6502238 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

乳癌は早期発見も早期治療もいらない

全4643件 (4643件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2019年10月19日
XML
カテゴリ:癌全般
眠っている間に大腸がんを予防 変わるがん検診 - 記事詳細|Infoseekニュース
世界有数の長寿国といわれる日本だが、乳がんや大腸がんなどは、欧米諸国では死亡率が下がっている一方、日本では上昇。現在、先進国でがん患者が増加しているのは日本だけだといわれている。もちろん、長生きするほどがん罹患率が上昇することも大きな要因ではあるが、医療関係者の間で問題視されているのが日本人の「検診…



ガンは、早期発見よりも予防することが大切なのだよ。


女性のためのナチュラル・ハイジーン 生理痛から乳ガン・更年期障害まで、「女性の悩み」す [ 松田麻美子 ]


乳がんと牛乳 がん細胞はなぜ消えたのか [ ジェイン・プラント ]


【改訂版】チャイナ・スタディー葬られた「第二のマクガバン報告」合本版






最終更新日  2019年10月19日 20時04分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年10月18日
カテゴリ:食事について






最終更新日  2019年10月18日 22時14分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年10月06日
カテゴリ:癌全般
エルトン・ジョンさん、がん告白 2年前に前立腺手術、成功 - 記事詳細|Infoseekニュース
【ロンドン共同】英人気歌手エルトン・ジョンさん(72)が15日発売の自伝の中で、前立腺にがんが見つかり約2年前に全摘出手術を受けたと告白していることが分かった。自伝の一部を5日付英紙デーリー・メールが掲載した。初期段階の発見で、手術は成功したという。自伝のタイトルは、英語で「私」を意味する「ミー」。…



>「がんとおさらば」したかったため

切り取ったからといって「がんとおさらば」できるわけではないんだけどね。


【輸入盤LPレコード】【送料無料】Elton John / Wonderful Crazy Night (Box) (UK盤)(エルトン・ジョン)【LP2016/2/12発売】


【輸入盤LPレコード】Elton John / Legendary Covers Album 1969-70(エルトン・ジョン)






最終更新日  2019年10月06日 14時03分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年10月01日
カテゴリ:カテゴリ未分類

《死ぬときぐらい好きにさせてよ》という言葉を残して女優の樹木希林さん(享年75)が旅立って1年が経ったが、彼女の存在は今も多くの人々の心を捉え続けている。

 その理由は強烈な個性や型破りな生き方はもちろん、「死に方」にある。

 樹木さんがこの世を去ったのは、2018年9月15日。死因は、本人が言うところの「全身がん」だった。はじめに乳がんが見つかり、2005年に手術をするも根治することはなく、次々と転移してゆく。その数は腸、副腎、脊髄など、2013年には13か所にもおよんでいた。

 しかし樹木さんはがんを受け入れ、女優を引退することなく精力的に活動を続けた。

 そればかりか、《人生がすべて必然のように私のがんも必然だと思っています》《がんってのは準備ができるからありがたい。それは悲壮でもなんでもないです》(過去の発言より、以下同)とがんを肯定する発言すらしている。しょっちゅう離婚危機に陥っていた夫の内田裕也さん(享年79)とも自身のがんをきっかけに関係が修復し、「離婚しなくてよかった」と言い合うようになったとも明かしている。

《手術のあとにのまなきゃいけないホルモン剤ものんでないの。あれをのむとなんだか具合が悪くて。薬やサプリメントも、そういったものは一切のんでないんですよ》と抗がん剤やホルモン剤なども使わず、最期は《病院よりは家の方がいいかな。孫の声が聞こえるところで死にたいですね。本木さんはそもそも“おくりびと”だから》という本人の強い希望により、自宅で亡くなった。

 家族は樹木さんのために24時間介護できる体制を整え、意識が薄れゆく樹木さんの手をさすり、頭をなでたりしたという。

 つまり、強い意志があり、事前にしっかり準備をしていれば、「いい死に方」ができる可能性があるということだ。

 その具体的な方法に迫る前に、現代日本においてどのように亡くなる人が多いのかを考えたい。

 最新の統計によれば、「老衰」で死ぬ人が増えているという。厚生労働省の発表(2019年7月)によると、もっとも多い死亡理由はがん(37万3547人)であり、心筋梗塞などの心血管疾患(20万8210人)が次点。今年初めて第3位に浮上したのが老衰(10万9606人)だ。昨年まで3位だった脳血管疾患による死亡数を上回ってのランクインとなった。

