000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

飲んで、食べて、飲んで、飲んで、飲んで、買って

PR

プロフィール


kange

カレンダー

バックナンバー

2022/01
2021/12
2021/11
2021/10
2021/09
2021/08
2021/07
2021/06
2021/05
2021/04

カテゴリ

フリーページ

購入履歴

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

 ドライブ好き@ 風呂入るのメンドクサイ! http://feti.findeath.net/tefsqew/ 今日…
 うえはーす@ ボチボチでんなー!! http://mank.thebigmonitor.net/007zewq/…
 困ったさん@ あぁああぁぁあぁぁぁああ!!!!!!! 前 立 腺 攻め+亀 頭 攻めヤヴァすぎる…
 ゆいな@ こめしわふぁだふぁああん ぴゃーーー!!!!!!!!! たまたま…
 KK@ 真面目人間涙目wwwww 昨日工 ロ カッコイイ系?の子ゲトったん…
2007/05/22
XML
近くのレンタル屋で、『イキガミ』1~3巻を借りてきて読みました。

国民に「生命の価値」を再認識させることで国を豊かにすることを目的とした「国家繁栄維持法」。幼い頃に全国民に注射されるナノカプセル。およそ1000分の1の確率で選ばれた若者に、ある通知書を渡される。紙を貰った若者は、24時間後には、このナノカプセルにより、突然死に至る。通知とは「逝紙(いきがみ)」と呼ばれる死亡予告証である。
24時間後に死ぬことを知らされた若者たちの1話完結型のドラマ。




無茶苦茶な法律と、死への距離感という意味では、バトルロワイヤルを思い出させます。
しかし、バトルロワイヤルが特殊な環境の中での物語であるのに対して、こちらは、日常の中の物語です。

「泣ける」ということで評判です。確かに泣ける話もありますが、だからといってそれがいい作品だとは限りません。

この設定だからこそいきてくるエピソードというのはないような気がします。
エピソードの設定や展開は、別にあと一日で死ななくても、盛り上がるような話だと思います。
この設定で物語を作ってしまった時点で、この作品は成功ではあると思いますが、何か物足りなさを感じます。

そんな中では、ドラッグ中毒のADの話は、イキガミの設定を活かしていると言っていいかもしれません。

さて、このあとはどう展開していくのでしょうか。
不定期連載ということなので、ダイナミックな展開はできないのかもしれません。

主人公の藤本は、この制度そのものに疑問は持っていますが、疑問を持ったまま受け入れようともしています。

マンガ的には、例えば、「藤本が結婚して子どもが生まれて、この制度に対する意識が変わり始める・・・」とか、「実は権力者の子ども達は、特別な学校に通っていて、そこの児童には、ナノカプセルが注射されないということが明るみになる」とか、ダイナミックな展開は考えられます。

でも、なんとなくこのまま一話完結が続いていくような気もします。






最終更新日  2007/05/23 12:21:54 AM
コメント(0) | コメントを書く
[読書・コミック・映画] カテゴリの最新記事


楽天カード


© Rakuten Group, Inc.