000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

野遊び共育~自然と親子がテーマです。

PR

全63件 (63件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 >

野遊び

2007.08.14
XML
カテゴリ:野遊び
先月に引き続き、2度目の沢登りに行ってきました。
鈴鹿山系の「神崎川」

快晴の青空!まさに沢登り日和。

お盆と言うことで、ちょっと混んでる高速道路。
後部座席でうとうとしてると、ゴゴゴという振動と共に、路肩に緊急駐車。
「どうしたんすか?」
「パンクみたい・・・」
外に出て、タイヤを見ると後ろのタイヤがペシャンコ。
とりあえず、スペアタイヤを出して、交換することに。
でもスゴイのは、乗っていた三人が誰の指示があるわけでも無いのに、パッパと自分で動き、あっという間の10分ほどで、交換終了。
F1のピットストップじゃないって。(あ、あれは十秒か?(^^;)

応急タイヤのままだが、タイヤの修理は帰りにして、途中のスーパーで買い出しをすませ、大阪からのメンバーと合流し、予定より1時間遅れで現地へ到着。
現地では、前乗りしているメンバーが今か今かと待っていた。
山の中なので、連絡しようにも携帯も電波が届かないのだ。
(同じ谷に入って無線もようやく入った。)

早速、着替えて、入渓。
前回の台風明けの流れが嘘のように、水がない。
泳がなければ渡れなかったところが、膝下の深さしかない。

少し登って行くと、淵になっていて飛び込むのに楽しそうな場所が!
飛び込み岩

早速飛び込む!
飛び込み
ジャンプの瞬間をとらえようとするが、所詮携帯の写真・・・シャッターが追いつかない・・(^^;
華麗なジャンプの写真を見たい方は、他のメンバーのブログを!
http://blogs.yahoo.co.jp/hujimoso/35615406.html

いや~、童心に還るね。
もう、はしゃぎまくり。

さらに上ると、小さな滝なども無数にあります。
さて、これをどう越えるべきか?
男の子だもん、流芯突破でしょ!?
滝のぼり

暑いので、水の中が気持ちいい!
ついついじゃぶじゃぶ泳いじゃいます。
CA340059.jpg

支流との合流点で本日の昼食。
思い思いに昼食を作ります。
なのに、なぜか、豚キムチ!?串焼き!?ボイルソーセージ!?
そして片手には、ビール!!
これも、楽しみの一つ!(^^)/

お昼をすませてから、支流の魚止めの滝まで上りました。
とりあえず、本日の最終目標地点到着。
魚止めの滝
壁を登ったりして、しばらく遊んでから、下ることにします。

下りは、楽チン。
流れのある深めの所なら、流されるだけ。
流れて~

ドンブラコッコと流されて、もう少しでおわりやなぁ~という所で、岩陰から突如超ビキニのナイスバディ金髪ギャルが出現!(写真が無くて残念!)
これには、さすがに皆ぶったまげた。
人間、予想外のことが起こると、我が目を疑いますね。

それまでは、
「天気もええし、最高の沢やったな~(さわやかな笑顔)」
という話題だったのが、
「最高の水着ギャルやったねぇ~(エロオヤジ顔)」
にすり替わってしまったのは、言うまでもありません。(^^;

数年後の記憶は、間違いなく「パンク」と「金髪ビキニ」しかないでしょう。
チャンチャン。






Last updated  2007.08.15 00:23:09
コメント(1) | コメントを書く


2007.08.02
カテゴリ:野遊び
7/27 コールマンジャパンのガスランタンに不具合があり、ガスが漏れて異常燃焼し、やけどをする可能性があると、回収のお知らせとお詫びを発表した。

不具合があったのは今年2月以降に出荷したファミリーキャンプ用のガスランタン4種類で、ガスカートリッジの接続部分などにすき間があり、ガスが漏れて引火する恐れがある。

 4種類で計約1万5000個を出荷。これまで同社に10数件の発火の報告があり、自宅で使用中に発火し、やけどをした男性もいるという。


以下、国民生活センターHPより。
-----------------------------------------------------------------------

                    お詫びとお願い

お客様各位

 平素より弊社製品をご愛用いただきまして厚く御礼申し上げます。

 さて、このたび弊社ランタン製品の一部に異常燃焼事例が確認されました。先般、ガスカートリッジ接続部の不具合について回収交換させていただいた製品を含め、下記対象製品のすべてを回収させていただくことになりました。当該製品をお持ちのお客様には、お手数ではございますが下記までご一報くださいますようお願い申し上げます。回収のうえ、ご返金させていただきます。