 そもそも老衰とは、どんな状態を指すのだろう。加齢によって体が機能しなくなり、ゆっくり死を迎えるようなイメージを持つ人が多いはずだが、医療のプロたちはどう考えているのか。

 在宅医療のエキスパートで多くの看取りを行ってきた長尾クリニック院長で医師の長尾和宏さんはこう言う。

「老衰の医学的な定義は、実ははっきりとは決まっていません。ただし、多くの患者さんを看取ってきた私は、その経験から平均寿命を超えた人が栄養の摂取量が減ってやせ、穏やかに枯れるように自然死することを老衰だと解釈しています」

 長尾さんが年間で看取った人の約半数は老衰で亡くなっているという。

続きはこちら↓
https://www.news-postseven.com/archives/20190927_1457874.html/2


大往生したけりゃ医療とかかわるな 「自然死」のすすめ (幻冬舎新書) [ 中村仁一 ]


私の大往生 (文春新書) [ 週刊文春編 ]






最終更新日  2019年10月01日 17時34分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月28日
カテゴリ:癌全般

 大切な家族やあなた自身がどんな最期を迎えたいと考えているか、赤裸々に話し合ったことはありますか? 「自宅でなら安らかな死が迎えられる」と美談ばかりが語られてきた在宅医療に様々な問題があることが明らかになりました。ドラマや映画の中ではない「リアルな死」を知らない人が多い現代の日本社会。家族も本人も後悔しない“平穏死”を迎えるには、元気なうちから死を自分の事として考えておくことが大切です。

 兵庫県尼崎市で20年以上にわたり在宅での看取りに取り組み、著作『痛い在宅医』(ブックマン社)が話題の長尾和宏医師に、医療現場に詳しいジャーナリストの鳥集 徹さんが「在宅医療のリアル」を聞く最終回です。

#1、#2から続く

◆◆◆

鳥集 モルヒネなどを投与しても耐えがたいほどの苦痛を訴える末期がんなどの患者さんには、鎮静薬でウトウトと眠らせる「鎮静」という方法もあります。長尾先生はどうお考えですか?

長尾 大病院やホスピスでは鎮静率50%と聞いたことがあります。しかし、僕らはほとんど鎮静しません。去年も100人のうち1人やったかどうか。鎮静を積極的に行うべきかどうかについては、実は緩和ケア医のあいだでも議論があります。確かに鎮静をすれば患者さんは深い眠りにつき、苦痛を感じることはありません。ですが、意識がなくなって、無理やり起こさない限りしゃべることができなくなりますし、命が縮んでしまう可能性もあります。これは倫理的に正しいことなのか、日本では犯罪とされる「安楽死」に当たらないのかどうか、慎重に考える必要のあることなんです。

鎮静をあまりやらないのは最期の言葉を残せないから

鳥集 長尾先生は、どうしてあまり鎮静しないんですか?

長尾 若い人のほうが痛みに敏感で、とても苦しむことが多いので、そうした方には鎮静することもあります。といっても、鎮静薬を点滴で入れて深く眠らせる方法ではなく、ラムネのような睡眠薬を口から飲んでいただき、浅く眠らせる方法をとることが多いです。僕は大病院やホスピスで鎮静率が高いのは、点滴のしすぎで溺れているような状態になり、息苦しさを訴える人が多いせいではないかと思っているんです。それに僕は、やはり意識は大切だと思っていて、せっかく目が覚めてるなら、しゃべってもらったほうがいいと思うんです。小林麻央さんだって、海老蔵さんの帰りを待って、最期に「愛してる」って言い残して亡くなったでしょう。もし病院でたくさんの点滴を受けて鎮静をかけられていたら、最期の言葉を残すこともかなわなかったはずです。

続きはこちら↓
https://bunshun.jp/articles/-/6541?page=2


寝たきりにならず、自宅で「平穏死」 健康寿命を延ばすために大切なこと (SB新書) [ 長尾和宏 ]


最強のみそ汁 病気を予防し、若さを保つ (エイムック) [ 長尾和宏 ]


その症状、もしかして薬のせい? [ 長尾和宏 ]


