302088 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

野遊び共育~自然と親子がテーマです。

PR

全63件 (63件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

野遊び

2009.07.05
XML
カテゴリ:野遊び
今年もやってきました夢前町の佐中ふれあいの里。

川がすごく綺麗で、魚が沢山いるし、あまり混まないのでついつい夏は来てしまいます。もちろん、目的は川遊びです。
20090704_152834.jpg

今回は、なんと子供たちだけでテント設営に挑戦!
姉弟二人で何とか協力して二人だけで、ペグダウンまで出来ました!
まさか本当に二人だけで出来ると思っていなかったので、驚きでした。
いつの間にか成長しているんだなと、関心。
20090704_144935.jpg

夏休み前ということもあって、なんと泊り客は我が家だけ。
夕方からは貸切です。
20090705_095123.jpg

夜、散歩していたら森の中に蛍発見!
森の中を住処にしている姫ボタルです。
ほんとに小さな蛍で、点滅が早いのが特徴。
カメラを忘れたのが残念!

川遊びの合間に、今回もスラックラインの練習です。
20090705_130525.jpg

いきなり歩くのは難しいということが分かってきたので、とりあえずは上に長く立つことから練習。最初は2秒ほどで落ちてしまっていたのが、最後のほうには20秒ほどたってられるようになりました。
20090705_131525.jpg

佐中ふれあいの里に来たときにお約束<わらびもち>です。
トラックで「わらび~もち~♪」と必ず来てくれるのですが、子供たちは毎回楽しみにしていています。
20090705_135722.jpg
安くてボリュームもあるので、結構人気です。






Last updated  2009.07.11 23:46:05
コメント(0) | コメントを書く


2009.06.28
カテゴリ:野遊び
友人に誘われて久しぶりの山登り。
最近は、子供と遊ぶことを優先しているので、山登りから足が遠のいていた。
子供を連れて山に行けばよいのだけど、ついつい川や海に行くことが多い。

今回は、中年男3人組で、生野高原の段ヶ峰に。
登り3時間、下り2時間半の結構なロングコース。
PA0_0000.JPG
達磨ヶ峰~フトウガ峰~段ヶ峰と3つの峰の稜線歩き。

登山口から登り出して、いきなりの急登。
久しぶりの山登りの上、普段の不摂生もあいまって、息が上がる。
PA0_0012.JPG
年配のグループを追い越すも、「そんなに、急がんで良いよ!」と哀れに思われる始末。余程辛そうだったのだろう。(T_T;

なんとか30分ほどで達磨ヶ峰に到着。
PA0_0014.JPG
達磨ヶ峰からは、それほどの登りもなく、気持ちの良い稜線歩きだ。
PA0_0013.JPG

天気はあまり期待してなかったが、フトウガ峰の手前で青空がのぞいてきた。
梅雨の間の晴れ間、木立が無い尾根で、広々としていて気持ち良い。
PA0_0003.JPG

フトウガ峰で大休止。
タバコを一服して、おにぎりを一個ほお張る。
吹き抜ける風が心地よい。
PA0_0004.JPG

開けた気持ちの良い風景に、しばし写真撮影大会。
PA0_0006.JPG

コースタイムの3時間より、30分ほど短い2時間半で段ヶ峰頂上に到着。
山頂の立て札が新旧2つあるのだけど、それぞれ標高が違う。
古いほうは1106m、新しいほうは1103m。
あらためてGPSで計測したら、3m低かったのかな?などと勝手に想像してみる。
また、ガイドブックには、段ヶ峰とかいて<だるがみね>と読みが書いてあるのだけど、立て札には<だんがみね>としっかり書いてある。
どっちがホント?
PA0_0002.JPG

さて、山頂に着いたら、自分へのご褒美。
早速、保冷材でキンキンに冷やして持ってきたビールを取り出し栓を開ける。
う~ん、たまらない!
この一杯のためにだけに、山に登る私。
山頂で飲むビールは最高っす!
人それぞれ、山に登る理由があるのだろうけど、最高に美味いビールを飲むためって言う理由もありだと思う私。

あと、これでテント泊ができれば最高なのだけど、今日は残念ながら日帰り。
1時間ほど山頂でのんびりした後、下ります。

僕にとっては、下りが鬼門。
急な下りが続くと、確実にひざが痛くなる。
なのに、今日はトレッキングポールも忘れてきてるし。(--;