 お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、今後はこのような事態が起こらないよう再発防止に努めて参ります。何卒、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

平成19年7月27日

コールマン ジャパン株式会社

回収・返金対象製品
「ノーススターLPランタン  製品番号2500B790XJ」
「ツーマントルLPランタン  製品番号5155A750XJ」
「スクエア2マントルLPガスランタン 製品番号5177-A65XJ」
「ピナクルLPガスランタン  製品番号2600-A60XJ」

お問い合わせ先
コールマン ジャパン株式会社
フリーダイヤル 0120-448-024
(受付時間 午前10時~午後5時30分)

◇商品番号 2500B790XJ
◇商品名  ノーススターLPランタン


◇商品番号 5155A750XJ
◇商品名  ツーマントルLPガスランタン


◇商品番号 5177-A65XJ
◇商品名  スクエア2マントルLPガスランタン


◇商品番号 2600-A60XJ
◇商品名  ピナクルLPガスランタン







Last updated  2007.08.02 09:23:06
コメント(4) | コメントを書く
2007.07.30
カテゴリ:野遊び
もう2週間ほど前になるのですが、スイカが一個採れました。
他の野菜のように採り時がイマイチ分からず、気が付けば少し遅かったかも。
ちょっと中がすかすかだった。(^^:
でも、自分ちで採れたスイカは美味し!
もう一個只今成長中。

07スイカ1

07すいか3

気が付けばと言えば、知らぬ間に娘のおもちゃのケータイが・・・ギャルってました・(^^;

ケータイ
ケータイ2






Last updated  2007.07.31 00:33:35
コメント(6) | コメントを書く
2007.07.21
カテゴリ:野遊び
カブトガニキャンプの大人編ができました。

------------
大人のためのサイエンスキャンプ
「カブトガニ博士になる!」キャンプ

カブトガニの生息地で本物の生きている化石を見ませんか!

日程:8/28(火)~30(木)
場所:福岡県福津市津屋崎
宿泊:福津市 大峰山キャンプ場
料金:28600円(交通費別)
   ※東京出発の場合は航空券も手配可。
    その場合の料金→ 59000円
   (航空券、現地交通費、参加費込み)

大人のカブトガニキャンプ

問合・申込 
田浦 tsachi315@yahoo.co.jp   03-3263-4404(締切日25日のお申し込みはお
電話でお願いします。)
締切 7月25日(水)15時

--------------

◇カブトガニについて勉強していこう思った方は↓
      






Last updated  2007.07.21 14:10:11
コメント(1) | コメントを書く
2007.06.03
カテゴリ:野遊び
先週つけ込んだカリカリ小梅のしょうゆ漬け。
1週間経ってそろそろ食べられるようになっているはず。

カリカリ小梅その後

カリカリを期待して、まず一つ。
パク・・・ぐにょ・・・あれ?
柔らかい。。。。
おかしいなぁ、と思いつつ奥の方からもう一つ。
・・・・ぐにょ。(T_T)

全然、カリカリじゃない。。。。
その後、何個食べてもやはり柔らか梅でした。

普通に漬けても1/3しかカリカリにならない小梅。
やはり、超簡単にできる方法は無かったのか。
一つ方法は通常のカリカリ梅を作る時に使われる方法だが、カルシウム分を入れると成功率が高くなるらしい。
カルシウム分が、柔らかくする作用を止めるらしい。
卵の殻でも良いし、カルシウムの錠剤でも良いらしい。

あと、考えられる失敗要素は温度かな。
通常のカリカリ小梅は、冷蔵庫でつけ込んだ方が成功率が高いらしい。

うーむ、やっぱり超簡単はあり得なかったか!?
今年はこれ以上梅漬け作っても困るので、とりあえず来年リベンジだな。

梅ジュースの方は順調♪
梅ジュースその後
氷砂糖もほぼ溶けて梅も半分位にしぼんでます。
ここで味見をしたいところだが、もう少ししっかりエキスが出るまでガマン、ガマン。
エアコンがない我が家にとっては、暑い夏を越えるための大事な飲み物なのだ。

