 のコースで21寺社を巡りました。

今日も行く予定でしたが天候が今一つの撮影日和なので、
取りやめました


DSCF4250-s.jpg

鎌倉・妙本寺 撮影:きのしたよしみ









最終更新日  2015年04月04日 10時33分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年03月20日
カテゴリ:ぶらり・鎌倉

ぶらり・鎌倉

【今日の写真】

湘南・七里ケ浜をぶらり歩いた時の写真です
海は生家の庭からよく見えました

だから、海は大好き

なにかの本で、
人間は
水の中でいのちが生まれ
水のなかで育つ動物である
と論じられているのを読んだことがあります

海を見ていると
穏やかなこころになるのは
おそらくそういうことなのでしょう


kamakura1 040s.JPG

湘南・七里ケ浜【光る海】

撮影:母衣崎健吾







最終更新日  2014年03月20日 07時48分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年03月06日
カテゴリ:ぶらり・鎌倉

鎌倉の春

今日の鎌倉はは絶好のハイキング日和
どこを歩いても梅の香りが漂っているだろう

東慶寺の梅の庭園は特に素晴らしい!
紅梅をみると幸せな気持ちになれる

鎌倉はぶらり、ゆっくり歩くに限る
なんど行っても新たな発見がある

小さな気づき、大きな気づきもあるだろう
ちょっとした感動、びっくりするような感動

街のあちこちで触れることができるだろう
鎌倉の春、今年はどんな物語が待っているのだろうか

楽しみである


DSC01449ss.jpg

東慶寺・梅

撮影:母衣崎健吾







最終更新日  2014年03月06日 08時33分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年03月02日
カテゴリ:ぶらり・鎌倉


【ぶらり 鎌倉】

随分前に綴った鎌倉の春のエッセイがある。
今から10年ほど前のことである。
姪が結婚したのは数十年前のことだから
20年ほど経ってから綴ったことになる。

とても懐かしい鎌倉がそこにある。
私にとって原風景の鎌倉だ。

今年は大雪が降ったから
鎌倉の春は遅くなるのだろうか。
そう思って鎌倉・東慶寺のHPを訪ねてみた。
梅の開花の便りが掲載されていた。

今頃鎌倉は梅の香りに包まれているだろうか。
ぶらり鎌倉したくなった。

折しも明日は、ひな祭り・女の子のお祭りの日。

すべての女性が幸せになれることを祈って
かまくらをぶらり歩こうか。

11.gif


当時のエッセイ ↓

【鎌倉の春】

新婚一ケ月のお嬢さんと結婚を来春に控えた姪の華やいだ二人と一緒に鎌倉を訪れる機会を得た。
 若い女性に相応しく今年半ばの鎌倉は最高の雰囲気を醸しだしていた。
タクシーの運転手が「こんなに色々な花を見られるのは私も初めてですよ。今日の一回で四,五回来たのと同じくらいの価値がありますよ」と、言ったように、水仙、梅、桜、桃、木蓮、山吹、海棠など季節の異なる花々が、訪れる先々で、遅い春を待ちどうしく一斉に咲いて、私たちを迎えてくれたからだ。
 特に、雨の降りしきる中、円覚寺の山門に赤い傘をさして佇むシーンは、私の念願のカットでもあり、緊張して幾度もシャッターを切った。
 静かな光則寺も彼女たちにはお気に入りだった。縁側に座ってひとときを過ごした。
「来てよかったわ」
 彼女たちの呟きが私にはとても嬉しかった。
別れ際、「幸せになるんですよ」との私の呼びかけに、思わず涙を拭いた二人の若い女性に一礼して家路についた




DSC01833 ss.jpg

鎌倉・東慶寺

撮影・母衣崎健吾







最終更新日  2014年03月02日 06時26分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年02月23日
カテゴリ:ぶらり・鎌倉

ぶらり 鎌倉


大雪から10日余り経ちました。
今頃鎌倉の春の花たちは今や遅しと開花準備にいそしんでいることでしょう。
冬咲きの花たちは遅れを取り戻そうと一斉に花を咲かせます。
鎌倉巡りしませんか?

