119930 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あんなことやそんなこと

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


おちゃのこさいの

Category

Freepage List

Comments

danke3@ Re:パッションフルーツの続き(09/09) やはり熱帯の生物、生命力がすごいのです…
ケビン大杉@ Re:パッションフルーツの続き(09/09) 凄すぎます。 そのうち、熱川バナナワニ…
いちろん92@ Re:パッションフルーツの続き(09/09) 本当に熱帯みたいですね!そういえば、パ…
ナタ55@ わ~~い♪♪ おちゃのこさいの様、こんばんはです。 …
おちゃのこさいの@ 温室・・・実はあるんです ケビン大杉さん  おちゃのこ(父)の趣味…
2005/04/04
XML
テーマ:日常の雑談(1928)
昼食どき、私は、ランチ及びコーヒーを啜りつつ、しばしの間の休息を楽しめるレストランを探して歩いていた。未読了のHellblazerを読み終えてしまいたかったからだ。なぜ、未読了なのか。それには理由が2つある。一つ目は、何を思ったか2冊も買ってしまったからであり(調子にのるからだよ)、2つ目は、サマータイムの開始により、私の脳内では存在していたはずの1時間が奪われてしまったからである。面倒なもので、私より余程賢いWindowsが自動的に時間調整をしてくれておらねば、私は、今日派手な遅刻をしていたに相違あるまい。

幸運なことに、職場から程近く、落ち着けそうなカフェ・レストランがあった。目的を達成できるだろうとの目論見の元にその入り口をくぐったのであるが、その目論見は、ほどなく全く裏切られる結果となる。

アメリカでは、5時にでもなれば即時に帰宅したい人が多勢をしめるため、昼食に時間をかける人は稀だ。昼食に時間を費やせば、帰宅する時間がその分遅れる旨職場の1名が話しているのを小耳に挟んだ。かくして、落ち着いたカフェ・レストランで食事をしている人種とは、ビジネスランチか、あるいはそれに類したやや公的な集まりの出席者であることが多いのだ。私が入り口をくぐったカフェ・レストランもその類に漏れず、ビジネススーツの紳士が会議をしていたり、年配のマダムが旧交を温めていたり、と社交的な人々でほどよく混んでいた。

おそらく私の持っていたHellblazerについての説明をした方がよかろう。Hellblazerはいわゆるアメコミである。日本の物と違い、判型が大きくA4ほどもあること、及び、全ページがカラーであることが特徴だ。大変目立つのである。しかも、Hellblazerはオカルト作品である。ぐろぐろでねちょねちょでげろげろのカラーイラストが満載なのだ。とても昼食時にふさわしい作品とは言えぬ。周囲は、ビジネススーツの紳士やら上品なマダムグループやらで囲まれている。彼らがぐろぐろでねちょねちょでげろげろを、昼食時に目に入れて、心地よさを感じることがないであろうことは想像に難くない。やむを得ず、出勤時に駅で入手した無料のニュースペーパー(この辺りがせこい)を広げ、その場をやり過ごすことにした。

結局、未了部分は帰宅時の電車内に持ち越されたのである。が、スラング満載で今一つ理解に苦しむ、トレンチコートに煙草を手放さないJohn Constantineの台詞を、なまじ脳内補完しつつ帰宅したせいか、脳内が半端にハードボイルド仕様になってしまった。場にそぐわない試みはろくな結果を生まないのである。






Last updated  2005/04/05 01:50:27 PM
コメント(2) | コメントを書く
[その日のよしなしごと] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:シックなカフェにヘルブレイザーは似合わない(04/04)   danke3 さん
ぐろぐろねちょねちょげろげろですか…それをランチと一緒に読もうと思う、おちゃのこさいのさん…スゴイです。
マンガのコンスタンティンもかっこいいですか?
さっき、日本の『コンスタンティン』公式サイトを覗いてきました。
いろいろ凝ってて面白いですね。映画が楽しみです。 (2005/04/06 01:12:18 AM)

典型的左脳人間なので(っておいおい)   おちゃのこさいの さん
danke3さん

 なので、切り離すのはわりと得意というか(全然言い訳になってません)。
 コンスタンティンの公式サイト頑張ってますよね。アメリカ版とまた違っていて面白かったです。漫画版は、もうちょっとくたびれていて、なんだか、金髪で馬面の刑事コロンボみたいです(ってどんな例えなんだ)。オリジナルの設定は、ロンドン在住なことになっているので、ロスにきて運転してる助手みたいな人が「こいつら右側走ってるなんて信じられねー」みたいなことを言ってるのが妙にツボにはまって笑っちゃいました。 (2005/04/06 11:37:28 AM)


© Rakuten Group, Inc.