カリカリ梅は失敗したけど、梅醤油ができたので、夏は梅醤油を使ったそうめんを楽しもう。。。。と、前向きに。

さて、話は変わって庭の野菜達。
最近、ナメクジ被害が拡大。
ナスナメクジ被害

ナスに穴を開けられるわ。

苗ナメクジ被害

やっと出たオクラの芽を食べられるわ。散々。

子供達が遊ぶ庭なので、できれば農薬類は使いたくない。
で、ググって見ると。
ナメクジは、コーヒーが苦手らしい。
もっとも、コーヒーと言うよりはカフェインが苦手。
レギュラーコーヒーのカスがナメクジ除けには有効とのことなので、早速撒いてみましたが、絶対量が足りませんでした。
毎日少しづつ撒いていこう。

今までは、半分はやられても笑っていられたのですが、全部となるとちょっとね。(^^;
さて効果のほどは。。。。また後日。






Last updated  2007.06.04 00:49:27
コメント(2) | コメントを書く
2007.05.27
カテゴリ:野遊び
梅シリーズ第2弾!
「小梅のカリカリしょうゆ漬け」

小梅のカリカリ漬けが好きなので作ってみようと思った。
ググってみるとこれが意外に大変そう。
殻の中の薄皮剥いた卵の殻と一種につけ込むのがコツだとか(薄皮を剥くのが大変らしい)、うまくいってカリカリになる梅が、2/3だとか、板ズリが常用だとか、結構ハードルが高そうだった。

もっと、簡単にカリカリ梅を付ける方法は無いモノかと、さらにググってみると小梅のカリカリしょうゆ漬けなるモノ発見!
作り方は超簡単!
小梅を薄口しょうゆに漬けるだけ!
さらに、梅酢しょうゆのおまけ付き。梅酢しょうゆは、夏の料理には便利な一品だのだ。

◆材料
・小梅(和歌山産) 1kg
・薄口しょうゆ   1リットル

1)良く洗って水に2~3時間浸し、灰汁を抜く。
小梅灰汁だし

2)小梅をザルに上げ布巾で水気を取って、へたを取ったら保存ビンに詰める。
小梅瓶詰め

3)薄口しょうゆ(今回は、天然醸造かめびししょうゆ使用)をひたひたになるまでいれます。。。が、しょうゆが使いかけだったので、ヒタヒタまでちょっとだけ足りなく、仕方なく濃い口を足した。
カリカリ小梅のしょうゆ漬け

おおよそ10日ぐらいで食べられる用になって、冷蔵庫で保管すれば1年間カリカリ梅が楽しめるようです。
経過は追ってご報告!

近くに紀州の小梅が売ってない方ポチっ↓とどうぞ。
              500g 703円
             






Last updated  2007.05.27 23:54:53
コメント(3) | コメントを書く
カテゴリ:野遊び
チラシを見ると、梅の実が売ってた。
そうか、もうすぐ6月。梅に時期だね。

手作りできるモノは何でも手作りしてみることが、食育だろうと考えている僕は、季節の食材で作れるモノはとりあえず作る。
売ってるモノを買うのは簡単だけど、どんな風にしてできるのは知ることが大事。

ホントは、梅を庭で育てて花が咲き、そこで採れた梅を使うのが最高だけど、今にウチには梅の木がない。。。。残念。来年は植えたい。

◆材料
・梅(和歌山産) 1kg
・氷砂糖     1kg

1)まず梅を良く洗い水気を切って、一晩冷凍庫で凍らせる。
  ※よく分からんが、凍らさなくてもできるみたいだけど、ここがコツ?_
冷凍梅

2)氷砂糖と梅を交互に入れていく。
  ※保存ビンは良く洗って、熱湯消毒しておく方が良いみたい。念のため。
梅ジュース漬け込み

3)蓋をして冷暗所で保管。
  ※うちは、玄関が一番冷暗所なので、玄関に。
   毎日観察できて楽しい。床下とかに置くと忘れ去れらそうだので。
梅ジュース完了

夏頃には、飲めるようになるでしょう。。。多分。

紀州の梅はやはり大きくて立派!
↓紀州南高梅3kg 1480円は激安!送料入れても安い!
 (参考価格:近所のスーパー980円/kg)







Last updated  2007.05.28 00:06:08
コメント(0) | コメントを書く
2007.01.03
カテゴリ:野遊び
寝正月でだらだらもさすがに飽きて?きたので、今日は朝からお出かけ。