長尾和宏の死の授業 あなたは、どう逝きたいか?日本人は、死に方を選べる [ 長尾和宏 ]






最終更新日  2019年09月28日 22時13分08秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:癌全般
広島県尾道市で「膵がん」の5年生存率が“全国平均の2倍以上”になっているワケ - 記事詳細|Infoseekニュース
食べたものを溶かす膵液や、血糖コントロールに欠かせないインスリンなどのホルモンを分泌する膵臓。消化器に分類されるが、胃や大腸と違って臓器そのものが痛みなどの症状を発することが少ないため、糖尿病の人を除けば、日常生活でこの臓器を意識する機会はあまりない。だが、そんな膵臓も「がん」となると途端に存在感を…







最終更新日  2019年09月28日 15時53分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月24日
カテゴリ:カテゴリ未分類

太田裕美が乳がんを患い、現在治療中であることを発表した。

太田は自身のブログにて、7月の京都でのコンサート後に手術を受け、8月より抗癌剤による治療を行っていることを告白。休養に入って治療に専念する選択肢もあったが、来春まで活動のスケジュールが決まっており、今年11月24日には東京・東京国際フォーラム ホールCでデビュー45周年記念コンサート「太田裕美コンサート~まごころ大感謝祭<45周年45回転でくーるくる>」の開催を控えている状況の中、治療しながら歌手活動を続けることを決意したと明かしている。

また太田は現在の心境を、「病気になって初めて知る“気づき”がたくさんあります。神様はまた新たな試練を与えて下さってるんだ、と現実をしっかりと受け止めつつ、今まで通り、朝起きてご飯作って洗濯して掃除して、十兵衛と散歩して、歌を作り歌っていく、そんな日々の営みを大事に続けていこうと思っています」と語っている。

なお彼女はデビュー45周年記念日の11月1日にメモリアルアルバム「ヒロミ☆デラックス」をリリースする。本作には高嶋ちさ子 ピアノクインテットの演奏と共に新録した代表曲「木綿のハンカチーフ」「さらばシベリア鉄道」のセルフカバーや、ヒャダインこと前山田健一がプロデュースした新曲「ステキのキセキ」「たゆたうもの」、太田自身が作詞作曲した新曲「桜月夜」、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」の劇中曲「恋のうた」、Goh Hotodaによる「上弦の月」「僕は君の涙」「金平糖」「道」の新ミックスバージョンなど全12曲が収められる。

https://natalie.mu/music/news/348046


【新品】【本】乳がん患者の8割は朝、パンを食べている がんに負けないからだをつくる日本の「風土食」のすすめ 幕内秀夫/著


乳がんと牛乳 がん細胞はなぜ消えたのか [ ジェイン・プラント ]






最終更新日  2019年09月24日 20時41分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月16日
カテゴリ:乳癌
“乳がん検診”を受ける前に知っておきたい6つのこと - 記事詳細|Infoseekニュース
“お胸の健康”と聞いて、真っ先に乳がんのことを思い浮かべる人は多いはず。検診はどんな人が対象になっているのかなど、まずは乳がん検診について再確認。■Q.乳がん検診は受けたほうがいいと思いますか?YES…93%、NO…7%anan読者世代の20~30代の女性100人にアンケート。乳がん検診は、若いうち…



一番大切なことは早期発見ではなくて、
乳がんにかからないことなんだよね。
つまり予防。
それを教えてくれる人はとっても数が少ない。
だから自分で見つけなくてはならないんだよね。
以下の本が教えてくれます。


乳がん患者の8割は朝、パンを食べている【電子書籍】[ 幕内秀夫 ]


乳がんと牛乳 がん細胞はなぜ消えたのか/ジェイン・プラント/佐藤章夫【合計3000円以上で送料無料】






最終更新日  2019年09月16日 19時46分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月14日
カテゴリ:癌全般
大腸がん、乳がん、前立腺がん……「検診は絶対必要」とは言い切れない7つのエビデンス - 記事詳細|Infoseekニュース
「国も医療者もメディアも、『早期発見・早期治療が大切』と口をそろえて唱えますが、必ずしもそうとは言えません」こう語るのは、沖縄の群星臨床研修センター長として研修医を指導する、徳田安春医師だ。徳田医師は、臨床上の効果が高く、副作用や合併症の少ない、エビデンスが確立した医療行為を行なうことを目指す「チュ…