予想通りというか、いつもどおり、やはり、最後の達磨ヶ峰の急勾配で結構痛くなりました。
何とかだましだまし下りましたが。

次回からはひざテーピングとトレッキングストックは忘れずに・・です。
それよりも、スクワットしてひざの筋肉を鍛えるべきなんだろうけど。(^^;

それにしても、久しぶりの山登り気持ち良かったっす。







Last updated  2009.07.11 23:21:47
コメント(0) | コメントを書く
2009.06.21
カテゴリ:野遊び
とりあえず春の風物詩である潮干狩りには、行かねばばるまいと思い4月からいつ行こうかと考えていたのだけど、嫁さんの暖かくなって子供たちが泳げるぐらいになってからいこうという提案で先延ばしにしていた潮干狩りにやっと行ってきました。

今年行ったのは、姫路の的形海水浴場。
こは1.5倍の料金を支払えば、キャンプもできて、2日間潮干狩りができるので、1泊キャンプをするつもりでしたが、土曜日に用事があったので仕方なく日帰りで。

20090621_155452.jpg

シーズンも終わりで、あまり貝を撒いてないのか、思ったより採れなかった・・・。

20090621_160445.jpg

一応受付には、持ち帰りは一人1kgと書いてあったのだけど、受付のおっさんの「採れるだけ、もって帰っていいですよ~(^^)」の言葉に興奮するもむなしく、家族4人で半日かけて1kgちょっとくらいかなぁ・・・。

でも、さすがにこれで駐車代込みで家族4人で5千円はちと痛い。

来年は、四国の無料で掘れそうな場所に行こうと密かに心に決めたのでした。






Last updated  2009.06.22 00:00:16
コメント(0) | コメントを書く
2009.06.14
カテゴリ:野遊び
今回は娘の幼稚園の時の同級生の家族と長林キャンプ場へ。

ぎりぎりまで予約が取れなくてどうしようかと思ったけど、何とか前日に取れました。

晩御飯時に雷が鳴ったと思ったら、ものすごい夕立!
バケツをひっくり返したとは、このことだという感じ。
20090613_192234.jpg

ようやく雨も上がったので、子供たちお楽しみの焚き火。
なぜか子供は松明にしたがる。本能か?
20090613_220100.jpg

翌日は暑いくらいの快晴!
もちろん川遊びに行きます。
20090614_151900.jpg

娘たちは、全身びっしょりの水遊びですっかり夏モード。
20090614_144634.jpg

僕の今回の獲物は、、、
20090614_150942.jpg

ドジョウです。このドジョウは持ち帰って、水槽の掃除屋さんになっていただくつもり。
20090614_150930.jpg

今回は、会社の友人からスラックラインという、ヨーロッパで流行っているというバランス感覚を養う綱遊びの道具を借りてきて、子供たちが挑戦!
20090614_132121.jpg

これが結構面白い。
子供たちもはまって、順番待ちで大騒ぎ。
20090614_132200.jpg
片手でも持ってあげれば簡単なのだけど、両手を離すとこれが難しい!
最初は1mも歩けない、1時間ほど順番に練習をして、2mぐらいまでしかいけませんでした。
端まで綱渡りできるようになるには、かなり練習しないと。。。(^^;

でも、キャンプ場では、周りでの人は興味津々で注目してました!
目立ちたがり屋には、おススメです。


GIBBN SLACKLINESギボン スラックラインクラッシック15m 4260165878159






Last updated  2009.06.15 00:26:52
コメント(2) | コメントを書く
2009.04.19
カテゴリ:野遊び
ようやく霜の心配もなくなったので、夏野菜をの苗を買ってきて植えました。

20090419_170201.jpg

今年は、トマト4本、ナス4本、きゅうり2本、ゴーヤ2本、オクラ2本、カラーピーマン1本。それに、モロヘイヤの種をまきました。
20090419_170243.jpg

ゴーヤときゅうりは、窓の外にカーテン状に育てて夏の遮光ようにするつもり。






Last updated  2009.04.25 14:34:17
コメント(1) | コメントを書く
2009.04.12
カテゴリ:野遊び
今週末は、琵琶湖北部のマキノサニービーチ知内浜キャンプ場へ花見キャンプ。
とはいえ、実はキャンプ場の中には花は咲いていません。

