300950 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

野遊び共育~自然と親子がテーマです。

PR

Profile


よもさん586

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Comments

Jixiang@ Re:オートキャンプ協会認定★印は信用できる?(03/26) ここもカネですか⁉︎ さっきまで、来週末に…
犬太郎@ Re:野口健チョモランマ登頂、でもその直後。。。 昔の記事につっこむのも野暮だとわってる…
犬太郎@ Re:野口健チョモランマ登頂、でもその直後。。。 まあ、その野口健もチョオユーと一回目のエベレスト…

Category

Archives

2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03

Favorite Blog

言葉の重み たぬかめさん

あほよし徒然日記 aho-yoshi-usさん
Birdman's Blog OEECさん
犬に咬まれたと思っ… atson1130さん
たまのはこのなかみ たまて箱さん
あんどうりす の … りす(*^ ^*)さん
Motor & Outdoor Jou… 安藤 眞さん
保育ソーシャルワー… (げんき)さん
気軽にアウトドア yoshi836さん

Freepage List

2007.05.24
XML
カテゴリ:自然のこと
話題としては遅いのですが・・・(^^;
登山家の野口健さんが5/15、2度目のエベレスト登頂。
10年前に退却を余儀なくされた中国側からの雪辱戦。
”偽善者”だとか揶揄される野口健ですが、僕は並大抵では2度のエベレスト登山はできないと思いますので、素直に尊敬するし、おめでとうと言いたい。

ところで、あまり大きく報道はされてないのですが、野口健が登頂直後、日本の商業公募隊の男性が死亡するという状況に出会いました。
滑落とかの事故ではなく、疲労によるショック死の模様。
うずくまってそのまま動かなくなってしまったようだ。
その彼を、野口健は仲間と一緒に100m下ろすが、遭難が危惧される日本人女性がいたこと、これ以上高所で作業をすれば自分たちの命も危ないということで、しかたなく現地に埋葬してきた。
埋葬と入っても、土は無いので、当然雪の中に埋めた。

現場のリアルな状況が、野口氏のブログに書き込まれていましたが、主催者である公募隊の隊長が先に下山していて、野口隊が救助せざるを得なかったことなどから、その隊長を非難するコメントが集中したようで、現在は削除されている。
リアルな状況を読みたい方は、公式ブログをご覧ください。

その商業公募隊のブログのコメントには、「本望だったろう・・」という内容が多い。

野口隊が登ったとき、30隊いた登山隊のうち、28隊が各国の公募隊だったそうだ。
公募隊があるお陰で、とりあえずプロの手を借りて、誰でもエベレストに挑戦できるようになった。
でも、やはり8000mを越える高地は、自己責任の世界。
いかに、プロのガイドとはいえ、「絶対に安全に」ということは保障できない。

野口健は、公募隊というシステムに疑問を投げかけているが、僕個人としては、良いとも悪いとも言えないかなぁ。

ともかく、無くなった方のご冥福をお祈り申しあげます。






Last updated  2007.05.24 17:22:48
コメント(4) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


本人のインタビューをみました   はじめ2 さん
本日、テレビで野口氏本人がインタビューでこの事故について応えていました。自分の酸素切れも迫っている状況で、助からないとわかっている人を最期を看取るときに自分が感じたことも正直に話していました。状況と行動への説明責任を果たす姿勢を感じました。

8月9日21:00~21:55 MXテレビ 「花田紀凱 ザ・インタビュー」 (2008.08.09 23:13:51)

Re:本人のインタビューをみました(05/24)   よもさん586 さん
はじめ2さん

極限の状況での選択って難しいですよね。
自分がいっぱいいっぱいのときに人のこと助ける余裕があるかどうか・・・自分には自信がないですぅ。。。(^^; (2008.08.10 00:47:15)

Re:野口健チョモランマ登頂、でもその直後。。。   犬太郎 さん
まあ、その野口健もチョオユーと一回目のエベレスト挑戦は商業公募隊なんだよねぇ…
国際公募隊の隊長にいわれたのきっかけになったてかっこつけてるけど、ラッセル・ブライスって名前だしてるから
公募隊はHIMEXで間違いない。
ガイド、シェルパの教育、待遇、福利厚生に力いれて優秀なシェルパを囲い込んでいる。最高商業登山隊です。
規約でゴミや排泄物がすべて持ち帰るなど徹底してる
二回目と三回目は野口氏は自分の隊組むけど実質的な登山隊長は山岳カメラマンの村口徳行氏
野口氏の登山技術をみた村口氏の印象が
簡単に潰れる(断念)する野口君は公募隊からみていいお客様だったろう。せっかく高い金はらって参加したのになにも学んでこなかったようだ
とかなかなか悪辣なこと書いてた
三浦雄一郎を支援してるのだってヒマラヤ登山手がけるWECが下準備をしてるし
栗城史多は大阪のボチボチトレックのツアー貸切でやってるのがバレてる(公式にはみとめてないがボチボチのHPに栗城史多で間違いない画像がつかわている)
イモトも三浦雄一郎とおなじWEC
自分だって山岳会に所属しないから散々商業的にやってる登山会社に世話になって一人前にしてもらったのに
一般人相手だと否定的になるから個人的に野口健氏は嫌いなんだよね (2013.10.10 12:44:36)

Re:野口健チョモランマ登頂、でもその直後。。。   犬太郎 さん
昔の記事につっこむのも野暮だとわってるんですが
2007年にチベットルートでなくなってる日本人って
望月泰彦さんか?
当日会社員とかかかれたせいでアマチュアの愛好家みたいな扱いされたけど、この人筋金入りのアルパインクライマーです。
日本勤労者山岳会の会員だし長野県ロック&プッシュのメンバー
山岳会のヒマラヤ遠征隊(近藤隊)に参加してK2やナンガパルパッドなど8000m峰でも技術的難易度で一二を争う山に無酸素登頂に成功している

登山計画では、当初から単独&無酸素での登山で公募隊とは話がついていたから
公募隊の隊長を攻めるは酷だし
この望月さんの実績なら、公募隊も許可しますよ。それだけK2などの無酸素登頂はステータスが高い
海外のプロ登山家に野口氏と望月氏の登山実績をみせてどちらが実力が上だとおもうかを質問したら十人中十人が望月氏と答えるだろう、それくらいK2は難しくステータスが高い
K2などはプロが命を懸ける山なので扱ってる公募隊なんてないし
近藤隊→隊長の近藤和美は8000m峰9座登頂、うち6座無酸素(これは日本人最多)の猛者
(2013.10.10 14:13:54)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.