【新品】【本】乳がんと牛乳 がん細胞はなぜ消えたのか ジェイン・プラント/著 佐藤章夫/訳


乳がん患者の8割は朝、パンを食べている がんに負けないからだをつくる日本の「風土食」のすすめ






最終更新日  2019年09月14日 16時24分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月11日
カテゴリ:乳癌

 昭和の前期、美智子さま(84才)が疎開のために身を置かれたのは、軽井沢の地だった。奇しくもそこは、上皇陛下と出会われ、仲を深められた思い出の地でもある。令和となった今、そんな場所で過ごされた、心安らぐひととき。

「美智子さまは乳がんを発表されました。“病は気から”です。皆さん、お手振りで応援してください」

 自然と文化が香る街・軽井沢(長野県)ゆかりの文豪や詩人らの足跡を展示する施設「軽井沢高原文庫」前の沿道に、8月23日、多くの人が集まっていた。前日22日から静養のために軽井沢を訪れていた上皇上皇后両陛下を一目見るためだ。交通整理をする地元の警察官はスピーカーつきのマイクで、冒頭のように呼びかけた。

 両陛下の御料車が通りかかると、沿道からは「美智子さま、どうぞお体をお大事に」という奉迎の声が上がった。

 美智子さまはいつもと変わらぬ柔和な笑顔で、館内を見て回られたという。厳しい日差しもやわらぎ、木陰に入ると涼しさも感じられる、軽井沢の夕暮れ時のことだった。

「8月30日にご静養から帰京されると、御所から高輪皇族邸へのお引っ越しのため、荷物の整理に取りかかられているそうです。周囲は“手術まで安静にしてほしい”という思いですが、10月中旬の即位の儀式までに天皇皇后両陛下に御所を譲られたいと、お体に鞭打って動かれているようですよ」(宮内庁関係者)

 美智子さまは9月1日午後、サントリーホール(東京・港区)で指揮者の小林研一郎氏の演奏会を鑑賞された。

「その日の午前中、東京大学医学部附属病院(文京区)を訪れ、検査を受けられていました。その後の演奏会で見せられた笑顔から、検査はよい結果だったと期待しています。9月8日に手術を受けられる予定です」(皇室ジャーナリスト)

 5月の御代がわり以降、美智子さまのご体調を不安視する声は大きかった。体重が激減し、体力は急激に低下。6月には検査で中度の心臓の弁の逆流症や不整脈の所見が認められ、白内障の手術を2度にわたって受けられた。8月末の軽井沢ご静養で終始、「色つきのメガネ」をされていたのは、目の具合がまだ不完全だからだろう。

「軽井沢でのご静養は、心身を回復させることも目的の1つでした。ご年齢や体力の低下もあり、がん手術には合併症など身体的なリスクもありますから。体力的には、訪問されたテニスコートで旧知の友人らと思い出話に花を咲かせ、お元気な姿を見せられるなど、充分に回復されてきたようです。

 また、手術を控えて精神的にもおつらい状況だったと思われますが、軽井沢ご静養中のある夜、気の置けない人たちと、お心がゆっくり休まるようなお時間を設けられ、晴れやかなお気持ちになられたそうです」(皇室記者)

◆“阿吽の呼吸”で見事な連携を披露

 冒頭のように軽井沢高原文庫を訪ねられた翌24日の昼過ぎ、ご夫妻は壬生(みぶ)基博氏の別荘を訪問された。

「壬生氏は、旧宮家出身の東久邇盛厚(ひがしくにもりひろ)氏と、昭和天皇第一皇女成子内親王の次男です。上皇陛下の甥にあたります。現在は山階鳥類研究所理事長を務められ、生物学者である陛下との会話も弾まれたでしょう」(前出・皇室記者)

 壬生邸で語らいのひとときを過ごされた後、ご夫妻が向かわれたのは壬生邸から5分ほどの距離にある“特別な場所”だった。

 夜7時少し前だった。すっかり暗くなった林道を抜け、生い茂った木々の間でご夫妻を乗せた車が止まると、おふたりはレンガ造りと木造の家が3軒建ち並ぶ方へ向かわれ、そのうちの落ち着いた茶色のレンガ造りの別荘の扉をくぐられた。

