627530 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

のいちご文学館

PR

X

全2件 (2件中 1-2件目)

1

写文

2013年06月30日
XML
カテゴリ:写文



いきる(2)

枇杷

中学に入るとすぐにバスケット部に入部した。
生家のすぐ近くにあった先輩が誘ってくれたからだ。

新入部員は僕だけだった。
スポーツの得意な人は野球部に入るのが普通だった。

遊ぶことにかけては誰にも負けないと思っていたが
野球には全く関心がなかった。

中学生になったら、本を読みたかった。
世界のこと、社会のこと、身のまわりのこと、
そこには、僕の知らないことがたくさん詰まっていると
漠然と思っていた。

それもできないまま、
バスケットに打ち込むことになった。


先輩の家に行くと、
大きな枇杷(ビワ)の木が何本もあって
五,六月ごろにはたわわに実がなった。

その実はとてもおいしかった。


DSC01038-w.JPG







最終更新日  2013年06月30日 06時02分07秒
コメント(0) | コメントを書く


2013年06月26日
カテゴリ:写文




いきる(1)



蓮は泥水の中にも咲く
なんとけなげな花であろうか

人が生きていれば
うれしいこともあれば

耐えきれないほど
悲しいこともある

でも 僕は思うのだ
今は悲しくとも

きっと笑える日が来ると!
そのことを信じて

前に向かって
歩んでいきたい!と




DSC02261-w.JPG


鎌倉・源氏ケ池 蓮

撮影:母衣崎健吾








最終更新日  2013年06月30日 06時01分22秒
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


© Rakuten Group, Inc.