今頃は東慶寺の梅たちが
あなたにみられたいとおめかしして待っていますよ!

DSC00654 ss.jpg

鎌倉・東慶寺

撮影日:2009・2・25

撮影・母衣崎健吾




おでかけの前に、鎌倉の開花情報を確認してね!

東慶寺のHP ↓

東慶寺 花だより


鎌倉観光全般のことなら ↓

鎌倉観光協会







最終更新日  2014年02月23日 07時52分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年04月20日
カテゴリ:ぶらり・鎌倉


<ぶらり鎌倉>

鎌倉のさんぽみち(1)

安養院:北条政子法名の寺

この寺のツツジは見事というほかはない
この時期には必ずこの地を訪れる

そのときは観音さまとお地蔵さんに
あいさつするのが恒例だ

観音様のご利益は縁結び
世界中の子供たちの幸せを祈願する



安養院・つつじ

撮影:母衣崎健吾


この寺の歴史には、長楽寺・善導寺・田代寺という3つの前身寺院が関係している。長楽寺は、1225年(嘉禄元年)北条政子が夫である源頼朝の菩提を弔うため長谷笹目ヶ谷(はせささめがやつ、鎌倉文学館付近)に願行を開山として創建した寺と伝えられる。山号を祇園山と号し、律宗の寺院であった。長楽寺は1333年(元弘元年)兵火により焼失し、大町にあった善導寺に統合され安養院長楽寺と号した。なお、安養院は政子の法号から取られたものである。一方、田代寺は1192年(建久3年)田代信綱が尊乗を開山として比企ヶ谷(ひきがやつ)に建立したのに始まると伝えられ、江戸時代になって安養院に統合された。千手観音は田代寺にあったもので、田代観音とも称されている。

本堂内には寺の本尊の阿弥陀如来坐像(室町時代)の背後に
札所本尊の千手観音立像(江戸時代)を安置する

                           (ウイキペディアより)







最終更新日  2013年04月20日 05時12分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年04月18日
カテゴリ:ぶらり・鎌倉



09261.gif



【のいちご】創刊27周年

のいちご文学館6周年

~いのち・こころ・あい~


第4回のいちご

写真・文学展

【四季・鎌倉】

5/27~6/16

10:00~16:30
最終日は12:00まで

横浜・栄公会堂
さんぽみちギャラリー



言の葉を

一首に込めて

詠い行け

こころに満つる

いのちの詩を



DSC01727.JPG

鎌倉・稲村ケ崎

撮影:母衣崎健吾



/P>







最終更新日  2013年04月18日 06時08分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年04月04日
カテゴリ:ぶらり・鎌倉

g35.gif



昨日・1昨日来の暴風雨で
横浜・鎌倉の桜はほとんど散ってしまいました
来週の入学式は葉桜で迎えそうです

2002年以来の史上最速の桜開花が
あだになったようです

いっそのこと
ツツジが開花してくれればいいのですが…

思い通りにならないのが
季節・天候ですね

浄光明寺・つつじ


鎌倉・浄光明寺・つつじ

撮影・母衣崎健吾








最終更新日  2013年04月04日 08時28分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年03月28日
カテゴリ:ぶらり・鎌倉


haru_fukei_015.gif


≪ぶらり 鎌倉≫

ぶらり鎌倉するには今日はあいにくの天気です

ただ僕にとっては絶好の日和
なぜかっていうと、
こんな日は観光客も少ないし
したがって、お目当てのショップも混雑していない

春の景色になった山に朝もやが立ちこむ古都が堪能できますよ



東慶寺・春 雨の朝

東慶寺・春 雨の朝

撮影・母衣崎健吾







最終更新日  2013年03月28日 06時56分50秒
コメント(0) | コメントを書く

全57件 (57件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.