 実はその一帯は、美智子さまのご実家である正田家が所有する別荘地だ。美智子さまにとっては思い出深い地でもある。

「美智子さまは幼少の頃から、夏休みを軽井沢の別荘で過ごされてきました。昭和20年の夏、終戦を迎えられた疎開先でもあります。当時10才だった美智子さまは、別荘の庭の桑の木の実でジャムを作られたり、飼っていたヤギの乳搾りなどをされたそうです。

 都内にあった正田邸(東五反田)が2003年に取り壊される際、美智子さまが大事にされてきた白樺の木が、その別荘地に移されたとも聞いています」(前出・皇室ジャーナリスト)

 美智子さまは正田家の4人きょうだいの長女として誕生された。別荘地に建つ3軒の物件は現在、4才年上の長兄・巌氏、6才年下の次女・安西惠美子氏、8才年下の次男・修氏がそれぞれ所有している。

 両陛下がその夜に訪ねられたのは、妹の惠美子氏の棟だった。惠美子氏の夫は、昭和電工専務や2002年サッカーW杯組織委員会理事、日本ゴルフ協会会長などを歴任した安西孝之氏だ。

「美智子さまと惠美子さんは、父兄らと離れ、姉妹で手に手をとって、軽井沢で疎開生活を送られたそうです。終戦後、正田家に招かれ紅茶とクッキーでもてなしをされた知人は、幼少の美智子さまと惠美子さんがテキパキとお茶を用意される姿に大変感心されたそうです。美智子さまとは“阿吽の呼吸”の妹さんだそうですよ」(別の皇室ジャーナリスト)

 その夜、美智子さまと惠美子氏らは、2時間のご滞在だった予定を20分も延長され、姉妹水入らずの時間を過ごされた。

「公に知らされない極秘の訪問でした。きっと、ご自身の近況やご病気についてもお話をされたのでしょう。手術を前に、信頼する妹さんとゆっくり話すことができ、美智子さまにとって心安らぐ時間だったのではないでしょうか。帰路につく美智子さまの表情はとても満足げで、サングラス越しにでもうれしそうなご様子が伝わってきました」(前出・皇室記者)

◆黒田清子さんの“ドンマーイン”

 両陛下は翌日25日、おふたりの出会いの場でもある軽井沢のテニスコートを訪れ、プレーを観戦された。コートを11時頃に出発されると、あるペンションに向かわれた。

「そこでは黒田清子さんと一緒にランチをされたようです。清子さんにも、手術の話をされたのでしょう。清子さんは、手術を控え心配なお気持ちを抱えていらっしゃるだろう美智子さまに、子供の頃からの合言葉である“ドンマーイン”と励ましの言葉をかけられたのではないでしょうか」(前出・別の皇室ジャーナリスト)

 ご夫妻は14時過ぎにペンションを出発された。沿道に集まった人たちが手を振ると、ご夫妻は満面の笑みで会釈をされた。

 元宮内庁職員で皇室ジャーナリストの山下晋司さんは、今回の軽井沢でのご静養の持つ意味をこう説明する。

「上皇上皇后両陛下にとって、軽井沢は心休まる、また、英気を養える場です。軽井沢に別荘を持つご友人も多いですし、上皇后陛下は戦時中、疎開もされていました。おふたりの出会いの場でもあります。今回もご友人やご親族とも交流でき、心からお休みになれたと思います」

 思い出の地で、気心の知れた人たちと話をされ、美智子さまはきっと勇気づけられたに違いない。心身共に万全な状態で、手術に臨んでいただきたい。

※女性セブン2019年9月19日号

続きはこちら↓
https://www.news-postseven.com/archives/20190909_1446306.html/2


乳がんと牛乳 がん細胞はなぜ消えたのか/ジェイン・プラント/佐藤章夫【1000円以上送料無料】


乳がん患者の8割は朝、パンを食べている がんに負けないからだをつくる日本の「風土食」のすすめ






最終更新日  2019年09月11日 23時26分23秒
コメント(0) | コメントを書く

全4643件 (4643件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

プロフィール


野母伊 志穂輔

カテゴリ

フリーページ

サイド自由欄

設定されていません。

バックナンバー

お気に入りブログ

サウジアラビアの石… New! Condor3333さん

やっと念願の自治会… New! 楽天星no1さん

以下引用文 New! n4316さん

魂の救出について(… New! coogoさん

ひよこ豆 New! 大黒町さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.