前から行こうと思っていた”姫路セントラルパーク”
ここには、サファリパークと遊園地、スケートリンクがある。

入場料だけで、大人2700円、子供1200円、さらに駐車料金1000円と結構なお値段(@o@)ワオ

でも、動物園と違い、かなり近くで見れるし、迫力もあったのでそれなりに満足かな。
それに、動物園のように狭い檻の中に閉じこめられてるわけでもないので、動物園に比べるとあまり悲壮感が無いところが救われる。
それに、動物とふれあえるところが多かったのも、◎。

日本の動物園って、どうしても檻の中の動物を見るだけっていうところがスタンダードだけど、オーストラリアで見た動物園は、広い敷地に放し飼いになっていて、ふれあえるような所も多かった。
日本でもそんなところがあれば良いなぁ、と思っていたけど、ここは結構それに近い。
さすがに肉食獣はふれあえないが、象にえさをあげて鼻を触ったり、エミューやワラビーに追いかけられたり、羊にえさをあげて手をベロベロ舐められたり。。。
見るだけよりは、子供にとっても印象的だったようだ。
また、肉食獣のえさを食べるシーンが見られるのも珍しいんでないかな。

今回の最大の目玉は、昨年秋に生まれたチーターの赤ちゃん。
以前テレビでやっていて是非見たいと思ったのだ。
チーターの赤ちゃん
いやー、猫科の子供は可愛いねぇ。
写真をよく見ると分かるのだけど、チーターの子供には、背中にたてがみがあるのだよ。大きくなると無くなってしまうみたいだけど。

結局、遊園地には一歩も足を踏み入れぬまま、スケートもやらぬまま、閉園時間となりました。
いつものことですが、よも家はじっくり時間をかけて見てしまうので、だいたいこのパターン。
でも、一日ゆっくり動物が見れて満足。(^^)
欲を言えば、入園料がもう少し安いと、時々に行けるのだけど。。。

帰りは、僕のたっての希望で焼き肉屋で晩ご飯。
久しぶりの焼き肉は旨かった!






Last updated  2007.01.04 02:20:46
コメント(0) | コメントを書く
2007.01.01
カテゴリ:野遊び
に、新年早々よも家一同が載っております。(笑)
興味のある方は、是非ご覧くださいませ。(本誌P86)

一応、田舎暮らしの失敗事例と言うことで載っていますが、完全に失敗して都会に逃げてきたって訳ではありません。念のため(笑)
記事を書いて頂いた友人の森林ジャーナリストの田中淳夫さんも自身のブログで書いていますが、ホントに完全な失敗だったら、人に話せないですよね。当たり障りがありすぎて。(^^;
僕の場合、今思えば、あの時ああしてたらなぁ・・・って程度なので、ベラベラとしゃべれたんですけどね。

田舎暮らし、一時ほどではないにしても根強い人気がありますね。
やはり、現代人は自然に飢えているのかな?

結局、田舎暮らしは、転校や転職と同じだと思うんですよね。
何よりも、まずとけ込むのが大事かと。
いきなり生意気なことを言えばつまはじきにされます。
それは、田舎暮らしに限ったことではないデスものね。
ホントの田舎に行けば行くほど、生まれた時からの知り合いばかりですから、その中にとけ込むというのは並大抵の気遣いじゃできないです。

個人的には、週末田舎暮らしの方が必要以上に気を遣わなくて良いし、受け入れ側もその方が受け入れやすいのではないかと思うのですよね。

日本では、別荘というと贅沢という感じですが、ノルウェーやフィンランドは別荘で過ごすのが当たり前みたいですね。
でも、日本で考えるような贅沢な別荘ではなくて、掘っ立て小屋?に近いものだとか。中には、100年も前に立てた手作り別荘を修理しながら使っているとか。電気もないし、水道もないような別荘。
ホントの自然を満喫しようと思ったら、そんな別荘を持つのが良いかも。

日本では、定年移住が多いようですが、アメリカなどは反対のようですね。
若い時に、田舎でフロンティアスピリッツで頑張って、年老いたら便利な都会に近い場所などで過ごす。
個人的な意見としては、その方が理にかなってる気がするんですね。

実は、知り合いの方で移住後3年で旦那さんが亡くなってしまった方がいました。
せっかく新しい家を建てて、これからって時に無くなってしまい、ましてや奥さんは車を運転できませんでした。
結局、新築の家を後にして東京の子供達の所へ。

そのほか、夫婦とも元気でも、老夫婦だけの生活では年と共に車の運転が辛くなり、ましてや雪国では危険も伴うため、結局便利な都会に戻っていく人も多かったです。
まぁ、その辺を割り切れれば、定年移住も良いと思うのだけど。