20090412_100905.jpg

ドコで花見をするかというと、
カヌーで対岸の海津大崎まで漕いで行きます。

20090412_115846.jpg

漕いでも漕いでもなかなか着かず、桜の花の下につくまで嫁さんと交代で漕いで30分以上かかりました。
もう腕と肩がパンパンです。

20090412_120453.jpg

ここ海津大崎の桜は関西では、有名なようで、岸を通る車道も一方通行に規制され、渋滞しています。昨日来たときに北陸道のインターから渋滞が始まってすごいことになってました。
湖岸沿いの遊歩道を歩く人もたくさんいますが、ここ独特の風景としては、カヌーで花見に来ている人が多いことでしょうか。
その数、数十隻。
自前でカヌーを持ってきている人以外にも、花見にためのカヌーのツアーや、レンタルカヌーの人もたくさん。

知内浜キャンプ場にとまっているお客さんもカヌーを持ってきてる人がほとんどでした。

20090412_122107.jpg

カヌーのほかに小型のヨットもいました。
また、クルーザーや屋形船、大型船まで花見に集まってきます。
大型船が近づくとうねりがすごく、ひやひやしますが子供たちは大喜び。

結局、キャンプ場に戻るまで2時間半でした。
クタクタになりましたが、お天気も最高でとても気持ちがよかった!






Last updated  2009.04.18 22:55:07
コメント(2) | コメントを書く
2009.03.22
カテゴリ:野遊び
今年の初キャンプ行ってきました。

20090320_174812.jpg

場所は西脇市の中畑ファミリー園。
ここは、2年前の6月に蛍を見に行って、それ以来の2度目。
今回は、一緒に行く友人家族が寒いときの装備があまり無いのと、雨も心配だったのでロッジ泊まり。
1泊2000円と格安です。

初日は、子供の発表会のリハーサルがあって、キャンプ場着は夕方。
道具を出して、タープを張ったらBBQの準備をしながら早速飲みモード。
いつものごとく飲んだくれて夜は更けてゆく。

夜寝ていたら思いのほか寒くて、装備をちゃんと持ってくれよかったと悔やむ。
翌朝、トイレに起きたついでにいつに無く早く起き出し、朝から焚き火。

2日目は、裏山に登るつもりだったが、みんな気が乗らず近くの沢でカニ捕り。

20090321_113456.jpg 20090321_112136.jpg

カニ捕りの後、グランドで野球やバトミントン、ラグビーボールで遊ぶ。

20090321_121357.jpg

昼飯のあと、日向ぼっこしながら昼寝三昧。起きてみたら、午後3時過ぎだった。
僕とママ2人が昼寝している間、友人パパが一人で子供の遊び相手をしてくれていた。感謝!
でも、友人家族と行くと子供同士でかなり遊んでくれるので、ありがたい。
家族だけで行くと、「遊んでくれ!」攻撃で結構くたくたになることが多い。

午睡の後、ふきのとうを探して裏山を散策するがまったく見つからなかった。
この時期かなり大きくなっていると思ったけど、痕跡すらない。
葉っぱを取ってきて今晩のなべに入れて春の味覚を楽しもうと思ったが、もくろみ失敗。
ふきのとうは小さなころから毎年のように食べていたので、食べると「春だなぁ!」と全身で感じます。それだけに残念!

20090321_190557.jpg

20090321_194700.jpg

夜は子供には定番の花火。
後で子供にキャンプで何が一番楽しかったか聞いたら、花火とか。
キャンプにおける花火は子供にとってはかなり重要なイベントらしい。

夜中にトイレに起きたら大雨。
午前中、片づけする間ぐらいもつかと思っただけに、残念!
タープが雨がたまってつぶれないように対策をして、また寝袋にもぐりこむ。
ただ、昨夜と打って変わって全然寒くない。
昨夜の反省からせっかく借りた毛布が、全然意味が無かった。