地方では、移住・定住を進めてるところも多いけど、成功してる所ってどのくらいあるんだろう?
田舎には放置された田畑が荒れ放題になっているので、役場など窓口になって
それらの農地を借り上げて、地元有志で農業法人を設立して募集すれば、結構多くの若者が移住すると思うんだけどなぁ。
工場誘致でお金を使うより、余程魅力的だと思う。

なぜ?農業が敬遠されるか、日本の農業が衰退していくか、って事だと思う。
農業だって会社経営にして、働く人を会社員にすれば良いと思う。
そうしたら、交代で休みも取れるし、旅行にだって行ける。
効率も良くなる。
今の職場環境じゃ、農業は衰退するばかり。
特に酪農はやる人がいなくなるよ。
きつい、汚い、休めない、儲からない。。。じゃ。

農業を魅力ある仕事にしていくことが、田舎に人を集める第一条件だと思うなぁ。
いくら小手先のイベントをしたって村おこしにはならないよ。
北海道の夕張の二の舞になるだけだと思う。

いま、地方が地方復活のためにすべき事は、農業再建。
美しい田園風景を取り戻さなき!






Last updated  2007.01.02 02:16:07
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:野遊び
明けましておめでとうございます。

就職して初めて、正月休暇というものを満喫しております。(笑)
今年は、実家に帰るわけでもなく、家族水入らずでのんびりだらだらと正しい(?笑)お正月を過ごしております。

2006年は、大変革の年でした。
一月に突然の転職話が舞い込んで、4月から東京に単身赴任、6月に神戸に引っ越しと、めまぐるしい一年でしたが、充実した一年でもありました。

仕事も、田舎の山師?的な仕事から一転、都会のビジネスマンへ。
住まいも鳥の声で目が覚めるような田舎から、都会神戸へ。
今までとは、180度転換と言った感じです。
変わっていないのは、仕事がアウトドアつながりという点だけでしょうか。(笑)

都会でサラリーマン生活をするのが嫌で、田舎に住んでいたわけですが、これがやってみると意外に悪くない。
車通勤のところが電車になって、かえって本を読める時間ができてうれしい。車だとラジオを聞くぐらいしかないですからね。引っ越してから、半年で20冊以上は読んだかな。
それに、通勤電車から明石海大橋と淡路島が見えるのですが、瀬戸内海(正確には大阪湾)に漁船が浮かぶ風景を見ながら通勤するのも楽しいです。

それに、子供と休みが合って一緒にキャンプ行けるようになったのはうれしいこと。
今まで、レジャー産業だったから、土日に休みが取れることはまず無かったですからね。
それに、仕事絡みじゃなく、純粋な家族キャンプができるのは、なかなか楽しいです。(^^)v 12月は風邪ひきだったりでキャンプに行けませんでしたが、近いうちに又行きたいなぁ。

都会に住んで自然と育児に関する考え方も少し、変わったかな。
子供が自然に親しむために田舎に住むのが一番かというと、そうでもないと思うようになってきた。

要は、自然とふれあえる機会をどれだけ作ってあげられるか?だと思う。都会に住んでも、田舎に住んでも。
子供達がゲームで遊ぶのは、都会も田舎も共通だ。田舎に住んだからといって、ゲームで遊ばなくなるわけではない。

田舎に住んでいても、自然に親しむ人は意外に少ない。
自然が日常的すぎるから、親もあえて機会を作ろうという意識も少ないし。
田舎にとって自然は当たり前すぎるものだから。
自然に対しては、都会生活者の方が積極的かもしれない。
ただ、今の親の世代に経験が無いので、どのように子供に体験させるべきか分からないのが問題。

ぼちぼち子供が自然に親しむようなきっかけ作りの活動を再開したいなぁ、と最近意欲が湧いてきた。

僕の考えとしては、バランスだと思う。
自然も、ゲームも。
誰から聞いたのか忘れたが、外遊びができる子供は、ゲームにはまっても、又外遊びにいつでも戻れる、でも、ゲームしか知らない子供は、外遊びをしようとも思わない。

キレない子供にするために自然体験が必要だ!などと大仰に論じるのではなく、人間に取って本来あるべき自然との関わりを取り戻して、バランスを取ってあげるだけでよいのだと思う。

何事もバランスが大事。







Last updated  2007.01.02 00:58:38
コメント(3) | コメントを書く

全63件 (63件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.