朝食の後、雨の中片付けをして、近くの温泉「へその湯」へ直行。
ちょうどお昼時だったので、昼食をへその湯で食べてから、温泉にゆっくり浸かる。あ~、極楽極楽。

帰途は、いつもそうだけど、僕以外全員爆睡(涙)。






Last updated  2009.03.29 22:26:56
コメント(2) | コメントを書く
2008.10.25
カテゴリ:野遊び
今日は、久しぶりに午後から海釣りに出かけました。

場所は、垂水のアウトレット「ポルトバザール」の隣のスーパー銭湯「太平の湯」の裏。
体が冷えたら帰りに温泉に入れるし、駐車場代も5時間までタダ。

さすがに寒かったのもあったけど、サビキのシーズンも終わりのようで、本命のアジは10匹程度。
後は、フグとかがたまにかかる程度。

もっとも子供たちには、フグが人気でしたが。
20081025_160940.jpg 20081025_161008.jpg
見て見て~、こんなに膨らんだ~(0^^0)






Last updated  2008.10.28 01:13:16
コメント(1) | コメントを書く
2008.10.05
カテゴリ:野遊び
今日は春に田植えをした田んぼで、稲刈り。
田植えと稲刈りの間に、案山子作りなどもあったのだけど引越しなどで忙しく、参加できなかった。

今日は、あいにくの雨だけど、小雨なので決行。

20081005_104225.jpg

鎌で刈って行きます。

20081005_103237.jpg

稲刈りはどちらかというと、親のほうが一生懸命。
子供は、すぐに飽きてしまってカエル捕りに夢中。
20081005_110152.jpg
20081005_110108.jpg

稲刈りの後は、渋柿で干し柿作り。

20081005_113814.jpg

ちょっと教えたら、あっという間に上手く剥けるようになりました。
手は器用な娘です。

20081005_114027.jpg

竹の串に10個刺します。
中睦(六)まじく、ニコニコ(二個二個)で10個だそう。
お正月にお供えの上に飾ります。


20081005_120341.jpg










Last updated  2008.10.20 01:49:31
コメント(0) | コメントを書く
2008.08.04
カテゴリ:野遊び
上高地バックパックキャンプ2日目

朝起きると、昨日とは打って変わって山に雲がかかっていて、山は見えません。
朝ごはんを食べていると、ポツポツと降ってきました。

20080804_081443.jpg
今回のキャンプのために新しく購入したレインスーツ
今回のキャンプは、ダウンの寝袋に、防湿透水性のレインスーツとちょっと大きな出費だったので、無駄にしないためにも使い倒さなきゃ!
mont-bell 080150190186 モンベル スーパーハイドロブリーズ クレッパー Kid's 1128485

20080804_094504.jpg
そろ~り、そろ~り。
「一人で、一本橋渡れたよ~!」
すれ違う登山者にも大きな声で挨拶できるようになって来ました。
「お、すごいね~!がんばれ~」とみんなに褒められて、上機嫌。

20080804_103107.jpg
今日は、念願だった明神の嘉門次小屋で岩魚を食べます。
「山小屋ごはん」という本を読んでから。どうしても行きたかったです。
整然と並ぶ岩魚は美しいですね。

山小屋ごはん


20080804_103718.jpg
「頭から全部食べられますので。」
といわれるままに頭からがぶり!
「美味い!!」塩加減も絶妙で、3~40分かけて焼いた岩魚は骨まで柔らかくなってました。

20080804_111740.jpg
明神池の鴨はやたら懐いていて、寄ってきます。
エサをあげちゃう人も多いんだろうなぁ。

20080804_114910.jpg
息子のほうがかなりへばってきたので、木道を電車ごっこで遊びながら、だましだまし歩かせます。
明神池までは、サンダルやハイヒールの観光客もたくさん歩いています。

20080804_140410.jpg
14:00 河童橋到着。遅めのお昼ごはん。
河童橋まで来ると、観光客がすごい!まるで東京にいるようだ。。

20080804_154946.jpg

ようやく平湯の駐車場まで戻ってきました。
二人ともすっかり疲れてぐったりです。
さすがに3歳の息子は、最後の最後でぐずってしまったけど、でも、楽しかった!とのことなので、来年は横尾まで足を延ばそう。
そして、再来年には涸沢まで?行ければいいなぁ。






Last updated  2008.08.10 02:39:29
コメント(8) | コメントを書く

全63件 (63件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.